そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

オーディオ趣味のランク付け問題

冷静に考えると、

オーディオ趣味でランク分けって難しいですよね(汗)


IMG_5950.jpg




先日ブログのコメント欄でオーディオ趣味のランク付けに絡む話がありました。
管理人の認識で管理人を図ると中の上くらいの趣味人ではないかと考えているのですが、冷静に考えてみると“オーディオ”という趣味においてランクをつけるという行為が大変難しいことに気付かされます。

例えばランニングや自転車関係などですと、フルマラソン行けるかどうかや、走破時間などでグレードをつけることもできるでしょうし、自転車に関しても競技会などは存在していますので、それぞれのカテゴリー内でグレードをつけることは可能です。
インドアでもゲーム関係などはランク付けが簡単ですし、映画やアニメなんかは試聴本数でおおよそ分ける印象でしょうか。

一昔前のお金がかかる三大趣味、車、カメラ、オーディオで見てみても、車については競技会や雑誌社主催のカーコンテストなどもありますからある程度のランク付けは可能ですし、カメラについても雑誌や品評会、最近ならネット上に公開した反響などもランク付けの指標になると思うのですが、

オーディオについてはかなり厳しい(笑)

そもそも自宅という環境があっての趣味ですから、比較、品評などの対象にはなりえませんし、求めているものが“音”という極めて客観性の乏しい内容なためランク付けは困難です。
唯一、あり得るものとしては自作スピーカーのコンテストですが、これも広く一般的なランク付けには遠いと思えます。

そう考えると、オーディオという趣味自体がそもそも評価困難な代物でランクもへったくれもないということになってくるのですが、それでもおおよそ自分の立ち位置というか、ランクを認識しておくのは悪いことでもないので、少し考えてみることにしました。


1.価格によるランク分け。

シンプルといえばこの上なくシンプル(笑)
オーディオメーカーそのものがエントリーモデル、ミドルクラス、ハイエンドを価格帯で分けてきていますので、それで基準を作るのは容易にして客観的です。
ざっくりとランク分けするのならメイン三点(ソース、アンプ、スピーカー)の合計で

~50万 初級
~200万 中級
200万~ 上級
1000万~ おーばーろーど


という感じでしょうか。
オーバーロードは超越者でも良いですし、道を踏み外せし者という意味でもいいかと思います。

確かにランク分けとしては簡単なのですが、ここだけで行ってしまうと個人の技量がまるで無視されますので、それだけで評価はまずいと思います。
そんな訳でほかにもステータスを増やしてポイント制でランク付けのほうがよさそうですね。

オーディオ趣味でステータスとして挙げられそうなものとするのなら“人” “機器” “環境” といったところでしょうか。
“人”にステータスをつけるとするのなら、継続年数と技量あたりがわかりやすいでしょうか。

~5年 初級
~10年 中級
10年~ 上級
30年~ 沼


技量関係なら

~ケーブル自作くらい 初級
筐体あけて改良くらい~ 中級
自作機器あり~ 上級


くらいで分けたらいいでしょうかね。

“機器”については、上の価格が第一になると思いますが、アクセサリー関係もステータスに入れるべきだと思います。
ここではインタコ、SP、電源ケーブル類とお考え下さい。

本体3点価格の10%未満、かつ~20万 初級
本体3点価格の10%以上、かつ~100万 中級
100万~ 上級
500万~ おーばーろーど


くらいいかなあ。
3点とはいえ、機器の数によっては大きく価格が上がりますので本体価格との比率が微妙。
プレーヤー、プリメインアンプ、SPの純粋3点でもインタコ×1、SP×1電源×2が必要なので、ちょっとした製品に手を出したらすぐ良いお値段になりますからね~

“環境”ですが、これはセッティング環境と室内環境でしょうね。

セッティングはラックやスタンドのイメージです。

一般家具あり(除くオーダーメイド) 初級
オーディオ用品のみ 中級
ハイエンドラック オーダーメード製品使用 上級


管理人はオーディオ用のラックやスタンドはオーディオ趣味の基本と考えていますので、ここは少し厳しめです。
ハイエンドラックの基準をどこにするかは悩ましいところですが、ここでいうところのハイエンドはアンダンテラルゴ以上くらいのイメージです。

さて室内環境ですが

≦貼りものあり 初級
≦置物あり 中級
≦オーディオ向けの室内工事あり 上級
専用ルーム制作≦ オーバーロード


といった感じでしょうか。

ざっくり書いてきましたが、ここまでの6項目に初級1P、中級2P、上級3P、超越5P、くらいで得点をつけて合計点で結果を出してみるといいですかね~
最低が6点、満点で28点になりますから、、、

~10P 初級
~15P 中級
~25P 上級 
25P~ 超越

と、してみると当ブログ管理人は
“人” 3+1=4P
“機器” 3+3=6P
“環境” 2+3=5P

で15P、中級の一番上ということでおおよそ管理人の認識に合致するステータスになりました。

まあ、、

管理人が作っているのですからとうぜんそうなりますが(笑)

