BAMBOO BLADE 13巻

漫画の世界には
幾つもの記憶に残る名勝負があります。

管理人の中に今回、新しく一つの名勝負が刻まれました。


CIMG3896.jpg


今回ブツは

BAMBOO BLADE 13巻

です。

BAMBOO BLADEは現在、ヤングガンガンで連載中の漫画で、
原作、土塚理弘、作画、五十嵐あぐり 剣道を題材とした作品です。

アニメ化もされていましたから有名な作品ではあるのでしょうが、
実は管理人、

原作漫画もアニメも最近まで見た事ありませんでした

今回、この単行本を購入するに至ったきっかけは、よく見ている漫画レビューサイトの記事でした。
何気なく見ていた記事で、“その勝負”に惹き付けられ、本誌も読みついには該当する単行本を買ってしまいました。

それがこの13巻になる訳です。

その勝負になんと本編の主人公は関与していません。

主人公のライバルと目される人物 榊 心(ウラ)
そしてそのライバルが宿敵と認める人物 山田 梅子


その勝負はそんな二人の戦いでした。

詳細は省きますが(そもそも管理人もまだ見てませんし(笑))

中学時代に戦った二人、二度の戦いに敗れた山田は榊の才能を恐れ、剣道の道を離れ芸能界入り、
榊は山田の不在がショックだったためか

電波ストーカー化

同じく剣道の道を離れます。

そんな山田の元に、榊ストーカー化の連絡が入り、衝撃を受けます。

時を同じくして榊のストーカー対象となっていた芸能人が女子アナとの2ショットをフライデーされ、“彼を困らせる悪い女を倒す”ため、再び竹刀を手にしました。

そんな中、学生剣道を題材にしたテレビ番組の撮影が主人公の学校で行われ、天才剣道少女として榊が呼ばれており、女子アナ打倒という榊の目的と合致したため登場、そして、榊が出ることを知った山田も番組出演のため登場、
番組の構成には無かった二人の戦いが始まりました。


CIMG3897.jpg


戦いの中で電波な彼女だった榊は己の本当の居場所を取り戻し、そして山田も己の強さを高めていきます。
その試合を見る人々をも高めながら、試合は続きました。


決着直前、榊側の心境


CIMG3898.jpg


同、山田側の心境


CIMG3899.jpg


最初から最後まで熱い戦いは

結末まで熱いです

およそ一冊分の分量でとてつもない熱さと、読者それぞれにそれぞれの想いを抱かせるまさに名勝負と呼べる試合でした。

管理人自身、ここまでのストーリーを知らずに惹きこまれてしまいました。

とりあえず、

近日中に前の12冊を読む方向で

行ってみたいと思います(笑)


2010-05-28(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: BAMBOO BLADE 13巻 

面白い漫画は続けて読みたくなるもの、近日中に前の12冊を大人買いに行くってことですね。
2010-05-28 19:42 | sergeant | URL   [ 編集 ]

Re: BAMBOO BLADE 13巻 

sergeantさん

とりあえずどこかで少し読んでみて、良ければまとめ買いですね(笑)
2010-05-30 14:43 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索