ハロゲンバックランプバルブ

夏休みの工作、といったところです。
このランプについてははっきりした交換方法がWEB上で見あたらなかったので解説しておこうと思います。


CIMG2347.jpg


今回紹介するのは、

ハロゲンバックランプバルブ  MOTOR-TECHNIC GMBH

です。

ゴルフⅤ用のバックランプバルブは、今のところVWM(フォルクスワーゲンマニアックス)から出ているものと、今回紹介する Motor-Technik から出ているものの二つがあるようです。

この、バックランプバルブという品は、
そもそも一つしかないゴルフⅤのバックランプを、LEDという訳ではないですが、

より明るく、より白く

するためのアイテムになります。

Motor-Technikは、管理人がよく行くショップ、 PITHOUSE ROCO のプライベートブランドです。
別の用事で、先日お店を訪ねたときに安かったので(1.5k)ついつい購入してしまいました。

それでは、早速取り付けに移りましょう

CIMG2352.jpg

この写真は、トランクドアがあがった状態の写真です。
両端の該当部分にあるフタを外すと写真の状態になります。
フタは素手で簡単に外せますし、そもそも今回の交換作業に特に道具は必要ありません。
説明の必要はないと思いますが、ゴルフⅤのバックランプはトランクに向かって左側にあります。

CIMG2353.jpg

写真のようにコネクターを外します。
コレも簡単に外れます。

CIMG2355.jpg

一つ前の写真でコネクターを外した後、バックランプ本体を外します。
写真のように4つの爪で引っかかっている形ですので、
一つ前の写真の状態から白い本体を反時計回りに少し回してからランプ本体を取り外します。

CIMG2356.jpg

いよいよバルブの交換ですが、こちらは2個の爪で引っかける形で装着されています(矢印部分)
ですのでコレも写真の向きで反時計回りに回すとバルブが取り外せます(ランプを少し押し込む形で回すと外しやすいです)

CIMG2357.jpg

外した純正ランプ(右)と今回取り付けるランプ(左)の比較です。

取り付けは、取り外しの手段を逆にするだけですので簡単なものです。
コネクターをはめるときに少し力がいるくらいでしょうか。

全部戻して点灯確認をして終了です。

何時ものように前後の比較ですが、

びふおぁ~


CIMG2371.jpg


あふた~


CIMG2373.jpg

、、、、、こうやって比較すると結構変わっているのが分かります。

値段と、作業の手間から考えると満足度の高いモディファイだと思いました。

ところで、、、、

一人暮らしの管理人が、

いったい、どうやって、

バックランプの点灯写真を撮ったか?

、、、、、というのが今回の記事の最大のポイントと言っても過言ではないとおもわれますが、


危ないので秘密です(笑)

この記事をご覧の方々は、おうちの人に手伝ってもらってくださいね。


2008-08-14(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

☆注意事項
AT車・DSG車でギアをバックに入れたままサイドブレーキで停車させて運転席から離れることは非常に危険ですので絶対にしないでください。

↑まさか…。なはずないですよね~。

欧州車特有の,レンズが溶けるとかは心配いらないですか?
2008-08-14 22:39 | hirokick | URL   [ 編集 ]

 

hirokickさん

、、、そんな危ないことする訳無いじゃないですか~
キチンとフットブレーキで停車させていますよ~(笑)

ほら、そこはですね、ブロックとか工具箱とか鉛の棒とか、色々使用して~、、ゴホッゴホッ、、いえ何でもないです。

レンズについてはあからさまに純正品の方が強烈に熱を持ちますので、あのサイズ、あの発熱で溶けないのならこれで溶けることはまずないと思います。

2008-08-15 20:58 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索