紀伊半島旅行記 その壱 ~高野山、龍神温泉~

今年も例年のように遅めの夏期休暇をもらうことができました。

そんな訳で大学時代からの友人と紀伊半島をぶらり旅です。
期間は二泊三日でしたので、トータル3回の記事+αとしたいと思います。


CIMG2535.jpg


トップの写真は金剛峯寺の門になります。

今回は旅行記ですので、画像がメインの記事になっていくと思います。


そんな訳で当日朝、丹波から出発して友人を拾い高野山へ向かいます。
大体、高野山到着は11時前くらいになりました。

残念ながら、当日は小雨、
天気予報では台風直撃予定でしたので、どうなることかと思いましたが
結局三日間を通して、雨になったのはこの日だけでした。

高野山にたどり着くまでは曲がりくねった道を延々上り続けるだけでしたが、たどり着けば急に綺麗に開けた土地が出迎えてくれます。

ある意味日本人の常識に近い高野山ですが、
その設立は816年、弘法大師空海が高い峰に囲まれた平坦地である高野山を八葉蓮華と見なし、山上に曼荼羅世界を現出しようとしたのがその起こりです。

標高800mくらいの山の中腹に佇む都市のような場所、それが高野山です。
実際、この場所から次の人里まではかなり距離がある上に道も険しく、すぐに隣町にいける環境ではありません。
寺院の密集する町並みには幼稚園から大学までが揃い、ある意味では完全に独立した世界として存在しているような印象すら受けました。

でもまあ、それはそれ
時間が時間でしたので、とりあえずは昼食です。


CIMG2530.jpg


食事は 花菱 というお店でとりました。
場所が場所ですし、お値段はそこそこしますが、味も十分納得できるものでした。

腹がふくれたら、町の探索です。


CIMG2532.jpg


一山総本堂、、、、


CIMG2533.jpg


金剛峯寺大塔、、、、、


CIMG2539.jpg


蟠龍庭(ばんりゅうてい)、、、、、

高野山境内では撮影禁止の場所が多く、みられる写真はこんな感じでしょうか。
大正になってから建てられた博物館に相当する霊宝館も訪ねていますが、基本的に撮影禁止でしたので、画像はありません。

ですが、所蔵品の発する雰囲気、風格は桁違いで歴史の重みを感じさせられます。
弘法大師という名前をとっても、管理人みたいな一般人にとっては歴史上の人物ですが、この地の人々からみてみれば、ずっと昔の偉大な先達ということで、もっと近しい人物になるのかもしれません。

なんだか続いていく歴史の重みとすごみを感じさせられた高野山訪問でした。


CIMG2541.jpg


でっ(笑)

話は急激に変わり、ご当地甘いものです。
こちらは酒まんじゅうですが、餡も上品な甘みなのですが、生地がもっちりしていて良いお味です。
お店の名前は さざ波 観光ガイドに名前が載っていませんでしたので飛び込みで入ったお店ですが、実は有名店だったようです。
管理人の直感もまだまだ大丈夫そうですね(笑)


CIMG2565.jpg


こちらはガイドに載っている有名店でした。
麩善の 笹巻きあんぷ です。
よもぎをを練り込んだ麩であんこをくるんだお菓子です。

かなり食感が強く、管理人はかなり気に入ってしまいました。


CIMG2654.jpg


コレはご当地で買ったものです。
お守りですね。


そんな訳で、高野山をあとに、その日の宿泊先龍神温泉へ向かいます。
高野山から龍神温泉までは高野龍神スカイラインという道で結ばれており、天気がよければかなり良い景色が見られたそうなのですが、あいにくの雨でただの曲がりくねった道でした(泣)

宿泊先は龍神温泉下御殿、
先の高野山とは逆に、山間の谷にぽつんと現れる小さな温泉郷といった雰囲気です。


CIMG2543.jpg


部屋の窓の下を日高川が流れます。


CIMG2547.jpg


部屋に露天風呂がついてる部屋に泊まったのは初めてです。


で、即入浴、ちなみに龍神温泉は美人の湯で有名なところなんですが、

管理人には余り関係ないかもしれません(笑)

ただし、お湯は柔らかく入りやすいお湯だったことを述べておこうと思います。

そしてあとは食事食事です。


CIMG2551.jpg


ニジマスの洗い、湯葉山椒和え、、、、


CIMG2554.jpg


炊き合わせ、etc、、、、


CIMG2559.jpg


鮎塩焼き、、、、


CIMG2553.jpg


銅板焼、、、、


CIMG2561.jpg


ひつまぶし、、、、


その他も色々ありますが、全部乗せるときりがないのでこんな感じでしめさせてください。
量もちょうどよく、味も満足できるものでした。

何のかんのと、運転も長かったのでこのあとはすぐ寝てしまって一日目は終了しました。
明日は二日目の報告になりますので、お楽しみに。


2008-10-04(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

いつかは自転車で(笑) 

おっ、紀伊半島旅行ですか。

社会人になったら一回行ってみたいですね。
もちろん自転車で(笑)
アップダウンがきつそうですが(汗)

やっぱり旅行っていつもと違うものが見れるので、気分的にもリフレッシュができて良いことだと思います。
そんなこと言いながらも、最近どこにも行かず学校か家にいる生活を送っている僕ですが(笑)
2008-10-05 19:42 | Indigo | URL   [ 編集 ]

 

Indigoさん

じつは元々紀伊半島に行きたかったのは
以前、自転車生活という雑誌の記事で熊野三山めぐりの記事があったからなんです。

車で巡った感想として三山を巡るなら、勝浦を拠点に回るか、紀伊田辺スタートで311を抜けて行くかですね。
海沿いの42号は走りやすくて、景色も良いんですが、山の中を走る311号は車から視認しにくいため少し危険な印象がありました。

自分で走るなら勝浦スタート、那智大社、滝見物して、海際を大阪か白浜まで走るコースをとる感じをイメージしました。
2008-10-06 22:39 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索