出石そば 如月

以前書いたこの記事 (参考記事) の時に行ってみたお店です。

いつもでしたら閉店直前に駆け込む管理人なのですが

この日は開店直後に駆け込んでみました(笑)


CIMG3816.jpg


さて本日紹介するお店はコチラ

如月 (店舗HP

場所は辰鼓楼の近く、おりゅう灯籠の通りになります。

コレで分る人はまずいないと思いますが。

要するに中心部、という事です(笑)

店構えは標準的、特に変わった感はありません。
店内はこんな感じ、


CIMG3810.jpg


地味と言えばそれまでかも知れませんが清掃も行き届いており、管理人としては十分に満足出来る印象でした。


CIMG3808.jpg


メニューはこんな感じ、
出石の平均的なお店に比べサイドメニューは豊富な印象を受けました。

最近ではもう迷うことなく皿そばを注文します。


CIMG3811.jpg


薬味はわさび、ネギ、とろろ、ウズラ卵です。
少量のわさびは擦った状態で運ばれてきますが、それ以上の必要分は自分でする方針のようです。

テーブルに小さなビニール袋が備え付けてあり、残ったわさびはそれに入れて持ち帰りしてくれてOKとのことでした。

この段階でわさび以外にも変わった点が2つあります。

一つ目は卵、殆どのお店が鶏卵を使用しているのに対し、コチラのお店はウズラ卵を使用しています。
出石以外のお店では一般的なウズラ卵もここ出石の地においては圧倒的にマイナーな存在です。

そういえば何故鶏卵が多用されるんでしょうね?

またどこかで聞いてみようと思います。

後一点は出汁の徳利、
多くのお店では絵付けの形で違いを出しているんですが、このお店は“しのぎ”の手法とでも言いますか、器自体に模様を彫りこんでいます。

小さな事ですがちょっと感心しました。


CIMG3812.jpg


で、そばはこんな感じ、
ここのお店は二八そばという事ですが、歯ごたえを求めたい管理人にとってはやや柔目な印象です。
ただこのあたりは完全に好みの問題でしょう。

つゆの味はちょっと特殊、出石のつゆは基本的に出汁の味が強く、カツオか昆布、そのどっちが勝っているか?
という感じのつゆが多い印象があるんですが、ここのお店は他のお店に比べるとかえしの印象を強く感じました。

いずれにせよ中々に満足できました。


CIMG3814.jpg


小皿の絵付けはこんな感じ、お店の雰囲気と不思議に似た印象を受けるのも面白いと思います。


CIMG3815.jpg


食後のお茶受け的な感じで“そばかりんとう”が出てきました。
コレについてもそうなんですが、このお店は細かな気遣いが積み重なって良い雰囲気を出している気がしますね。

そんな訳でそばの方向はやや管理人の嗜好からずれましたが、その点を避けても高い評価が出来るお店だと思いました。

さて前回の記事で書きましたとおり

この直後、管理人山登りに敗北する訳ですが、

お店を出る時点では文字通り、そんなことはつゆ知らず、

、、、、、、、、

お後も宜しいようですし、とりあえず本日はここまで。


2010-05-13(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索