そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

映画版 時をかける少女DVD

やっぱり買ってしまいました。


CIMG0626.jpg



実は管理人、結構映画を見ます。
だいたい月3~4本くらいでしょうか。

ある程度面白かったらパンフレット購入、
相当面白かったらDVD購入

というスタンスなんですが、久しぶりに買ってしまいました。

今回の物は


時をかける少女 映画版DVD


になります。

公開は去年の夏、

ジブリの新作 ゲド戦記
宮部みゆき原作の ブレイブストーリー
などの大作アニメ映画にまぎれてこっそりミニシアター系で公開されました。

公開当初から評判は良かったと思います。
ミニシアターでの上映にもかかわらずネット上の評価はよく
元々10本程度だったフィルムを使いまわす形で上映され続け
あろうことかいまだに上映されていたりします。
それ以外のところでも第30回日本アカデミー賞アニメーション部門で最優秀作品賞を受賞、そのほかにもあちこちで色々と賞をとっていたりするようです。

管理人は岡山のシネクレールで見たんですが、エンディングのスタッフロール終了まで誰一人席を立たなかったのが印象的でした。
また、劇中に流れる

奥華子さん

の曲が物語にあっていて素晴らしく
最後までいい雰囲気が会場をつつんでいました。

大元の原作は筒井康隆の小説“時をかける少女”ですが(管理人が始めて読んだのは小学校高学年くらいだったかと思います)
この作品はその20年後という設定で、原作者も正当な続編と評価しています。
原作の主人公、芳山和子の姪に当たる紺野真琴が今回の主人公になります。
物語の設定も、主人公と2人の男友達と原作とかぶる部分があるんですが、
原作主人公がどちらかといえば文系タイプだったのに比べると
今回の主人公はかなりの体育会系という印象を受けました

なにせ走る走る、飛ぶ、転ぶとアクション多目です。

ストーリーについては公式に紹介されている部分だけ上げると

あるきっかけから「今」から過去に遡ってやり直せる力、タイムリープ能力を持ってしまった紺野真琴は、ひとたびその使い方を覚えると、何の躊躇も無く日常の些細な不満や欲望に費やしてしまいます。
大好きなものはいくらでも食べられるし、いやなトラブルも即解決! ばら色の日々のはずだったのですが…。


といった始まりです。
それ以後については出来れば見てほしい作品ですので書きませんが
見に行った後、半強制的に見に行かせた人が数人いましたが
男女問わずよかったという感想でした。

アニメ映画ということで色眼鏡をつける方もいるかとは思いますが

絶対に

後悔はしないかと思いますので是非DVDで
可能なら劇場で見ていただければと思います。
見終わった後、爽快感と暖かい気持ちに慣れると思います。

結局、昨年夏に公開された作品のDVDが今頃発売された理由がいまだ上映中だったから、なんていうのもこの作品の素晴らしさを表現していると思うんですが(笑)

一応購入したのは限定版です
中身はこんな感じ


CIMG0627.jpg



ハンドブックの中身も色々楽しく、メディアではあまり表に出てこなかった作品の裏が見えてよい感じです。

今後もこの手の衝動買いがあれば報告していこうと思います

Comments 0

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください