ケーブル大全2011

このムックもかなり昔から購入を続けています。

年に一度のお約束ではあるんですが、

毎年買ってしまうのもお約束ですね(笑)


CIMG4112.jpg


そんな訳で本日のブツは

ケーブル大全2011

オーディオアクセサリー誌の別冊ムックとして、年に一度“電源、アクセサリー大全”と交互に発売されます。
昨年が“電源アクセサリー”でしたから、今年は“ケーブル”となる訳です。

内容はオーディオ用のケーブル図鑑、とでも言えば一番解りやすいでしょうね。
大きく方向性が変わることはありませんが、その時々で重点的に紹介される製品が変わることは多々あります。

前回2009年に発売されたケーブル大全では映像用のHDMIケーブルに多くの紙面が割かれていましたが、今年のものではPCオーディオ用途で使用するケーブルに注目が集まっていたような印象でした。

まあ、今のところ管理人には関係ありませんが(笑)

他の趣味で似たようなムック本と言えばMTBのアフターパーツをまとめたムックがあるんですが、アレは大体二年に一度くらいしか購入しません。

では何故コレを毎回購入するかと言えば理由は簡単で、

次のが出るまでに消えるメーカーが少なくない

からです(泣)

代理店が取り扱いを止めてしまうような例もあれば、実際に消滅したりメーカー名が変わったりとパターンは色々ですが、後からマイナーなケーブルを見つけた時にコレがないと情報が入らない時があるんです。

当然楽しみにしている部分もありますが、資料的な役割も期待して毎回購入している訳です。

2011を見ていると、国内で新しいメーカーが幾つも起こっていることに気付かされます。
ガレージ的なメーカーもあれば、他業種での実績を持ってオーディオを志すメーカーも多いようでした。

最近良く目にするメーカーとしては、コチラ


CIMG4114.jpg


アスカ工業というメーカーから新しく登場した“ASUKA”というブランド、
元々はプラスチック関連のメーカーのようです。
正確な伝送を重視した精密な構造をもつケーブルで業界に参入、HPなどを見る限りではアクセサリー以外も作っていく予定にされているようです。

雑誌で見る限りでもかなり作りの良いケーブルで、スピーカーケーブルには管理人も若干興味が湧いています。


もう一つ紹介するのはコチラ


CIMG4115.jpg


コチラは今回初めて知ったメーカーです。
カーオーディオ用のケーブルメーカーとしては有名とのことでした。
今のところSPケーブルとRCAラインケーブルを販売されています。

素材に拘りつつも試聴を大切にして製品を作られている様子、

どちらのメーカーも素材を大切にするあたりに日本のメーカーらしさを感じますね。

ムックとして見れば目新しさには欠ける部分もありますが、
年に一度のこととしてお勧めしようと思います。

管理人自身、今のところ直ちに買い換えたいようなケーブルはないんですが、

将来への知識として

きちんと読み込もうと思います(笑)


2010-07-22(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索