ゲーム関連CD 10選 その1 ~始まりは定番から~

それでは当ブログ20万HIT記念企画

ゲーム関連CD 10選

開始致します。


第一回目となる今回は

泣き言 と 定番

そんな感じで行きたいと思うのです(笑)


そんな訳でまずは泣き言から、

10選なんて言わなきゃ良かった、、、、、、(泣)

せめて15、出来れば20と言うべきだった、、、、、、


、、、、、なんというかですね

管理人、結構ゲーム関連のCD所有していたんです。

自分の中で、“定番”とか“鉄板” などと認識しているCDをぱっと思い浮かべたらそれだけで半分以上になってしまい、

どれを残し、どれを外すか、

その葛藤が管理人の頭の中を巡り、解決の糸が見えてきません(泣)

ああ、、、、

“ゲームが20なんだからCDは10で良いよねっ(笑)”

などと気楽に考えたあの日の自分がにくらしひ、、、、、、

とはいえ、宣言してしまったものは仕方ありません、
とりあえず鉄板な所から始めていきましょう。


はてさてゲームミュージック、
今では一般的なそれらが初めて世に出たのが何時か、という話には実は諸説あります。
1970年代後半をその端とする話もありますが、80年代に入り和音が表現できるようになった時をもってそう判断するのも決して間違いではないでしょう。

ゲーム関連音楽が単体の作品として初めて世に出たのは1984年、
細野晴臣プロデュース作品 “ビデオ・ゲーム・ミュージック” が音楽としてゲームミュージックが扱われるようになった最初の作品とされています。

PSGやFM音源といった一般の音楽とは明らかに異なる音源、そして既存の音楽に囚われない表現、
ゲーム音源という性格上の容量制限をバネとして生まれた、短く、判りやすい旋律。


ゲームと共に流れ、しかも繰り返し聞くという特性もあり、プレイヤーへのアピール度が他ジャンルの追随を許さないほど高かったゲーム音楽というジャンルは、極めて短期間に成長、発展を遂げ大きく広がり出しました。

ちなみにCDという媒体が世に出たのが82年、本格的に普及し始めたのは83年、管理人がCDラジカセを入手して、初めてのゲーム関連CDを手にする5年前の事になります。

それでは本企画1枚目のCD、管理人にとって初めてのゲーム関連CDともなる作品がコチラです。


101182.jpg


交響組曲 ドラゴンクエスト3 そして伝説へ、、、、

説明するまでもありませんね~(笑)
1988年に発売されたドラゴンクエストシリーズ3作目のサントラ、発売元はアポロンミュージック
同年のレコード大賞、特別企画賞受賞など、ゲームミュージックCDとしてはまさに名盤中の名盤、定番中の定番です。

複数枚のサントラが当たり前になった今では不思議に思われるかも知れませんが、FC時代のゲームミュージックはアーケードゲームを含め、全ての曲を纏めても一枚のCDにするほどの分量にはなりません。
そんな訳で、当時のゲームサントラの多くはなにがしかのアレンジバージョンを含めて発表されることが多かったのですが、これもその流れを踏襲しています。

ゲームによって様々なアレンジがされる中、ゲームの王道とも言えるドラゴンクエストシリーズのサントラは一貫してオーケストラ演奏でのアレンジを行っています。
作曲者がすぎやまこういち氏であることもそれに一役買っているのではないでしょうか。

ドラゴンクエスト1、2のサントラはNHK交響楽団からの選抜による小編成演奏でしたが、ドラゴンクエスト3以降、すぎやまこういち指揮、NHK交響楽団演奏によるフルオーケストラとなっています。

収録曲は

1:Roto
2:RONDO
3:AROUND THE WORLD
4:ADVENTURE
5:DUNGEON TOWER THE PHANTOMSHIP
6:REQUIEM ~SMALL SHRINE~
7:SAIL ON THE SEA 
8:FLYING IN THE SKY
9:FIGHTING SPIRITS
10:INTO THE LEGEND
11:ドラゴンクエスト3 ゲームオリジナルサウンドストーリー


