KISO Acoustic HB-1

下の写真はステレオサウンドの最新号ですが、

今回のネタはそこではないんです。

P1010110.jpg

先日の記事で話したように、管理人の思いつき日光観光の終点は
何故か秋葉原でした。

まるっきり理由がなかったかといわれればそうでもなく、
とりあえず実演してもらって良ければ買おう、と思っていた物があったのがひとつ

もうひとつは
出来るだけ色々なオーディオ機器に触れておきたい、という希望があってのことでした。

そんな訳で、秋葉原であちこちのオーディオショップを回ります、そこで聞いてしまったとあるスピーカーが今回のネタ、

KISO Acoustic HB-1

だったんです。

トップの写真、ステレオサウンド171号の表紙を飾っているのがそのHB-1です。

KISO Acousticという会社に聞き覚えがなくても、何となくこのスピーカーに見覚えがある人はいるかも知れません、実のところ管理人がそうでした。

管理人の記憶にあったのは3年前にONKYOから発売された “D-TK10” というスピーカーです。
ギターアコースティックスピーカー、と銘打たれて発売されたD-TK10は高峰楽器製作所とONKYOのコラボレーションで誕生した日本メーカーらしくないSPで、管理人も結構気になっていたスピーカーでした。

このHB-1というSPはD-TK10の制作に関わっていた方が再設計の上、コスト度外視で制作されたSPとのことで、

外形313×148×224(mm)、重量4.5kg

という小型の2WAYバスレフのSPです。
DーTK10との違いは、バッフルの板材やその仕上げ、ネットワーク、ツィーターなど多岐にわたり、実質問題としては完全に別のスピーカーです。

色展開は3色で、写真はメイプルのものです。
突き板ではなく、一枚板で仕上げたバッフル、
恐ろしく見目の美しいSPだということがご理解いただけるでしょうか。

ステレオサウンドの表紙を飾っていたということで、知識としては知っていたそのSPの音を、
おそらく日本で一番高いオーディオ機器を扱っているお店、ダイナミックオーディオ5555の7Fで聞かせてもらったわけです。

コレが良かった

近年、極端に値が張る小型SPは幾つかありましたが、音を聞いて感心するレベルの物にはあまりお目にかかったことがありませんでしたが、、、、、

コイツはヤバイ、、、、、

それは凄い音でした。
小型SPを聞いて本気で欲しいと思ったのは初代ブリロン以来かも知れませんね~、、、、

ピアノの一音一音の立ち上がりの凄さ、美音、と表現しても良いと思いますが潤いのあるボーカル、オーディオっぽい言葉を並べ立てるのは簡単なのですが、
何より驚くべきは、間を3mほど開けた設定でも明瞭な音像、5555の7F試聴室を音で満たす10cmウーファーの物とは思えないスケールの大きい鳴りっぷり、そして大ボリュームでも小ボリュームでも音楽が破綻しない懐の深さではないかと思います。

ちなみにチラシはこんな感じ


P1010111.jpg

P1010112.jpg


ステレオサウンドの紹介記事はこんな感じでした


P1010113.jpg

P1010114.jpg


かなりゆっくり試聴させていただいた管理人ですが、

“このSP買ったら、今後SPで一生悩まなくて済むな、”

と思わされてしまいました。

う~ん、、見た目といい、音といい、サイズといい、、凄いな、、、、、

値段以外は(泣)

管理人、一目惚れに近い形で、実はかなりリアルに欲しいんですが

値段がな~

5555で、試聴機はとんでもない金額のアンプでならされていたため、一般的なアンプでならしたときにどの程度の音が出るのかも分かりません。

そういう意味では、一目惚れとはいえ、いきなり手を出すにはあまりに高嶺の花です

、、、、、現在、大阪周辺でこのSPの試聴が出来るお店はなく、残念ながら東京まで足を伸ばさざるを得ません。

このSPの発売が今年の6月20日、そろそろ雑誌での情報も出回り出すと思いますので、
評価、音については当分注視してみていきたいと思います


2009-07-10(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title 

こんばんは

大口径ウーファーの音圧からくる低音にこだわりが無ければ、
質の高い小型スピーカーに惚れたら行くべきでしょう(笑)

それにしても高価ですね・・・

     
2009-07-12 20:53 | 松本麗香  | URL   [ 編集 ]

No title 

松本麗香さん

管理人、小型SPの経験値が絶対的に不足しているため、松本麗香さんに一聴いだだいて感想をお聞きしたいところです。

外観で気に入ったのはメープルなんですが、この週末5555に3色勢揃いするそうなので、聞きに行ってきます。

、、、、自分ヤバイですかね?
2009-07-13 23:28 | そうてん | URL   [ 編集 ]

HB-1の実力 

そうてん様
私は6月12日にHB-1を聴いてビックリしました

あれは今までの常識をひっくり返す製品ですね次元の違う再現性にもう箱入りのスピーカーの箱の音が耳についてしまってます。
小口径でスケールが出せると、もう既に大口径のスピーカーに疑問を抱いてしまいますね
楽器の音を知らない人には受け入れられないでしょうが、知ってる人は完全にはまります
今は大阪でも聴ける店が有るので其方でちょくちょく試聴させてもらってますが、日に日に鳴りが良くなってるので購入するのを決意しました。
唯今金策中ですが購入して鳴らすのを楽しみにしてます。
2009-07-27 01:29 | トラウトマン大佐 | URL   [ 編集 ]

No title 

トラウトマン大佐さん

決意されましたか!?
素晴らしい、、、

管理人へたれ気味なもので、どうしても即決という感じにはできそうにありません(泣笑)

今年の、、、今年のオーディオショーを見て、、、

そんな言葉で自分をだましている最中です
2009-07-27 20:48 | そうてん | URL   [ 編集 ]

秘密兵器で・・・ 

そうてんさん
実はお盆にHB-1のマホガニーを自宅試聴するんですよ(^^)ニコ
反則技なアンプで鳴らすと多分やられると思いますがあえて自宅で聴いて見たいんです
ライブ盤をHB-1で初めて聴いた時に会場の空気感が非常に鮮明だったのが今も忘れられません
KISO Acousticの原氏も使用してるアンプの弟分使ってるので原氏と話したときに「○○で鳴らすとどうですか?」と聴いたら ( ̄ー ̄)ニヤリッと笑ってましたので
それを確認したくて企画したんですよ

結果は購入に決まっているんでしょうがね!
2009-07-27 21:44 | トラウトマン大佐 | URL   [ 編集 ]

No title 

自宅試聴とは羨ましい。
自分も一度試してみたいところですが、とりあえず引っ越しが一段落しないとどうしようもなさそうです(笑)

2009-08-05 23:18 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索