とはいえ、ざっくりケースを組んで検討してみると悪くないかなとも思えましたので、これを第一案としてもう少し検討してみます。
ご指摘、改善案などあれば随時受け付けます(笑)

なんだかよくわからなくなって来たな~、という気分も残しつつ、
本日はここまで。








Comments 35

大聖  
にやり

大聖です。
自分は12点でした。初心者と中級者を行ったり来たり。まさにその通りな点数です。まぁ、室内環境で大幅に下げた形です。ただ、室内環境は、最近意識しだしているんですよね。市販の安物のチェストの上にオーディオボードを敷いたとしても、やはり限度が出てきたので。ただ、市販のオーディオ家具もいいのですが、デザインが・・・。最近気になるのが、匠大塚で売っている一枚物の天板(石もある)なんかを使ったテレビ台。値段的にはお高くつきますが、一生ものの家具というのは、そそるものがあります。というか、ガルネリメメントに合うんですよねぇ。
生活の中のオーディオシステム構築を基本としているので、そういったところにはこだわっていきたいと思う今日この頃です。

2017/09/15 (Fri) 20:46 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

無垢一枚板良いですよね~
世の中にクアドラスパイアとフィニッテエレメンテの間くらいの価格帯で横二台、オーディオ機器を並べられるラックが存在しないため、無垢板にクアドラスパイアかタオックのポールサイズで穴をあけてもらいオーディオラック化したい誘惑を常に抱えています(笑)

室内環境改善したらあっという間に上級っすよ!

2017/09/16 (Sat) 08:56 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
ラック

こういう設定って楽しいですね

ちょっと提案です~
金額関係は累積にした方がよくないですか?
ハイエンドをやり尽して今は自作に拘ってる~なんて方もおられるでしょうし。
S-1を使ってるだけで「上級」にランクインは違う気がしてます(笑)

ところでセッティングですが、ラックって使った方が良いのでしょうか?
現状は素材屋さんでカットしてもらったボードに平置きなんですが。
以前はAVラック(割と良いもの・左右に仕切り有り)に入れていたんですが、平置きと比べて音が窮屈になる感じがして使っていません。

もしラックを使うなら無垢板でカスタムメイドしたいです。
その方がオーディオ専用ラックより安くできるし、樹の種類や厚さで好みの音に多少はチューニング出来そうだから。

2017/10/09 (Mon) 19:41 | EDIT | REPLY |   
-  

しっぽさん

大丈夫!S1使っているからと言って最終的に上級まで行くかどうかはかなり微妙です(笑)
単純に累積にするとどのくらいの価格でラインを引くかが難しいのでそこは現用品としました。
色々やって自作に行きつくような人は確実に継続年数でポイントを上げますからそのあたりと込みですね。

ラックについてはコレが意外に難しい、
仕切り付きの品は自分も音が窮屈になるイメージがあり使っていません。

相当に床が強固で平置きできるならその状況でセッティングを詰めるのもありでしょうが、一般的な環境ならきちんとしたラックを使用するほうが音質的には良くなるでしょうね。

オーダーメイドも悪くないと思うのですが、良くも悪くもクアドラスパイアを越えられるかどうかがポイントで、価格的にも性能的にもクアドラスパイアの山が高いんです。

価格的によほど差が出るということでないのなら、趣味の人として個人的には残念なのですがクアドラスパイアがおすすめです。

2017/10/10 (Tue) 16:54 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
お餅

なかなか難しそうですが~実は簡単かもしれません。
というのも~
自作のショートピンを使ったときに効果が実感できたので「これはなかなか♪」と思っていたのですが、メーカー品との効果の差が大きくてショックでした。
初めて使ったインシュレーター(先日のチクマ製)も硬質木材ブロックとは桁違いの効果でしたし~変化が大きくて使いこなしが難しいです(汗)
結局、餅は餅屋と割り切ってしまえばいいだけの話かと~ちょっと身も蓋もありませんか?(笑)
私の場合オーディオは趣味でもありますが、それ以上に音楽を心地よく聴くための手段ですから。

部屋の床は強固ではありません~木造の二階なので。
ただ床材は古い家らしく無垢の板張り(いわゆる板の間)で音の反響は良いです。
こういう環境だと、一段ラックとオーディオボードのどちらを使うのが良いでしょう?
スペースがあるうちは平置きにしたいと考えてます。
機器の上を棚板で塞ぐのに抵抗があって~気にし過ぎでしょうか?

