ロストマジック

ゲームのコンセプトは「魔法を描け! 魔物を操れ!」

今回は比較的新しいDSのゲームの紹介です。

このゲームを取り上げた理由は後半で出てきます(笑)


CIMG0809.jpg



今回のブツは

ロストマジック

になります。

発売は2006年1月、発売元はタイトー
ゲームのジャンルとしてはアクションRPGということになると思います。

ストーリーはこんな感じ

そこは<世界創造の神>が死たる後の世界。
神は、人間たちのために6つの魔法と7つの杖を残しました。
7つの杖を託された賢者達は「世界の護り手」と呼ばれ、世界の秩序を護る 役目を神より引き継ぎます。
神の死から数千年の時が経ちました。
「世界の護り手」の役目は、杖と共に師から弟子へと伝えられ、
人々は平和をあたりまえのように享受してきました。
しかし、たったひとつの綻びが、世界を大きく変えていきます。
停滞の中にあった人々は、運命の巨大な波に飲み込まれ、
希望を失い、絶望の檻に閉ざされてしまうのです。
世界を覆う混乱の中、残された小さな希望がそこにありました。
「杖」を託された少年の冒険が今、はじまります。
火を見つめ、風に囁く、その少年の希望に大地の力を与えたまえ…



このゲームの最大の特徴は
ほぼすべての操作をタッチペンで行うことにあります(そのためゲーム開始時に利き腕の設定を行います)

トップに上げたコンセプトのとおり
主人公のアイザックは戦闘画面でLボタン(右利きのとき)
で展開される魔方陣に、下の写真のようなルーンを書くことで魔法を発動します。


CIMG0810.jpg



ルーンには上にのせた基本ルーンのほかに上のレベルのものがそれぞれ2種類ずつあり、6種類3レベル計18のルーンが存在しています。

魔法は一つのルーンのみで発動するものだけでなく
ダブルルーン(2つ続けて書く)
トリプルルーン(3つ続けて書く)
があり、
その組み合わせから生まれる魔法は
全部で400近かったと思います(当然覚えられませんから必要な回復魔法と好みの攻撃魔法を選んで使うようになっていくと思います)
更にルーンを綺麗に書けると魔法の効果が大幅に上がるというオマケつきでやっていて
“魔法を使ってる”
という感覚が強く味わえました。

しかしながら
強い魔法が使えても主人公本体は敵魔物に比べれば貧弱です

そのため、魔法を使って敵キャラを捕らえ、仲間にすることで
戦闘の幅を広げていきます

主人公にはレベルアップで増えていくUPという数値があり
いったん仲間にした魔物は戦闘時、そのUP分だけ戦闘に出せるという形式です
そのため、最大3種類の魔物が出せますが、一点豪華主義かバランスよく行くか、はたまた見た目で気に入ったヤツのみ?なども含め悩みがいがあります
いったん仲間にした魔物は
以後ずっと戦闘前の編成画面で好きに選べるようになります
魔物自体もレベルアップしていきますので
ポケモン的な楽しさもありました。

ストーリーの進行は章単位で
それぞれの中で話の進行に伴いいけるようになる場所で戦って行く
という展開です

ストーリー自体は単純でそんなに長くもありませんが
魔法、魔物共に属性があり、うまく編成していけば意外と簡単にいけることもありますが、力押しのみでは通用しない場面も多々あります。

そのため最近のゲームとして考えると
難易度は上の下~中の上
くらいでしょうか?

