中山寺山下り

二日ほど秋晴れが続いた休みの日、
自分の中では恒例行事となる山下りをしてきました。


CIMG2707.jpg


トップの写真は阪急電車の中山寺駅です。

宝塚市の中山は管理人が幼稚園入園から大学入学までを過ごした地で、
管理人にとっての故郷、という事になると思います。

阪急の中山寺駅までは、実家のある伊丹から自転車で30分もかからない距離なので、
折を見ては山下りをしにきています。

前回、訪れたのは昨年の大体今頃だったようです。

自転車で山下りは出来ませんので、自転車を駅の駐輪場に止め
バスで山の上まで移動します。

バスの中で卒業以来あっていなかったような同級生に偶然鉢合わせたりと、
不思議な事もありました。


CIMG2708.jpg


バスを降りて、山の入り口に向かいます。


CIMG2709.jpg


天気は快晴、木々も彩りを変え始めていました。


CIMG2722.jpg


普通に普段着で山道に突入します。
前回の記事でも書きましたが、この道は中山寺奥の院へ向かう参道で、
足洗川という川の川沿いを中山寺まで向かうハイキングコースです。

まあ、管理人は登る訳ではありませんが(笑)

この川沿いに初めて遊びに来たのは幼稚園の頃でした
以来、山奥のお子様の娯楽スポットとして長く通ってきました。

今回、嬉しい発見があったのがコレです。


CIMG2714.jpg


環境悪化のせいか、始めていった頃から比べるとカエルの姿はだんだんと減っていき、
阪神大震災の後くらいからは全く姿を見なくなってしまいました。

川沿いの山道を歩いている時にカエルの鳴き声がすると “山っぽい雰囲気” が出るように感じます。
そのためここ数年の鳴き声のない山道はただの散歩道のように感じられてしまい、
一抹の寂しさがあった事は事実でした。

ただ、そんな中久々にこの道で目にしたカエルの姿にはほっとさせてもらいました。
来年の春頃には、もっと山っぽい雰囲気に戻っているかも知れませんね。


CIMG2720.jpg


心持ち沢ガニの姿も多く見かけたように思います。
この山の環境が改善されている証拠だとすれば、
管理人にとっては嬉しい事なんですが、もう少し見てみて判断したいと思います。


CIMG2723.jpg


山を下り、中山寺を抜けて伊丹へと帰ろうとしていたところで、こちらは少し寂しい光景に出会いました。

この寺は妙玄寺というお寺で、阪急の中山駅からJRの中山寺駅に向かう176号線沿いにあるお寺です。
このお寺はぐるっと一周周囲をお堀で囲まれているんですが、
写真の反対側、国道に面する側のお堀が路線拡張のため埋め立てられ始めていました。

お寺側から張り出した木に覆われたお堀は、子供心に

“なんか出そう、、、”

という雰囲気を醸し出しており、密かに気に入っていた場所でした(笑)

あそこの道が広くなれば凄く便利にはなるのですが
これはこれで少し寂しかったです。

変わっていく事が必ずしも悪い方向ばかりではありませんでしたので、
まあよしとしつつ今回はここまでとしたいと思います。


2008-11-01(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索