ランク~甘めに採点するとそうてんさんを超えてしまいそう(笑)
学生の頃にスピーカーBOXを作ったことがあったり、二つの分電盤をアナログ・デジタルで使い分けできるよう壁コンセントが大量に有ったり、DIYで防音工事をしたり、SPに影響するからとエアコンを移動しようと考えたりといろいろやっちゃってます(爆)

2017/10/21 (Sat) 20:10 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

そういうことでしたら相応のボードを準備して平置きが好結果かもしれませんね。

そしてそれは単純に管理人よりしっぽさんのほうが趣味の人として上というだけのことなのです!
ジャンルによって得手不得手がありますから、ランクが違っても教えあうことはできるという好例ですね(笑)

2017/10/23 (Mon) 16:42 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
課題

そうはいってもラックが良いですよ、と言われると思っていたので難しい課題を出された気分です(汗)

ボードの事なんてさっぱり分からないので、お店でいろいろお話を聞かせてもらってきました。
お店の方もラックよりボードが良いと言われて、もし購入を考えるなら「arte MMS-C」を覚えておくと良いですよとアドバイスしてもらいました。
スリムな割に無垢材の2倍以上と高価なボードだなぁ・・・それにしてもどこかで見たような?
帰ってきてPC見て分かりました~そうてんさんがシグマスにお使いのボードですね。
これも縁なので、またの機会に試聴できるか聞いてみようと思います。

趣味の人として上だなんて、とてもとても(大汗)
古い家なので必要に迫られてやってるだけです。
自作なんて小学生の工作レベルですから~文章にするとりっぱですが(笑)

2017/10/25 (Wed) 20:13 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

何のかんの言ってarteというかエミライのアクセサリーは比較的癖がなく無難な製品が多いです(笑)

MMS-Cも良いと思いますが、床に置くのでしたら高さの制限がありませんのでわざわざ薄型を選ばなくても選択肢多いっすよ!

2017/10/27 (Fri) 18:04 | EDIT | REPLY |   
大聖  

大聖です。

そうてんさん
エミライさんのアクセサリー(自分の場合G-RIDE AUDIOのアクセですが)は無難で癖がない、
確かにその通りですね。
以前いくつか試しましたが、強力なキャラクターによる音の変化を求めると肩透かしを食らいますね。
システム全体的にちょっとずつ調音するようなイメージで使う形のほうが自分的にはあっていました。
ようは使いどころですよね。
オーディオアクセサリーはそれを想像と実践で理想の音にするのが醍醐味ですし。

しっぽさん
自分のオーディオスペースではできないので、床直置きとは羨ましいかぎりです。
個人的には、直置きシステムの足回りにはカイザーサウンドの敷くだけの簡易オーディオフロアー
なんかに憧れます。


2017/10/31 (Tue) 11:38 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

管理人のエミライイメージもそんな感じです(笑)

しかし床置き環境、良いですよね~
オーディオ用の床材というか巨大ボードというか、そんな製品はカイザーとあと名前忘れましたがもう一種あったように思うのですが、転居のたびにどうしようか考えて結局決行していないアイテムです。

よいであろうことは容易に想像できるのですが、足の爪が破損しそうな未来が見えまくったのが難点ですね~

2017/11/01 (Wed) 15:55 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
床置き

そうてんさん&大聖さん

オーディオ専用ラックは高価で手が出しづらく「しかたなく」平置きにしていたので、そんなに良いものという認識はなかったです。
床の構造は~コンパネ→骨組み→床板の二重床で合計5㎝位の厚みです。
床材はカイザーさんの「フロアー」とよく似てますが長さが4mで、それを横に何枚も繋ぎ合わせて部屋全体に敷き詰めてあります。
部屋の周囲は梁で支えられていますが、中央は支柱など無いので結構振動します。
こんな感じの床なのでイメージされてるほど良いものではないかもしれませんが、相性の良さそうなボードがありましたらアドバイスください。
(床置きなので厚手の方が良いかもしれませんね。)

ところで「スパイダーシート」って使い始めてから音が落ち着くまでにどのくらいかかるでしょう?
ボードのお店で買ってきて御影石(SPボード)の下に敷いていますが、何となく不安定な(過渡的な)音なので。

2017/11/04 (Sat) 18:51 | EDIT | REPLY |   
大聖  
No title

そうてんさん
床材の末端にスポンジをすれば足の爪は持つハズ・・・??
まぁ、掃除機がかけ辛いとか弊害は多々ありますよね。
素直にオーディオボードをやるのが今のところベストなのも??
Ge3の大地F(キット)あたりを考えてみようかしらん??

しっぽさん
スパイダーシート、やっちゃいましたか・・・。あの音がスパイダーシートの音です。
御影石とスパイダーシートの組み合わせは、若かりし頃やっていましたが、音、良くないです。
おそらく、効果としては、フローリングが滑りやすい環境では効果がありそうですが、
そうでないならやらない方が良いです。ゲル系は扱いが難しいので、使いどころ要注意です。
あっ、アイソレーショントランスがうなるとかの環境には効きそうな予感はしますけれども。
お勧めは、よくホームセンターで売っているパネル式のカーペット材。
これを御影の下に敷くと御影特有のキンキンした音が取れます。
スパイダーシートをどうしても使うのであれば、そのカーペット材の下に敷いてあげるのが
ベストかと。
ちなみに自分なら床の上にサンシャインの薄型シート(大)を敷いてインシュレーターで
音を調整します。ダイレクトな床振動を抑えるならwindbellがおすすめデスヨ?