その他にこのゲームで忘れられないこととしてキャラクターデザインがあげられます。


CIMG0811.jpg



この絵柄になぜか懐かしさを感じる人も多いかと思いますが
それもそのはず、この作品のキャラクターデザインは
佐藤好春さんという方が担当されているんですがこの方は管理人世代には思い出深い
“世界名作劇場”
というアニメシリーズでキャラクターデザインをしておられた方です。

実際のゲームのシナリオ画面でも派手なアニメーションなんかはありませんがパステル調の温かみのある絵に載せてシナリオが進行していきます。
管理人なんかはそれだけでもやわらかい気持ちになってしまうほどです(笑)

総括すると

好みの魔法、魔物を使用して戦える戦闘シーンの幅と深み
DSというハードで初めてなしえた独自のプレイ感
温かみのあるキャラクター、力の入った手抜きのない作り
クリア後の楽しみ(自分たちで育てた同士で通信対戦が可能です)


なども含め相当な力の入った名作ゲームだと思います

正直に言ってそこまでメジャーにはなっていないですが
なんでなのか解りません(笑)
はっきり言って面白いですので特にゲームにかかわってきた時間が長い方々は是非一度お試しください。





で、今回のオチなんです

今回このゲームを取り上げた理由がですね、、、

CIMG0813.jpg


これなんです。

ま、見たことある人が多いですよね
一応購入してしまったんですが
シナリオ以外の部分がほぼロストマジックと同様の上に

明らかに
作りこみ部分、
自由度の部分で負けています


前回
聖剣伝説DSでも大掛かりな失望をあじあわされたんですが
今回も、
、、
、、、
ほぼ同様のダメージです

このゲームをするんなら本当に面白いゲームを教えさせてください(泣)
というのが今回のエントリーにいたる原因でした(大泣)


スクエニ、特にスクゥエア部分に面白いゲーム作る能力はなくなってしまったんですかね?

聖剣伝説1、2
にどれほど感動し
FFシリーズ(7まで)
にどれほどの喜びを与えられてきたか

壱おっさんゲーマーとしては悲しい限りでした。

2007-05-30(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

ありがとうございます!!
DSでなにかおもろいのないかと探そうとしていたところです。
買います!!おもしろそうです!!
2007-05-30 22:15 | ふじおか | URL   [ 編集 ]

 

ふじおかさん

買っちゃってください!
こっそりマルチエンディングだったりします。
色々楽しめますよ。
あと、老婆心ながら下のは買わないほうがいいかも、、です。
2007-05-31 11:16 | そうてん | URL   [ 編集 ]

 

タッチペン全開でプレイするアクションRPGも面白そうです。
近年RPG離れが著しい自分でも興味がわいてきました。
安かったら買っちゃおうかなぁ。
2007-06-01 23:01 | sergeant | URL   [ 編集 ]

 

sergeantさん
戦闘中は忙し過ぎるくらいです。
DSならでは感が全開ですので是非お試しください。

ただ、このゲーム一点難点があってですね
発売一年以上経つのにですね、
中古価格が安定してしまってるんです
新品中古とも、出周りが少なかった分、
あんまり下がらないかもしれません
個人的には
~名作の証~
と前向きに考えてるんですが。
2007-06-02 18:36 | そうてん | URL   [ 編集 ]

 

近場で知ってる限りのショップをあっちこっち回って
1つだけ見つけたんですよ。
他店と比べられたら高いか安いか判断できるけど
1つだけだから分かりましぇん。
にっきゅっぱぁ、で買ってきて
先ほど第1章が終わったところです。
確かに戦闘が忙しくなってきたみたいな?
クリアするまでブログの記事書くの止めようかなぁ(笑)
2007-06-03 23:05 | sergeant | URL   [ 編集 ]

 

自分も昨日買って来ました~。
しかも新品で!!
まだやってませんが、ひさびさにワクワクしてます。
キャラのデザインが自分的にかなりストライクゾーンです。
2007-06-04 10:02 | ふじおか | URL   [ 編集 ]

 

sergeantさん
結構安めだと思います。
今後、使える魔法が増えてきたらスタンダードな属性攻撃以外の魔法をメインとした戦闘展開を模索すると楽しいですよ。

ふじおかさん
キャラデザインいいですよね~
企画段階では魔法少女ものになる可能性もあったそうですが(それはそれでよい?)
個人的にはアイザックくんでよかったと思っています。
2007-06-04 17:30 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索