BMCフィルター メンテナンスキット

新しいスピーカーにかまけてばかりいるかと言えば

そんな訳ありません

やることはやってますよ(笑)


10321.jpg


さて本日のネタは、先日触りだけ紹介したものです。

愛車様のエアフィルターはBMCの純正リプレイスタイプですが、BMCのフィルターは再利用を念頭において作られており、メンテナンスキットが準備されています。

フィルター交換後、距離も経っていますし、一度メンテナンスしようと思いました。
そんな訳でトップの写真はメンテナンスキットと取り外したエアフィルター、

BMCのエアフィルターは湿式なので、メンテナンスキットにはクリーニング剤と、その後含ませるオイルがセットになっていました。

ゴルフ4までは比較的たやすくエアフィルターにアプローチできたのですが、ゴルフ5ではエンジンカバーとエアクリーナーボックスが一体化しており、エアフィルターをいじるにはエンジンカバーを外す必要があります。

それでは行ってみましょう。


10322.jpg


まずは吸気ダクトを外しましょう、プライヤーでリング上の留め金をずらせば後は簡単に外せます。


10323.jpg


ロックボタンを押しながらエアフローセンサーを引っ張って外します。
配線がエンジンカバーのガイドを通っていますので、写真の位置まで解放して下さい。

その後、エンジンに向かう吸気ダクトを外します、矢印の位置とその裏側の2カ所、金属バネのストッパーがありますのでまずコレを外し、じわじわ動かしながら引き抜きます、結構堅いですがゴムのパッキンが堅いだけなので、どうしようもなかったら隙間から潤滑油を差すのも良いかもしれません(必ず拭き取って下さい)

で、吸気ダクト×2、エアフローセンサーの配線を抜いたら一応エンジンカバーはフリーになります。
後はコレを外すだけなんですが、

ここが最大の問題です

ゴムの留め具で4カ所止まっているだけなんですが、凄まじく力がいります(泣)

管理人、比較的腕力はある方ですが、小柄なため力をかけにくく大苦戦、
4隅を一つずつ外すつもりで頑張って何とか取里外すことが出来ました。

その後2日ほど筋肉痛になりましたが、、、、

出も外してしまえば後は簡単、数本ネジを外すだけでエアフィルターに到達します、

早速、洗浄剤を用いて洗浄し、、、、


10325.jpg


その後オイルをまんべんなく含ませます。


10326.jpg


で、その後に一手間、


10324.jpg


エコチャージというマイナスイオン系の怪しいグッズ、愛車様購入後、早い段階で施工し効果を認めていましたので、今回も継続使用としました、

エアフィルターを組み付けたら後は戻すだけ、
戻すのはとても簡単なんですが、一点注意しておくことがあります。


10328.jpg


真ん中の丸いゴム、コレが管理人を2日間筋肉痛にした張本人、エンジンカバーの留め具です。
本来はエンジンカバーと共に外れてくるはずのものなんですが、場合によると写真の用にエンジン側に残ってしまします。

このままカバーを取り付けても良いのでしょうが、ややはめ込みにくくなりますので、細めのドライバーか何かを差し込んで取り外し、エンジンカバー側に装着しておいて下さい。


10329.jpg


外した後はこんな感じ、本来コレが正しい形です。


10327.jpg


こんな時しか使わないシリコングリス、樹脂に対する影響が少ないコレを使ってゴムパッキンや留め具を外してやると良いでしょう。

取り付けの際に、4つの留め具に塗っておいたら

ひょっとしたら次回は少し楽できるかも知れません(笑)

そんな訳で外したものを戻して終了、


10320.jpg


やたらとエンジンルーム内が黒々して見えるのは、エンジンカバーと一緒にバッテリーボックスやヒューズボックスのフタも取り外して、何度か紹介したスーパーハードを施工したからです。

うん、綺麗。

エアフィルター洗浄の結果、やや吸気音が良くなったように感じました。
地味な努力が長く愛車様を輝かせてくれたら良い、などと考えつつ、

本日はここまで。




2010-03-02(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索