管理人のCDの収録曲は上の通りですが、現在発売されているものは数曲の追加がなされています。

ドラゴンクエスト3の旅をそのままなぞるかのように繰り広げられる交響組曲は

圧倒的な説得力を持ってプレイヤーに届きます。

表世界のフィールド音楽となる4曲目の勇壮さに、ラーミアのBGMとなる8曲目の美しさに、通常戦闘~アレフガルドのBGM~ゾーマ戦~エンディングへと続く9曲目から10曲目の流れ、
それらは何時聞いても管理人にあの頃の感動を呼び起こさせてくれます。

ドラゴンクエスト自体がある意味RPGの王道を行く作品ではありますが、

サウンドトラックもまた王道です

奇をてらったアレンジなど必要としない、ただただ壮大な世界、それこそがドラクエサントラの凄みです。

初めてのゲームCDと言うことも含めて、
今回の企画1枚目を飾るのにふさわしい作品だと思います。


本当はもう一枚、ドラクエときたらFFですので、FF関連のCDを紹介する予定だったのですが、

想像以上に長引きましたので持ち越しさせて下さい(笑)

なんだか

企画の長期化が避けられない雰囲気になりつつありますが、

温かく見守って頂けると幸いです。


2010-01-18(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title 

ふとみたら、
ゲームサントラと言うことで・・・

うふふ、
楽しみにしてますぜ。
2010-01-20 23:20 | zuka | URL   [ 編集 ]

No title 

あけましておめでとうございます。
ちょっと遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

もう3のサントラはすばらしいにつきます。
ipodにも当たり前のように入ってますよ~w
2010-01-21 00:02 | 二条ジョウ | URL   [ 編集 ]

No title 

ゲームCD10選と言わずに20選も30選もやって下さい(笑)
ドラクエ3の音楽・・・いいですねぇ。FCオリジナル版は持ってませんが、SFC版でパワーアップしたBGMを、毎日のように聴いてました。
洞窟のBGMがそのままドラクエ9の洞窟のBGMに使われているのに気付いたときは思わず「オオッΣ(゚д゚)」と唸りましたねぇ~(笑)
ドラクエ3のBGMは、全ての曲に神がかかっている感じがして、捨て曲がないですよね。
2010-01-21 18:17 | 魁苑 | URL   [ 編集 ]

No title 

ドラクエのサントラ盤はオーケストラなのが良いですね、壮大だし名曲多いし。
3はゲーム自体にも一番思い入れがあるのでよく聴いてましたよ。
2010-01-21 20:01 | sergeant | URL   [ 編集 ]

No title 

zukaさん

おそらくそんなに変ったのは出ないはずなんで期待はほどほどに(笑)
2010-01-22 20:20 | そうてん | URL   [ 編集 ]

No title 

二条ジョウさん

こちらこそよろしくお願いいたします。
できるだけベストゲーム20選とかぶらないようにしたかったんですがコレばかりはどうしようもありませんでした、、、、
2010-01-22 20:22 | そうてん | URL   [ 編集 ]

No title 

魁苑さん

管理人はFCでプレイしていた当時、ラーミアに乗った状態で放置しBGMを楽しんでいました。

いまならばAV端子を録音機器につないで録音するのも容易ですが、当時のRF出力ではどうしようもなかったもので、、、

ただ、ひたすらスクロールを繰り返す世界を見ているだけでなんとなく愛着がわいたのも事実でした。
2010-01-22 20:30 | そうてん | URL   [ 編集 ]

No title 

sergeantさん

サントラという意味でドラクエは当時から今まで王道を保ち続けているのもすさまじい、生半可な始まりではここまで続かなかったでしょうし、、、DQの偉大さを改めて知った感じです。
2010-01-22 20:33 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索