そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

春映画感想

現在、管理人には渇望と葛藤があります。
とりあえず、渇望を述べます、

変態仮面を、、、新しい変態仮面を早く見に行かなければっ(汗)


IMG_3625.jpg


トップの画像は2016年初となるスイカで

本文とは全く関係ありません(笑)

それはそれとして変態仮面、
5月14日に公開になったのですが、週末が忙しく見に行くことができませんでした、、、、
万難を排して早く見に行かないと、、、、、

そんな訳で本日は映画の感想、
年明け少しくらいからの映画感想をさらっと述べていきます。


白鯨との闘い

有名な小説ではなく、小説の原作となった事件を作家が取材するという形式のストーリー、
事件があまりに凄惨だったので、ノンフィクションではなくフィクションの“白鯨”が生まれました、という内容ですね。
極限状態のヒューマンドラマ、特にこれというほどの感想はありませんでした。


オデッセイ

火星で置き去りにされた宇宙飛行士が孤軍奮闘して救助される話。
主人公が火星に置き去り状態なので一人だけのクローズドな場面が多く、上映時間も長めですが見やすい作品でした。
おススメ。
管理人はなぜだか試聴中、冒険野郎マクガイバーと大地君クライシスを思い出していました。


マネーショート 華麗なる大逆転

リーマンショックのなかでしっかり儲けた人たちのお話。
実話ベースの話なので見ごたえあり、株関係の知識はあったほうが楽しめます。
ストーリー的には華麗なる大逆転という感じではなく、もっと泥臭い感じで邦題が微妙に違う印象でした。
軽くおススメ


バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

マーベルのアベンジャーズに対しDCコミックにはジャスティスリーグがあるのですが、ジャスティスリーグをスタートするための作品なのかな?
どう考えても戦力差がありすぎるバットマンVSスーパーマンをどう見せるのか恐る恐る見に行きましたが、管理人は割と好きです。
しかし、ジャスティスリーグ、国内だと知名度低いんですよね、、、、
ワンダーウーマン登場時、劇場に

“誰、これ?”

という空気が流れたのを感じてしまいました(笑)

もう1、2作、関連ヒーローの作品を出してから大々的にやるといいかな~と思います。


仮面ライダー一号

管理人もリアルタイムではないのですが、藤岡弘がアクションしていました。
満足です、それだけで満足です(喜)
ちなみに現在放送中の仮面ライダーゴーストは普通に見ていますので楽しめました。


シビルウォー キャプテンアメリカ

アベンジャーズのシリーズ作品ですが、登場させると戦闘力インフレが巨大化する大物二人を排除する形で作られています。
事実上の主役はキャプテンアメリカとアイアンマン、キャプテンがメインになるとアクションがアクションらしくなるので大満足、ドラマ的にも見ごたえがあり、管理人の個人的な感想としてはアベンジャーズのシリーズで最高傑作ではないでしょうか。
おススメです。


レヴェナント:蘇えりし者

西部開拓時代の実話ベース作品ですがレオ様ことレオナルド.ディカプリオがついにアカデミー賞を受賞した作品になりました。
内容的には実話なだけにかなりドロドロですが、自然光にこだわった映像は美しく説得力があり、シンプルなストーリーで3時間近い上映時間の作品にもかかわらずしっかり見ることができました。
ホームシアター向きといえるかも知れません(笑)


アイアムアヒーロー

漫画原作のゾンビ映画、
漫画原作の実写映画は悲惨な事例が多いので覚悟はして見に行ったのですが、想像よりはるかに面白かったです(喜)
最近、群れ化が激しかったりいろいろ迷走している感のあるゾンビ映画ですが、この作品は程よい人数?感でゾンビ映画としてもいい感じだったと思います。
お約束のショッピングモールでの戦闘も、韓国にある閉鎖された実際のモールをそのまま使用したということで、セットもよく、話のテンポもよく、とても楽しめました。
ゾンビ映画好きには確実におススメ、ゾンビ映画に抵抗がない人もおススメです。


64ロクヨン 前編

横山秀夫による同名小説の映画化、
昭和64年に起きた誘拐殺人事件に端を発するドラマです。
小説の映画化、前後編というのもマンガ作品の実写化と並んで恐ろしい事態になることがあるのですが、作風があうのか横山秀夫作品はいい感じに映像化されていますね。
今作もかなりいい感じ、前編となる今作はどちらかというと警察、報道、事件被害者、事件関係者の人間関係が主体ですが、俳優陣も厚く見ごたえがあります。
事件の全貌と作品の山はまさにこれからなのですが、かなり期待しています。
この作品は強くお勧めです。

殿、利息でござる。

実話ベースのコミカル時代劇、
大名にお金を貸して利子で宿場を救おうと奮闘する話です。
誰も不幸にならない、幸せな話。
万人向けで大きなハズレもなく、笑いあり感動ありの佳作でした。


そんな訳でざっと並べてみました。
2月3月が忙しかったので、その時期の作品が少し少な目ですね。

オデッセイとシビルウォーは年間通してみても良作といえそうです。
64は後編次第ですが管理人は期待しています。
アイアムアヒーローはゾンビ好きの心に残るかも!?

さて、

そんな訳で葛藤です

テラフォーマーズどうしたらいいの?

趣味の人として行かないといけないの?
そんな頑張らなくていいの?

もうどうしていいかわかりません(泣)

わからないからまとめて邦画みたらみんないい感じだったし、、、、

とりあえず変態仮面みて考える(笑)

本日はここまでです。






Comments 0

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください