オーディオセッション IN OSAKA 2016 にも行ってきた

今回のイベントで持ち帰ったチラシの量を見るに、

イベントの満足度は高かったのだと思います(笑)


IMG_4549.jpg




全然関係ないことですが、この日、心斎橋に向かう地下鉄でINTEC大阪で行われる

ラブライブのイベント

に向かうであろう人を驚くほど目にしました。

さてそんな訳で昨日に引き続き、オーディオセッションの報告です。

トップの画像はエソテリック、
アバンギャルドの新しいフラッグシップ、TRIOXDとBASSHORN XDです。
コチラのブースで管理人の主な興味はエソテリックの新しい一体型SACDプレーヤー、グランディオーソK1だったのですが、アバンギャルドの威容に引き込まれてしまいました。

コレをドーンと置いて鳴らせば幸せになれそうな気がします(笑)


IMG_4552.jpg


コチラはパナソニックのテクニクスブース、
展示品自体は昨年と同様だと思いますが、透明度が高く涼やかな音は好きな人には魅力的でしょうね~
管理人の興味の先は昨年同様、見目麗しいシステムコンポ、OTTAVA (オッターヴァ) SC-C500でした。


IMG_4553.jpg


トップウィング、
英ifi Audioの製品の中でノイズキャンセル機能付きDC電源アダプターが

管理人、気になります!

どちらかというとポータブルオーディオでの用途を想定されているようですが、ゲーム機関係や家電製品に向けて使うとよさそう。
値段もそれほどしませんし、悩ましい、、、、


IMG_4566.jpg


フォース、
ポーカロライン扱いのProAcのスピーカー、STUDIO 140MK2をローテルのアンプで鳴らしていました。
2013年から輸入されている品なので、おそらくどこかで音は聞いていると思うのですが、この日の音は張りのある低音に支えられた印象に残る良い音でした。
メーカーの方に話を聞くと、このスピーカーは底にウーファーが付いているそうで、アンダーボードで化けるとのこと。
この日のアンダーボードはTAOCのフラッグシップでしたがこのボードが一役買っているのは間違いなさそうです。
ちなみに、イベント全体を通してTAOCのボードは多く使われていました。


IMG_4573.jpg


ブライトーン、
オーディオフィジックのスピーカーには昔から淡いあこがれがありますが、この日の主役は床に置いてあるアクセサリー、ハイフィデリティケーブルというケーブルメーカーから出ているアクセサリーで、コンセントにさすタイプの製品を実演していました。
クリプトンのノイズフィルター付きコンセントボックスを使って実演していたのですが、フィルター付きタップにも関わらず数が増えると音がはっきり変わるのには驚かされました。
設置してからかなりの期間、向上が続くそうで、コンセント差し込み系のアクセサリーとしては面白そうに思えました。


IMG_4578.jpg


CSR、
PMCとソウルノートの組み合わせでいい音が鳴っていました。
PMCのスピーカーはメーカーの25周年記念ということでtwenty5というシリーズに変わったそうですが、かつて聞いた中で一番鳴りが良く楽しい音が聴けました。


IMG_4584.jpg


コチラはマランツの新しいフラッグシップSACDプレーヤー、SA-10です。
今のプレーヤーが決定的に破損したらこの製品に行こうとこっそり考え中、音は聞けませんでしたが、この品ならどこかできちんと聞ける機会もあるでしょう。


IMG_4592.jpg


ONKYO、
発売間近のスピーカー、SC-3が鳴っていました。
外観こそシンプルですが、内容的には意欲の極みみたいな製品です。
現在、音の最終調整段階ということですが、こちらも製品版を期待したいところです。


IMG_4595.jpg


TAD、
ブランド最小のスピーカーTAD-ME1がサイズを感じさせない音を朗々と鳴らしていました。
外観的には類似のCE-1よりサイズが下がった分、外観の威圧感が減り、見た目には可愛くも見えますが音は凄い。
CE-1は良いスピーカーだと思っているのですが、ME1は価格を含めて考えると凄まじい品ではないかと思います。
これは試聴会に行きたいですね、、、、、、


IMG_4597.jpg


SPEC、シーエスフィールド
音の良さに定評のあるペナウディオのスピーカーが鳴らされていました。

SPECのアンプで小さいスピーカーを鳴らし、その後VITUSAUDIOでトールボーイのセレナーデシグネチャーを鳴らしているのを聞きました。

管理人の好みはSPECかな(喜)

やっぱSPEC良いです。

その後、コンバックのブースでCD購入した後、ハンズによって帰宅しました。

イベント全体の感想ですが、結構活気がありました。
国内メーカー入魂のスピーカーがいくつも発売され、そのあたりでも話題の尽きないイベントでした。

スペースの拡張もありますが、参加者にもポータブルオーディオから足を伸ばしてきたのか、慣れていない感じの若い方が散見されて個人的に少し安心しました。
ぽたふぇすの活気はコチラとは比べ物にならないくらい熱いものでしたが、あちらからピュアオーディオに人が流れてくるのならオーディオ趣味にとっては明るいニュースだと思います。

ただ、それだけに輸入代理店には価格設定をどうにかしてほしい(苦笑)

ぶっちゃけ、最近はネットで海外オーディオ製品の現地価格は容易に調べられますし、特に若い方はきちんと調査されると思うのですが、割合としてみたときにハイエンド品の価格差より安価な価格帯の製品の価格差が激しい。

正直エントリー機に関しては新規の方が入りやすい価格帯にしないと先細ると思うのですが、、、、

何はともあれイベントは大歓迎なので、今後もタイミングが合う限り参加し続けたいと思います。
それでは本日はここまで。





2016-11-17(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索