第77回 全国学校音楽コンクール ~小学校の部~

夏休み記事のこともあり、例年より若干ずれてはしまったんですが、
今年もこの時期がやってきました。

第77回 全国学校音楽コンクール

本日は小学生の部、明日以降、中学、高校と進みます。

第77回、小学校の部、

それでは今年も行ってみましょう。


当ブログ恒例となる記事が今年も掲載される季節になりました(笑)

例年通りの事とはいえ、一年に一回の事ですから今年も解説いたします。
当ブログ管理人の音楽嗜好の1つに “合唱” というカテゴリーがあり、この時期NHKで放映される全国学校音楽コンクールを毎年心待ちにしているんです。
このコンクールについて解説すると、

NHK全国学校音楽コンクールは、NHKが主催する小・中学校、高校の合唱サークルによる合唱コンクール。
全日本合唱コンクールと並ぶ二大コンクールの一つであり、通称はNコン
1932年に「児童唱歌コンクール」として開始、2010年度で第77回を数える。毎年夏から秋にかけて開催され、例年全国で2,300校を超える学校の参加がある。

コンクールは大きく小学校、中学校、高等学校の各部門に分かれ、参加希望校は、課題曲1曲と、自由曲を歌うことになる。

~wikipediaより抜粋~


地区コンクール、ブロックコンクールと勝ち上がった学校が全国コンクールに出場し、
全国コンクールの様子が体育の日を絡めた連休で放送されます。

2001年から課題曲は設定されたテーマを元に作られており、
今年のテーマは

いのち

でした。

音楽、という世界では必ずしも言葉が必要という訳ではありません。
ですが、 “言葉” があるからこそ深まる世界も当然ある訳で、管理人は曲の “言葉” を割と気にするタイプの人なんです。

そんな訳で、合唱曲というジャンルの綺麗な唄を毎年紹介したいがために、毎年結果と課題曲の歌詞を記事として紹介しています。

さて、それでは行ってみましょう。


“いのちのいっちょうめ”

作詞:里乃塚 玲央
作曲:横山 裕美子

新しいクラスで 友だちができたり
25メートル ぜんぶ泳げたり
牧場で子ウシが うまれるところや
ねっこから ねっこまで にじを見たとき
ウー ワーッ エーッ オーッ
ぼくらの こころは 空までさけぶ
レントゲンじゃ 撮れない 胸の奥から
いのち いのち いのちのいっちょうめ
ほんとうのきみが 住んでいる場所さ
ときどき忘れて 迷子になるけど
一歩 一歩 いのちのいっちょうめ

金メダルとったら どんな気持ちだろう
宇宙へ行けたら もっとすごいかな
わたし今日電車で 席をゆずれたよ
新記録 みたいに うれしかったよ
ウー ワーッ エーッ オーッ
なにかが できるって 花たばのよう
もらっても あげても 勇気がわくね
いのち いのち いのちのいっちょうめ
大好きなきみが 帰って行くみち
会う人みんなに 笑顔ができるよ
いっこ いっこ いのちのいっちょうめ



昨年は二曲からの選択だった課題曲も今年は例年通り一曲でした。

作詞の里乃塚 玲央さん、
作詞家としてのデビューはもんた&ブラザースとのこと、
、、、、管理人世代ですとギリギリ知ってはいますが久しぶりに聞く名前ですね(笑)
代表作としてクレヨンしんちゃんの“オラはにんきもの”がありますが、2005年ごろから合唱曲に取り組まれているそうです。

作曲は横山 裕美子さん、
合唱曲の作曲家としては有名な方、ここ数年では自由曲のクレジットで名前を目にしない年は無いと思います。

さて、それでは今年の結果


金賞 
目黒区立油面小学校(関東、甲信越ブロック)

銀賞
横浜市立中沢小学校(関東、甲信越ブロック)

銅賞
日野市立七生緑小学校(関東、甲信越ブロック)
愛媛大学教育学部附属小学校(四国ブロック)


目黒区立油面小学校は昨年に引き続き二年連続の金賞受賞です。
今年の小学校の部は関東甲信越の活躍が目立ちました。

例年通り、この記事にはオチも何もありません。
綺麗な唄をみなさまにも見ていただきたいという管理人の希望だけです(笑)

そんな訳で今年もあと二回、中学校、高等学校の部にお付き合いいただければ幸いです。



2010-10-21(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索