マドゥーラの翼

CIMG0537.jpg



キャラゲーと呼ばないでっ!!

今回は

マドゥーラの翼

です。
CIMG0539.jpg



その昔、バダムの地に“マドゥーラの翼”と呼ばれる鳥像が伝えられていた。この、世を支配する力を持つ不思議な鳥像マドゥーラの翼をめぐり、人々は争い、乱れ、栄枯盛衰を繰り返した…。
このマドゥーラの翼は、良き王の時代に洞窟の奥底へと封じられ、ラメール一族に守らせ、時代は平和な時をむかえることとなる。
しかし、数世紀を経て、ラメールの若者“ダルトス”が一族を裏切り、マドゥーラの翼を持ち去ってしまった。ダルトスはマドゥーラの翼の力を悪用し、魔物達を呼び寄せ、この世を支配しようと企てた。これを阻止するため、一族は魔の巣窟と化した“アレクス城”へと戦士を送り込む…その中には、一族の中で唯一魔法を使える“ルシア”の姿もあった。
アレクス城に近づくにつれ、屈強な戦士が一人、また一人と倒れて行く。
果してルシアはマドゥーラの翼を取り戻すことができるのであろうか!?


攻略本より原文まま


発売は1986年、発売元はサンソフト、
ジャンルは管理人の大好きなアクションRPGでした。

当時のFCゲーム業界で主人公が女性と言うのはそう多くなかったと思います(これより前となると思いつく限りでは、ワルキューレとかヴァリス、スペースハンターもかな?位でしょうか)

では、そんなに売れたかといわれると少なくとも当時の管理人の交友範囲で持っていたのは私だけでした
まだ、イラストだけで売れる時代ではなかったか、逆に敬遠されたかのようです。

人により当たり外れのはっきりするサンソフトのゲーム達ですが
このゲームは管理人的には大ヒットでした。

まず、ゲーム開始時の主人公の弱さは壮絶です
雑魚一匹倒すのに何回攻撃ボタンを押せばいいのやら判りません
ボタンに対する反応は良いのに動きが遅く、ゆったりした印象です

しかし、

ステージ中のパワーアップアイテムを手にしていくことで、攻撃力、移動力共に大幅に上がり、反応のよさもあいまってかなりスピーディなゲームになります。
道中の魔法アイテム入手により6種類の魔法が使用可能(それらもパワーアップしていきます)になります

セーブなんかはありませんが、普通にコンテニューしながらで大体一時間前後でクリア可能かと思います。
魔法で縛りを入れたり(フラッシュ禁止、道中バウンドボールのみとか)
ゲームとしても趣味の人の要求に答えていただけます。
難易度は中の上程度でしょうか
そこまでムリしなくてもクリアできる部類かと思います。

ただ、なんといってもこのゲームも音楽が良いです。
サンソフトのゲームは耳に残る音楽が多いですが、
このゲームも類にもれません
管理人のお勧めは、

タイトル画面の音楽
ステージ開始時の音楽
城ステージの音楽


ですね。
小学生当時からタイトル画面の音楽聞くために電源を入れていたこともありました(笑)

パッケージイラストから勘違いされることもありますが、
ゲーム性、音楽、難易度ともバランスよく出来ています
一度、電源を入れてタイトル画面から一面スタートの音楽までだけでも聞いていただければうれしいですね。


CIMG0538.jpg



追記になりますが、
基本的に自力クリアを目論む若き日の管理人でしたが
このゲームの10面で詰まったため、当時初めて攻略本を買いました

10面のボスが見つからなかったんです

“ボス部屋の音楽の部屋はあるけど雑魚敵が跳ねてるだけだしな~”

という管理人の疑問に初購入の攻略本は適切に答えてくれました。


“10面ボス 雑魚50匹”



、、

、、、



そっそんな馬鹿な!!


それはなくないですか?
2007-03-30(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

はは(^◇^;) 

昔のゲームって、そういうトリッキーな要素が多々ありましたよね。特にADVGなんか、顕著でした。今思い返しても、「えぇ!そりゃ無茶だろ!!!」ってのが少なくなかったですもん。このボスも、いい味出してるなぁ。。。最後まで行けましたか?
2007-03-30 18:41 | シロ | URL   [ 編集 ]

 

10面以降は楽勝でした。
倒しても倒しても雑魚ばっかり出てくるので途中で出て行っていたんですよ。
でも、この程度なら自分で出来ていても不思議はないレベルですし、まあ、いい思い出ですかね。
2007-03-31 12:02 | そうてん | URL   [ 編集 ]

 

例のカレー事件のゲームですね。
自分はザコの堅さに泣かされ、連射パッドのお世話になりました。
ついでに、攻略本のお世話にもなりました。
レトロゲームは思い出がいっぱいです。
2007-04-02 00:36 | sergeant | URL   [ 編集 ]

 

カレーにずっぽり刺さったカセットとは思えない白さですが、まさにその一本です。
うちにあったのはジョイボールだけなのでボタンごとの連射設定が出来なかったため自力でGO!!でした。
2007-04-02 10:07 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索