季刊オーディオアクセサリー 164号

新しい素材が世に出て、色々と新しい動きが出てきました。

なんだかとても楽しみです(喜)


IMG_4955.jpg




そんな訳で本日は当ブログではおなじみの雑誌、

季刊オーディオアクセサリー 164号

の紹介です。

AA誌は今年41年目ということで、新しい企画を順次起動していくとのこと、
今号はその説明などが主体で、構成自体は例年通りなのですが

内容は濃かったです(喜)


IMG_4956.jpg


コチラはテクニクスのネットワークプレーヤー付プリメインアンプ“SU-G30”
対となるリッピング機能付きサーバーST-G30と組み合わせれば最小構成でネットワークオーディオを完結させることが出来るのですが、それ以外の製品にも対応しており、言葉以上に意欲的な製品であるように思われます。

当ブログ管理人がPCオーディオ環境の構築に消極的なのはメディアに対する信頼性というのもありますが、システム構成に必要なものが意外と多いというのが、できるだけシンプルにシステムを組みたい管理人の嗜好に引っかかっています。

この分野も熟成が進んできたイメージがありますが、PCオーディオに必要な機能をいくつかまとめた機器は今後増えてくるでしょうし、いずれ管理人が手を出すタイミングも訪れるかもしれませんね。


IMG_4958.jpg


コチラは昨年秋のイベントで多くの人に衝撃を与えたSTROMTANKのクリーン電源です。
今号は驚くほど電源関係の記事が厚くなっており、そこだけでも満足度は高めです。
これらの記事群がムックに丸々移植されるとそれはそれでダメージになるのですが、、、、(苦笑)


IMG_4959.jpg


定期連載の福田屋さんですが、今回のネタは“バーチャルアース”
近年のオーディオアクセサリーというジャンルの中でトップを争う怪しいジャンルの製品を集めてレポートしている今号の記事は見ごたえ十分、管理人宅で使用中のGe3製品も登場しており、まさにこのジャンルを網羅した記事という仕上がりになっていました(喜)


IMG_4960.jpg


色々見どころの多かった今号なのですが、管理人の興味をもっとも引いたのは、この小さな囲み記事、

PCOCC亡き後のオーディオ向け銅線として14年に登場したPC-Triple Cですが、それに銀コートをかけた新しい導体、PC-Triple C/EX(Pure Copper-Continuous Crystal Construction/EXTRA)が登場し、さっそくサエクが製品化するという内容です。

銀コート銅線というカテゴリーはハイエンド含め広く使われているジャンルですので、新しい銅導体に銀コートというのはある意味当然でてくる形です。

サエクは管理人の中で相当固い、というか堅実なメーカーという印象なのですが、その製品は基本的に外れることがありません。
正直、50万までの国内メーカー主体でオーディオセットを組んでいる人にとって、サエクの上位製品は誰にとっても80点台後半以上を出せる選択肢だと思います。

一つ一つの製品の息も長いこのメーカーが、メーカーのフラッグシップとして、かつてない価格帯で新しい導体を使用したケーブルを出してきたという現実はRCAケーブルに縁の薄い管理人ですら強い興味を感じてしまいました。

価格的には海外ケーブルメーカーのミドルクラス程度の価格帯ではありますが、

間違いなく相当良い製品になると確信します。

バランスケーブルが出ていたら正直危険だったかもしれませんが、現時点ではRCAのみですので、一応評判を確認する余裕はできたみたいですね(汗)

この新しい素材がどれ程の代物か、久々にアクセサリーに興奮させられている事実を楽しみつつ、
本日はここまで。




2017-02-27(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

PC-Triple C/EX 

大聖です。
そうてんさんの予言(笑)通りサエクから来ましたね!
うん、とっても楽しみです。

ところで、今季号についていた寺島レコード、お聴きになりました??自分的にはミキシング?の方向性の違いかイマイチ好きになれませんでした。同時期にティートックスタジオ録音のKBS TRIO レゾナンスというアルバムを聴いいたせいもあるのかもしれませんが、こればかりは好みの問題なんですかね。
そういえば、ウチの環境ってラインケーブルやSPケーブルは銀線やオーグ線のケーブルばかりなのですが、昨日オーディオクエストの手ごろなケーブル(マッケンジー・・・クリスティーナではありません)を手に入れたので試しにきいてみたのですが、銅線ケーブルもわるくないですね。銀線の音に飽きてきたので、久々に銅線ケーブルに入れ替えてみようかなぁ。それとも空気感をあげるためにスーパートゥーイータを入れるか・・・ちと悩み所です。
ちなみにそうてんさんのおすすめRCAケーブルやスーパートゥーイータってあったりします??
個人的には、スーパートゥーイータに関してはZ501とかHC-ST077とかが手ごろで気になると事なんですが・・・。
2017-02-28 10:05 | 大聖 | URL   [ 編集 ]