2017/11/05 (Sun) 09:25 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

ある程度セッティングが煮詰まればケーブル同士の干渉の回避や配線の余裕で音をよくすることが出来ます。
そうなったとき、機器同士の感覚を開け、余裕をもって設置ができる床面設置は利点が多いと思われます。
事実、特に外観をいとわず音の良さを最優先にセッティングを詰める方の多くは床面設置の人が多い気がしますね。

スパイダーシートは、、、、落ち着きませんね(笑)
福田屋で高く評価された品で管理人も雑誌で紹介された直後に導入しましたが現在一切使っていません。
構造が一定ではないのと高さも微妙にズレが有るためか相当重量のあるものを載せても音が不安定になりがちですし、滑り防止機能が強力で使ってしまうと機器の位置移動が困難になるためすぐ使わなくなりました。
滑りの防止や、ピーキーな音の緩和などには使えるかもしれませんね~

管理人が御影石を使っていた頃はブチルテープとテフロンシートを使ったなんちゃってボードやソルボセイン板+テフロン板を直接貼ったりしていました。

2017/11/06 (Mon) 13:43 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

一般的な環境なら現状しっかりしたラック+インシュレーターくらいの選択肢しかありませんよね~
すでに生産終了品ですが管理人が使用しているTAOCのオーディオラックサイズのアンダーボードはかなりの良品で管理人のオーディオ趣味に欠かせない品なのですが、アレと同じ用途に使える既製品が世の中にないのが残念で仕方ありません。
イベントのたび、TAOCの人に新製品作ってと叫んでいるのですが、現行のボードであのサイズを作ると重量がとんでもないことになるといわれています、、、、、

スパイダーシートは、、、、うん、だいたい同じ感想です。

管理人ならそもそも御影石以外の選択肢を考えに行くやもしれません(笑)

2017/11/06 (Mon) 13:53 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
取り急ぎ

そうてんさん&大聖さん

おかげさまで心置きなくシートを取り外せます。
書きたい事がいろいろあるのですが、ちょっと時間なくて~後日改めて。

2017/11/09 (Thu) 00:07 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
失敗は~

さらなる音質向上へ繋がるみたいです。

ほぼ元の形に戻したのですが、その際に試したこともあって結構いろんなことが分かりました。
御影石を直に床板に置くと音(特に低音)が下に抜けてしまうため、カーペットの挟み込みは必須。
カーペットは百均の固くてぺライ物(あまり分厚いものは使いたくなかったので)ですが悪くなさそう。
ちなみに裏返しで使う方がしっくりきます。
システム全体をきっちり平置きすると、音の重心が下がるというか安定感が増す感じです。
パワーアンプに使ってるブビンガ材はエントリーレベルとしては問題なさそうだけれど、CDPとプリのパイン集積材は少し音が「にごってぼける」ようでした。
あと何度もSPを動かすので位置合わせが大変だったのですが、鏡をSPの上に置いて写り込みで合わせてやるとメジャーだけのときより上手く合わせることが出来ました。

そんなこんなで音は良くなるし床置きについての理解も深めることができて、今回も得るものが多い失敗でした。

確かに平置きは自由度が高いのでケーブル回し優先になりますね。
その分、見た目はちょっとよくないです。
パワーアンプはSP側を背中にして横向きだし、プリは斜め向いてます(爆)
SPの足回り~
最終的にはGe3のボード(キットの方)を試してみたいです。
「windbell」は高さ(物理的・経済的)があるのでS-1に使うのは難しいかもしれません。
もう少し低いものがあると何とか。

ところで「ランク」とは違うのですが、自宅の「音」のレベルを客観的に評価する方法ってないものでしょうか?
今は試聴会などの音を覚えて聴き比べるくらいしか・・・。
ある程度の目安があると進めやすいというか「歯止め」になるのですが(笑)。

2017/12/10 (Sun) 18:26 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

トライ&エラーの繰り返しは自分好みの音を作り出していくうえで必須ともいえますので、良しあしというのではなく、好みの音に向かう知見が得られたのなら素晴らしいことだと思います。

レベル評価は、、、、無理じゃねっ? という感覚です(笑)

あまりに個人の嗜好に左右されがちな趣味のため、露骨な音像のずれやスピーカーの存在が消えないステレオイメージの形成不良など、基本的な部分くらいは評価対象にできるでしょうが、それ以外、出音としての評価は無理でしょうね~

ショップや個人宅などで好みが合ってかつ自分よりハイレベルな音が聞けた場合に限り、その“好み”のカテゴリーで彼我の差(価格、出音)を推定するか、機器搬入などの際に店員さんに確認、評価してもらうくらいですかね~

わりとこの趣味をされる人に好き嫌いを良し悪しと混同して語る人が多く、個人としての他人に評価してもらうというのは結構なリスクですし、好みの方向性が違った場合や、濃い人に指導されているうちに自分の好みが見えなくなることもあり、基本的には自己判断にならざるを得ないと思います。

管理人自身、いわゆる歯止めは機器購入時グレードダウン禁止や、エージング期間の長期設定などはっきりした部分でのみ行っており、出音での管理はしていません。

究極の自己満足ともいえる趣味に足を突っ込んだ不幸を堪能しつつ、振り回されないそれぞれの付き合い方を検討していくしかないのではないでしょうか(苦笑)

2017/12/11 (Mon) 16:20 | EDIT | REPLY |   
大聖  
No title

大聖です。

そうてんさん
EVO3 SIGMASの話題が出ていたので、ウチの子(中村製作所の『AVT-82SP』)ももっと出来るハズ!!ということで、年末年始のお休みを使ってコンセントと内部配線の交換を企てています。オーディオ用途ではアースからの回り込みノイズを避ける為、HubとNASの1次電源として使用しているくらいで、TVやハードディスクレコーダーなど、主にAV機器用で使っています。とりあえず、ケーズラボさんの所のコンセント(金メッキと無メッキ)に2つとも交換して、インレットをオヤイデの物に交換(ほんとは手持ちのフルテックのインレットノイズフィルターをあてがいたかったのですが、入らないので)。で、内部配線を既存のものからオヤイデのFF-20 V2へ変更してあげようかなと。内部配線は銀単線も考えたのですが、あまり抵抗値が低いものを入れてもまずいかなと思って、ピッカピカの銅線、精密導体 “102 SSC”でいこうと考えました。エントリークラスと上位クラスの差をどの程度埋められるか楽しみです。というか、材料だけでもう一台買えそうな勢いですが。

しっぽさん
Ge3の世界へようこそ!
ちなみに自分も最近スピーカーのインシュレータ―をチタンインシュレータ―から”雲泥・うす”に変更したのですが、いい感じに鳴りだしましたよ。
あそこの商品はゲゲゲなイメージがヒジョーに強いですが、なぜかわからないけれども効きますヨ?
Ge3といえば、壱百弐拾倶楽部なる市販のもので良い物を紹介している兄弟サイト(??)があるのですが、
非常に面白いです。安い物も多いですし。先週の土日にここで紹介されているロボットケーブルなるケーブルとプラグを使って電源ケーブルを作ったのですが、結構良い感じに(どことなくベルデンの音質っぽい)鳴りまして、あまりにも良い鳴りっぷりなのでAVアンプ(TA-DA9100ES)のケーブルはこれに交換してしまいました。この価格ではありえない音なので、非オーディオの友人たちに布教用に配ってみようかと思っています。

2017/12/11 (Mon) 17:01 | EDIT | REPLY |   
大聖  
音の出方

大聖です。

最近オーディオ工作ばかりやっているせいか、自分の音が見えてこなくなることがしばしばあります。
なので、今度試してみようかと思うのは、ピンクノイズの再生のみで高低音の出方を測るという方法です。
効果を確認して、これだと思うところで、初めて自分の好きな音源をかけてみるというのも面白いかなとも思います。

ところで・・・アイソレーショントランスの内部配線ですが、やはり我慢が出来ずにφ20mmの銀単線を注文してしまいました。こうなった以上もう戻れないので、きちんとテスターでチェックして丁寧に作業しなければ・・・と決意した今日この頃です。

2017/12/15 (Fri) 16:32 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

自分の音の好みが見えなくなることって、この趣味をしている人の中には意外と多い気がします。
車、カメラ、オーディオの元祖金のかかる趣味の中で、明らかにオーディオという趣味にそういう人が多いのは興味深いところではあるのですが(苦笑)

しかし、管理人のコメントが間に合わないスピード感が素敵です。
趣味は楽しめることが第一ですから結果として楽しいと思えている限り良いことだと思いますよ~
掛けたお金に対する反省とかは後からでいいんです!多分。

Ge3はケーブル類こそ個性の部分で管理人の嗜好と少しずれますが、アクセサリー類は唯一といえるものがいくつかあり、しかも副作用が薄めなものが多いのが素晴らしいです。
今年はケーブル類の新製品が多かったのですが、またほかにないアクセサリーが出てくるのを期待して待ちたいですね。

2017/12/15 (Fri) 16:50 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
デフォルト

私の場合、音が見えなくなるとSPケーブルを「SAEC SPC-350」に交換します。
勝手に「デフォルト」と呼んでますが、モニターっぽい高解像度の音質になるので見極めに便利です。
SPケーブルは以前に選んでもらった三種類を状況に合わせて使い分けてます。
エージング期間中は音が固く(淋しく)なるのでオルトフォン(やや装飾的)、落ち着いて来たらゾノトーン(バランスが良い)~こんな感じです。
最初に買ったブラックロジウムは合わなかったのですが、おかげでSPケーブルのシステムに対する立ち位置(影響力)が少しわかりました。
これも「有意義な失敗」だったと思います~あのときはありがとうございました。

と具合よく使えてるSPケーブルなのですが、現状50cmなのを1m程に延長したい(パワーアンプを少しスピーカー本体から離したい)と考えてます。
まだ使ったことのない「モンスターケーブル・NMC」を試してみようと思っていたら~「ワイヤーワールド・Horizon」←こんなケーブルもあるのですね。
捜せば他にも出てきそうなのですが、上記の三種類の後に試して面白そうなものってあるでしょうか?
最終的にはサブシステムかTVモニター用にしたいので、あまり尖がった物は困りますが。

Ge3はボードの他に要石(仮想アース?)も気になりますが、私にとっては最終兵器レベルなので辿り着くのはまだまだ先の話になります~でも、いつかは!

音質のレベル~やっぱりそうですよね。
自分一人で考えてるとモヤモヤしてしまうので、「無理です」って天の声があると割り切れていいです。
歯止め~当面は最低限のアクセサリーでセッティングを進めようかと「シグマス」は見送り、電源タップも保留(沢山ある壁コンセントで対応)にしました。
エージング期間は頑張って1か月ほどを確保していますが(理想は3か月)なかなか大変です。
知識が増えてくると、いろいろ手を加えたくなります(笑)

絶縁トランス(トタンス単体)はサブシステムのCDPに使っています。
メインCDP用に100AVの小さい物を買ったのですが、音痩せするので使えませんでした。
サブのCDPはSW電源なので有効なのかもしれません~効果のほどはシグマスの20%程度ですがケーブル類を見直してやると改善しそうですね。
ロボットケーブルは前の職場の製造部門でよく使われてました~可動アームのモーターやセンサーの配線用に。
確かにコストパフォーマンスは良さそうですね~汎用工業製品で大量生産されてるでしょうから。

2017/12/16 (Sat) 13:06 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
追記

質問が以前のと被ってますね~進歩がない(汗
モンスターとインアクースティックを試してみるのが良さそうですね。

2017/12/18 (Mon) 18:32 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

個人的にはそのクラスではすでに相応の経験を積まれているので、もう少し上のクラスの製品を試したほうが良いように思います。
オーディオ機器についてもそうなのですが、同じくらいのクラスで横移動を続けると変わることがわかってもレベルが上がるという体験がしにくくなってしまい、わけがわからなくなることが起きがちです。

そんな訳で個人的には切り売りでも作り付けでも構いませんので、好みの方向で1、2グレード上の製品を試してみることをお勧めしたいと思います。

2017/12/19 (Tue) 08:53 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
レベルアップ!

それほど経験を積めたとは思いませんが、もっともなお勧めなのでゾノトーン・6NSP-Granster 7700αを発注しました。
ただエージングに、「最低24時間通電で一週間(目安)」とのことでレベルアップも大変です。
(前園さんて方からメール頂いたのですが、もしかして代表者さん?~前園ラボだし)

SPケーブルはこんな具合ですが、壁コンセントも取る場所を変えてみたりするだけの繰り返しになってしまってるようです。
ココは思い切ってレベルアップをと、勢いでチクマさんに電話しました(笑)
それなりに上位の機種を使用していて最終的に「上」を目指すのであれば、あれこれ悩むより始めから最上位の物を買っておかれることを勧めるとのことでした~下位と上位では割と差があるそうです。
モニターセール中(予算的にギリギリセーフ)なので買っちゃおうかな~なのですが、前々から気になることが一つ。
電源てアナログとデジタルは別々のコンセントから取った方が良いですよね。
拙宅でも別で取っていて音質も向上しています。
それを同じタップから取ることになるのは少し心配なのですが。
長らく愛用されてるのだから今更な質問とは思いますが、気にすることはないんでしょうか?

2017/12/21 (Thu) 19:06 | EDIT | REPLY |   
大聖  

大聖です。

そうてんさん
好みの方向で1、2グレード上の製品を試してみる~というのは、きわめて正しいですね。
もしくは、オーディオ熱の対処療法として考えると、いままでアプローチしてこなかったアクセサリー系
を試すのもアリだと思います。ただ、やりすぎるとさらにオーディオ熱は悪化しますので要注意?!

