メアリと魔女の花

夏映画の中でも公開前からの話題が豊富な作品ですが、管理人は楽しく見られましたので

単体で記事にしてしまいます(喜)


IMG_5617.jpg




そんな訳で本日紹介するのは

メアリと魔女の花

2017年7月8日公開になったアニメーション作品で監督は米林宏昌、スタジオジブリの制作部解体後に関係者を主体に設立されたスタジオポノックによる長編アニメーション作品で、原作はイギリスの童話とのことでした。

ストーリーはこんな感じ、

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。
それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。 
一夜限りの不思議な力を得たメアリは、エンドア魔法大学への入学を許されるが、メアリがついた一つの嘘が、
やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。

~パンフレットから抜粋~


ジブリっぽいけどジブリではない、
悲しいかなこの作品は頭からそういう目線で見られることを余儀なくされています。

キャラクターデザインなどもそうですが、作中でも過去のジブリ作品に対するオマージュを感じられる場面が散見されるのも、またその感覚を強調しているといえなくもありません。

管理人は原作未読ですが、童話原作のファンタジー映画である以上、物語の構造は比較的シンプルで、比較的ストーリーにかかわる人物を絞った構成もまたシンプルな印象を強めてきます。

そのあたりの経緯からか、結果として管理人の感覚からすると意外なほどに一般的なレビューが振るわない印象なのですが、頭の中から“ジブリ”を除けて考えると大きく感想が変わります。

シンプルで起承転結のはっきりした、わかりやすく理解しやすいメインストーリー、随所にみられる象徴的な場面、美しい映像美術、音楽の良さと、正直これを書いていて、

何を不満に思うのかよく分かりません(苦笑)

比較的早い時間の上映を見ましたので、子供連れも多かったのですが、映画館で子供が多くいるのに中座もなく最初から最後まで長編映画を見ているというのが何より雄弁にこの作品の良さを語っているように思いました。

ここ数年、キャラクターものではないアニメ映画がかなり多く作られるようになりましたし、管理人個人としても楽しくみられるものも多くあるのですが、低年齢層が理解して楽しんでみられそうな作品はそれほど多くはありません。

ジブリの作品にしてみても近年の作品を頭に浮かべてみて、低年齢層へはっきりと意識を向けている作品はそれほど多くないように思います。

ただ、今作ははっきりとわかるほどにそちらに意識が向いています。

ジブリを脱し、新しい場所で、過去への敬意をもって、新しい種を育てようとしている。

なんというか制作陣のそんな心意気を強く感じることができました。


IMG_5618.jpg


そんな訳で管理人の感想としては新しい歩みを感じられる良作、という感じ。
スタジオポノックの次作ではキャラデザも含めさらに一歩進んだ作品が見られることを期待したいと思います。

それでは本日はここまで。






2017-07-14(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索