 

大聖さん

寺島レコードは良くも悪くも独特ですしね~
オーグライン使用中の管理人が言うのもなんですが、ケーブル関係は最終的に銅+αに至るような気がしています(苦笑)

スーパーツィーターに関しては村田製作所が出していた丸いやつには興味を惹かれましたが、他は見た目にそれほど惹かれなくて、、、
あ、でもキットヒットはちょっと外観に惹かれなくもないです。

おすすめRCAケーブルですが、サエクはきわめて汎用性が高いケーブルメーカーだと思っています。

同じ素材でもナノテクとかアコリバが作るとキャラが強くなるので色々な意味で今度出るケーブルには期待しています!
2017-03-01 19:27 | そうてん | URL   [ 編集 ]

Z501 

お値段も手ごろなのでZ501っていうスーパーツィーター入れてみたのですが・・・コンデンサの入れ替えにハマってしまいました。デフォルトの音がサ音がきつかったので、容量を低めのコンデンサに交換・・・それでも満足出来なかったので、別メーカーのフィルムコンデンサ(オーディオグレードの銀使用のやつとか)をいくつか買いあさり、半田こて片手にとっかえひっかえしてます。そして、musicDDの存在を思い出し、現在オーディオグレードのオイルコンデンサを物色している最中です。いやぁ、オーディオケーブルより性格がはっきり変わるので面白いです。何となくですが今までケーブルでやっていた音の調整もコンデンサだけで出来そうな勢いです。これを機にスピーカーネットワークの勉強を始めてみようかなぁ。
2017-03-13 16:15 | 大聖 | URL   [ 編集 ]

 

大聖さん

ついにそこまで行ってしまわれましたか、、、
管理人などはあまり深く手を入れると良いのか悪いのか訳がわからなくなる感覚が強いため既製品主体の構成ですが、自作系はオーディオ趣味の正しいあり方のひとつだと思います。

数年後、気がつけば大聖さんのアクセサリーブランドが世に出ていたりするかも、、などとふと考えてしまいました(笑)
2017-03-14 09:33 | そうてん | URL   [ 編集 ]

 

そうてんさん

”ついにそこまで行ってしまわれましたか、、、 ”の一言、自分のオーディオの師匠に昔言われたことがあるのを思い出しました。
大聖です。

>管理人などはあまり深く手を入れると良いのか悪いのか訳がわからなくなる感覚が強いため既製品主体の構成ですが、自作系はオーディオ趣味の正しいあり方のひとつだと思います。

自作は試行錯誤というよりもオール手探りですからね。
ただ、自作系の良いところは、部品に対して妥協なく構成を決められるというメリットがあります。配線をすべてオーグラインで固めるとか、高い電解コンデンサを惜しみなく使うとか。(ただ、コンデンサに関しては、同レベルの異なるメーカーを組み合わせて、くみ上げた方が良いみたいですが)自分の思いつく対策をやりきって、精神的安定が得られるのですヨ。ただ、時間を置くとアラが見え始めるので、調整調整の毎日になりますが。

ただ、最近はちょっと変わってきて、”自分の考えたすごいシステム”を目指すのではなく、痒いところに手が届くような細かいことを自作で再現することが多くなってきました。年を喰ったんですかね??

>数年後、気がつけば大聖さんのアクセサリーブランドが世に出ていたりするかも、、などとふと考えてしまいました(笑)

自分のアクセサリーブランドですか?!いやいや、そんな恥ずかしいことできませんて!!2ちゃんねるとかで’ふんわり’と叩かれるの目に見えますし。”自分の考えたすごいアクセサリー”はひっそりとニヤニヤしながら限られた友人に見せびらかして使うのが正しい使い方なのですヨ。

2017-03-15 15:29 | 大聖 | URL   [ 編集 ]

 

大聖さん

結局のところ、オーディオという趣味はいかにして、そしていずこで自分の心の安寧を得るのかという趣味ですよね~

管理人の心が安らぎを得るのはいつのことやら(苦笑)
2017-03-16 18:17 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索