しっぽさん
前園さんって、おそらくあの有名な前園さんですね。
いやはや羨ましい。
ちなみにグレードアップを狙ってのケーブル交換に関しては、経済性を考えると、ある一定のクラス(目安としては完成品で定価10万円以上)以下は自分はあまりお勧めしません。
自分もとっかえひっかえしていた時期がありましたが、今思うと、それをやるくらいならドンとフラグシップを買って調整した方が後々幸せになれます。でもまぁ、手を出しやすいものに流されるのも楽しいんですよね。
あと、国内のケーブルメーカーよりも海外のケーブルメーカーの方が個性が強くて面白かったりします。
ちなみにゾノトーンは前園さんがガッチガチの技術畑の人なので、国内メーカーとしてはアリだったりします。
自作は・・・導体の変化を楽しむ勉強の場としては最高です。ケーブルの音質を導体と構造である程度想像出来るようになればしめたものデス。

チクマに関しては、試してからでも遅くはないかと・・・。けっして悪くはならないとは思いますが、それぞれのシステムの問題点がどこにあるのかを調べてみて、その製品が自分の問題点にカチッと合うかどうかを見極めをしてからの方が費用効果は高いと思います。

アナログとデジタルの電源の取り方・・・。
自分は、アナログは電圧優先なので壁から、デジタルは対ノイズ優先(アイソレーショントランスから)で取っています。というか、アナログはあまり影響しないのですが、デジタルは繊細なので、アナログから発生する振動に機敏に反応します。なので、振動を避ける為、離してあげた方が良い結果を生みます。
ちなみに同じ理由でケーブルも、アンプ系は銅等のより線、デジタルは銀もしくは銅の単線で選んでいます。

2017/12/22 (Fri) 10:30 | EDIT | REPLY |   
大聖  
アイソレーショントランス

大聖です。
連続投稿です。

中村製作所のアイソレーショントランス、内部配線とコンセントを交換してみました。
ケーブルは銀単線2mm(これは針金ですね。どう見てもケーブルではないです)とケーズラボのSPP-Gです。
銀単線は銀磨きで磨いた後、もあれプラチナプラスを塗布後樹脂チューブを被せました。
コンセントの接点やそれぞれの接点も、もあれプラチナPlusを塗布。
震動しそうなところに、ミルフィーユ(レゾナンスチップよりも安くて効くので面白いです)を貼ってみました。

効果は・・・アイソレーショントランス、オーディオ一軍復帰です。それぐらい変わります。
オーディオ用途としてはNASとHUBにしか使っていなかったのですが、音に色気と雰囲気が加わり、
かなりビビりました。TVの画質もノイズが減り、色の表現が濃くなります。

2017/12/22 (Fri) 10:51 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

とても良い選択だと思います。
しっぽさんの機器構成ですと、安価な切り売りSPケーブルは確実にボトルネックになりますので、好みの部分はあるでしょうが、かなりの改善があったのではないでしょうか。
前園氏は以前、ケーブルの試聴イベントでお話を聞いたことがありますが、熱いおっちゃんという感じでした(笑)

電源ケーブルのデジアナ分離は相応に有効な手段ですが、分離の程度やそれぞれのタップ関係のグレードなどで結果が左右されがちです。
管理人は以前、CDPを光城のFAIRYからとり、アンプ類をタップからとっていたのですが、現用のチクマから全部取るほうが圧倒的によく、今の状況になりました。
フラッグシップのタップとケーブルを二組準備できるのなら最良でしょうが、片側のグレードを下げたりするのなら結果は試してみないとな部分がありますね~
個人的には今の状況に特段問題を感じてはいないっす!

2017/12/22 (Fri) 15:18 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

順調にゲゲゲ道に邁進されておられるようで素晴らしいです!
すでにGe3使いとしては管理人より上ですね。
ビジュアル系はオーディオ系より結果がわかりやすいのですが、相当な効果があったことが伝わってきます。

接点復活材関係はカーボンダイアトニックの緑から始まって本当にいろいろ使いましたが、もあれプラチナ+はそのジャンルとしてもGe3製品の中で見てもお勧め度の強い一品だと思います。
近く、既製品ケーブルのモールド端子をばらしてプラグ交換しようと思うのですが、その際はがっちり使用してみるつもりです!

2017/12/22 (Fri) 15:32 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
年末年始

SPケーブルは現在、エージング中~年内いっぱいで200時間位を目安にしています。
初音出しは区切り良く新年からなのですが、なかなか太いケーブルなのでYラグをどうするか思案中です~素の音を聴いてからの判断?
ボトルネックは沢山あると思うので、それほど気にしていません(笑)
今の音質にあまり不満はないのです~まだまだ未完成なのが分かっているので少しづつ良くしていければいいかなと。

前園さんて、そういう方だったんですね。

チクマ~発注してしまいました(汗)
試聴していないので方向性が合ってるか少し不安はありますが、そろそろタイムリミット~2月にエアコン工事で屋内配線を見直すので、それまでに電源周りの配置(壁コンセント)を決めておく必要があります。
壁コンセントを制振補強したときと同じ変化なら問題ないのですが、効果が大き過ぎたときが心配です~馴染めるかどうか、あと「何でもかんでも制振したい病」に罹らないかどうか(爆)
届くのは10日頃の予定です。
年末年始は避けてもらいました~忙しいしSPケーブルの音出しと被ってしまうので。

デジアナ分離は絶対条件ではなくて相対的なものなのですね(オーディオの難しいところ~ケースbyケース)
それにしても「圧倒的」というのがサブシステムにも欲しくなりそうで怖いです。

2017/12/26 (Tue) 21:09 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

あけましておめでとうございます。
Yラグの追加は何より利便性の大きな向上がメリットです。

裸線ですとつけたり外したりを繰り返すとどうしても劣化が目に見えますが、末端処理をきちんと行うとそのあたりの対応も不要になりますので、個人的に特に高めのケーブルにはつけておくのをお勧めしたいですね。

チクマ到着ももうすぐですね!
悪い結果が出るような品ではありませんから、楽しみに待つ感じでよろしいかと(笑)

なんでも制振したい病は多くのオーディオ趣味人が一度は罹患しますが、ほとんどの方はやりすぎがマズイということにすぐ気が付きますのでむしろ積極的に一度かかってみるのも趣味人としてはアリかと思います。

それでは今年もよろしくお願いいたします。

2018/01/05 (Fri) 15:21 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
SPケーブル

そうてんさん

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

SPケーブル~今は良い音で鳴ってますが予想外に大変でした。
十分にエージングしておいたので、最初の音出しは「ケーブルでこんなに変わる?!」という驚きだったのですが~慣れてくると違和感が・・。
音のスケール感と厚みは大きくなったのですが抜けが悪いし解像度も今一つです。
もう少し「鳴らし・慣らし」が必要なのかと2~3日様子を見ても・・??
結局、即席のケーブルインシュレーター(チクマ・インシュ on 樹のブロック)を入れることで解決しましたが悩みました(汗)
前のケーブルは50㎝と短かった(空中配線状態)ので問題なかったのですが、今回のは長くなったし太くて重いし具合が良くなかったようです。
元の寸法(50㎝)に短くした方が良いかも~なのですが、その場合はパワーアンプの耐振強化(スピーカーに近くなる分)にオーディオボードが必要になりそうで出費が…。

Yラグはホームセンターの物をメッキを剥し、接地面を磨いて仮使いしてます。
最終的には音質に合わせてメッキ等を選んで代える予定です。

制振~過ぎたるは・・・ですね、ほどほどにしなければ。
チクマ~すごい物を買っちゃったので、未だに実感がわきません。
届いてから焦りそうです(笑)

ところで ↑ のオーディオボードですが、タオックの「サウンドクリエイトボード」二枚組なんてどうでしょう?
価格的にはクリプトンかタオック辺りで押さえたい~二枚要るので(泣)

2018/01/05 (Fri) 20:09 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

しっぽさん

ケーブル類が床面やラックに接していると意外に大きく音に悪影響が出ますので、適当なものでも床から浮かせるのはメリットが大きいです。

ケーブル類は物理的に考えれば短ければ短いほど良いでしょうが、経験上SPケーブルなら1mくらいまではあまり差がなく、3m越えると影響が大きい気がします。
音の反応がわかりやすいということはクオリティが高い証明でもありますので、あえて短くするよりしばらく今の状況で見てから考えてもいいと思いますよ~

TAOCのボードは現行の厚いタイプのものならどれもお勧めですが、旧世代のものだとするのなら現行品との差が大きいのであえてお勧めはしません。
床置きのパワーアンプに使うなら薄さはいりませんので、長く使えて重量感のあるしっかりしたものを選ばれるといいかと思います。



2018/01/09 (Tue) 14:34 | EDIT | REPLY |   
大聖  
びっくり電源アクセサリ

大聖です。

最近のオーディオマイブームは電源系に偏っているのですが、
凄いのを発見しました。

年末に発売された”iPurifier AC”。
これ凄いですよ!!

差した瞬間、音場の広がりと情報量の増加、空気感すべてが良い方向に鳴りだしました。
思わず3つ(アンプ、LINN DS、BDプレイアのコンセントに一つずつ)も買ってしまった上、
さらに2つ追加(PC用と一般コンセント用)の予定です。

ひと聴きで効果がわかります。今までのフィルター系のような音が痩せる等の
デメリットを感させません。デジタルにもアナログにも効き目があります。
自分の環境で唯一、効き目が良くなかったのはアイソレーショントランスと同じコンセントに差した時
だけです。(アクティブ型なので、アイソレーショントランスの波長にあわなかった??)

というか、オーディオ専用電源工事したのに、この手のアクセサリーが効くって
どれだけウチの近所は電源汚染が進んでいるやら・・・。

2018/01/15 (Mon) 16:26 | EDIT | REPLY |   
しっぽ  
ゆっくりと

ちょっとバタバタしてしまってるので、ブレーキを掛けながら「長く楽しめる」ものにしていきますね。

「チクマ」届きました!
バタバタの原因ですが、この件は別のところで書きます。

2018/01/15 (Mon) 19:53 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

大聖さん

iPurifier AC、タイミングが良いというか悪いというか、、
管理人宅にも一つありまして、金曜ぐらいに記事にしようかと考えていました(汗)

買い増ししてみるのもいいかな~、などと思う程度にはいい製品だと思っています。

詳しくは後日、、、

2018/01/16 (Tue) 13:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください