VW maniacs BLUE filter(エアコンフィルター)

個人的には、この手の小物に懸ける日本人の情熱は世界一だと思います

そんな訳で、声を大にして言いたい(笑)


日本の科学力は世界一ィィィイィッ!!

と。


CIMG2285.jpg


、、、、いきなり突っ走りすぎて申し訳ありません。

記事の方はまともだと思いますのでご勘弁下さい(笑)

ちょうど一年前に純正のエアコンフィルターからBOSCHの物に交換した下の記事を書きました。

エアコンフィルター交換

で、また一年が過ぎましたので、エアコンフィルターを交換しようと考えた訳です。

流石にもはや純正に戻そうという気持ちはないですし、またBOSCHというのも面白味に欠けると感じてしまいました。
そんな訳で、興味があったこの製品を購入してきた訳です。

今回紹介するのは

VW maniacs BLUE filter(エアコンフィルター)

です。
VWM(フォルクスワーゲンマニアックス)は、当ブログでは何度も登場していますので、ご存じの方もあると思いますが、VW、AUDI系のショップでVW関連の通販最大手といって良い存在です。

定期的に、完全オリジナルの製品を作成することがあり、日本人的な感性で作り出されるオリジナル製品は他に変えられないものが多くあり、このエアコンフィルターもその一つになります。

純正のエアコンフィルターも、BOSCHのエアコンフィルターも基本的な構造は不織布に活性炭を入れる構造です。
コレはコレで良いとも思うんですが、オートバックスなんかで置いている国産車用のエアコンフィルターのなんというか、 科学科学した感じ の物に比べると野暮ったい感じがしてしまいます。

何より、厚手な不織布は湿気の多い日本の環境では間違いなくかびる危険性を伴うように感じていました。
そんな中、VWMで製作販売されはじめたこの製品には、そういった日本ならではの視点を感じており、興味を持っていました。

メーカーによる製品の解説はこんな感じです。

maniacs BLUE filterの特徴
Washable(水洗いして繰り返し使えます)
Optical catalyzer(光触媒採用、天日干しで除菌できます)
Clean & fresh air(クリーンで爽やかな室内環境を保てます)

光触媒(二酸化チタン)は光のエネルギーで働く触媒です。光エネルギーを化学エネルギーに変換して蓄積し、近くの有機物から電子を奪う性質があります。この性質を利用し、ニオイの元や雑菌、カビ、ウイルスなどの有機物を分解し、繁殖を防ぎます。光触媒は一定期間光が当たらなくても、その効果を持続します。臭いの原因物質を活性炭などで吸着するのではなく、フィルター内部で分解するため再放出が抑えられ、いつもさわやかな空気を車内へ送り込みます。


うん、科学って感じ(笑)

そんな訳で交換開始です。
交換手順は、上のリンク先の記事で一度書きましたので今回は省略します。

製品の外観ですが、取り外したBOSCH、キャビンフィルタープラスと並べるとこんな感じ

CIMG2288.jpg

CIMG2289.jpg

どっちが表でどっちが裏か分からないですが、
片面はハニカム構造の青いフィルター、
もう片面はBOSCHと同様の不織布によるアコーディオン型のフィルターになっています。
手に持った印象ではBOSCHの物より軽い印象をうけます(BOSCHの物は純正よりも重かったです)

交換して約一ヶ月、管理人にとってはもっとも頻繁にエアコンを使用する時期を過ごしましたが

コレはかなりの優れものです。

BOSCHのキャビンフィルタープラスを一年間使用した印象では、純正品に比べればゴルフⅤによくある 例のニオイ もしにくい、といった感じですが、基本的な印象は純正品同様です。

ただ、この製品で、まず第一に感じるのがゴルフⅤのオーナーさんなら皆さん経験があるであろう、エアコンをつけた直後のなんだか、

むぁっ とした湿気た風

が無いんです。

印象として、風がかなり軽く吹いてきます。
ニオイも皆無ですし、この調子が続くならこれはかなり良いものなのではないでしょうか。
まだ、花粉の時期を経験していませんので、その結果も見て最終的な判断を下したいところです。

値段的にBOSCHの物の倍くらいしますが、洗って乾かして使用できるなら、そこは元が取れるかもしれません。

個人的には値段と性能の比率でどちらを選ぶかと言われれば、
花粉シーズンに問題がなければ今後もこの製品を選ぶと思います。

エアコンでお悩みの方とか、交換の時期が来ている方にはこの製品をお勧めしておきたいと思います。


2008-08-22(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

これも、良さげですねぇ。是非つけたいところですが、交換のやり方はおろかフィルター自体どこに付いているのか全くわかりません(?_?)恥ずかしい限りです。
2008-08-24 10:48 | 軍鶏 | URL   [ 編集 ]

 

軍鶏さん

R32を実際に確認した訳ではないんですが、ゴルフⅤ系は交換方法なども共通ですので、助手席の足下から交換可能だと思われます。
この記事の中のリンクから、以前交換した時の手順がみれますので、参考にしてみてください。

この製品自体にも交換の手順説明が付いてきますし、かなり簡単に交換できますので、そんなに心配され無くても大丈夫ですよ。
2008-08-27 09:25 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索