そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

漫画紹介 ~70億の針~

夏も終わりが近づいていますが

夏はSFの季節という管理人の主張に変化はありません。

そんな訳で本日はSF漫画紹介です(笑)


IMGP1756.jpg


結構気に入っている漫画作品なんですけど、

紹介するの忘れてました(汗)

本日のブツは

70億の針 

2008年4月から2010年3月まで、コミックフラッパーで連載されていた作品です。
単行本は全4巻で完結済み、作者は多田乃伸明さん、今作以前の情報は見当たりませんでした。

ストーリーはこんな感じ

ある事件をきっかけに周囲に心を閉ざしていたヒカルは、高校の修学旅行先で、突如飛来した謎の隕石落下に巻き込まれてしまう。

しかし次に気が付いたとき、ヒカルは既に修学旅行から戻ってきており、さらには自分の中に別の意識を持つ存在が宿っていた。
テンガイと名乗るその存在は、自分がその隕石に宿って地球にやってきたこと、ヒカルが隕石の落下に巻き込まれて一度死んだこと、そしてテンガイが自らの力を使ってヒカルを再生させたことを告げる。
さらにテンガイは、自分がやってきたのは、地球に逃げ込んだ宇宙に災いをもたらす存在、メイルシュトロームを葬るためだという。

かくしてヒカルは自らの意思とは関係なく、全人類、ひいては全宇宙のための戦いに身を投じることになる。

~wikipediaより~


うっかり宇宙人に命を奪われた代償として共生関係で蘇るという、

古くはウルトラマンから

脈々と続く物語の始まりです(笑)

ストーリーの流れは王道SFなので安心して読める部分があるのですが、物語の主軸は主人公の成長でした。

独特な印象を受ける絵柄ですが、かなり強く目に映る雰囲気があり好き嫌いはありそうですが、管理人はわりと好き、

ちなみにこの作品を手に取った理由も

“ジャケ買い”です


IMGP1757.jpg


コチラは一巻の表紙、
外界拒絶の象徴ともいえるヘッドフォン、主人公の虚ろな表情とともに印象的な絵になっています。

で、二巻の表紙がこんな感じ


IMGP1758.jpg


青い空と海の間でそのヘッドフォンを投げ捨てる主人公、

なんか、良い感じの絵だと思いませんか?

表紙の表情、情景の変化に伴うだけ、主人公の成長があります

比較的短い作品なので、内容を書くとネタバレの比率が高くなるため紹介はこの程度、
見る人によっては突拍子も無いと感じる部分もあるでしょうし万人向けとは言いかねますが、一定数の方にはきっと強く受け入れられると思います。

最後まで買っても4冊ですから、夏の終わりにご一読如何でしょうか?
そんな訳で本日はここまで。




Comments 0

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください