Isotek Sigmasに取り組む その4 “壁コンセント再変更 PAD CRYOMAG-SSR2”

オーディオという泥沼のような趣味に足を突っ込んで相応の時間が過ぎましたが、

オーディオ製品の相性はありますね~(泣)


IMG_3551.jpg


オーディオという趣味における相性問題、よそで良く鳴っていた品が自宅では全然だったり、逆に自宅ではすごく良い音を出してくれる品が他ではダメダメだったりという良くあるお話です。

設置状況、電源環境、室内音響状況などの音が異なる理由は多くあるのですが、それらの外的要因だけではなく製品同士の相性は確かに存在すると思います。

当ブログ管理人が8年の時を経て、壁コンセントを新調したのがこのとき(参考記事)だったのですが、

わずか二か月で再度交換に打って出ることになってしまいました(泣)

オーディオの出音の評価で“音場”という言葉はよく使われます。
相反する要素として“音像”という言葉もあるのですが、当ブログ管理人は

徹底的に音場嗜好(笑)

瑞々しくひたすらに大きく広がってくれれば最悪ほかの要素は無視することもやぶさかではありません。

さて、音場、当たり前のように3Dをイメージする概念なわけで、左右の広さ、奥行き、そして高さという要素の総合判断となるわけですが、個人的な感想として左右や奥行きに比べて高さという感覚については感じやすい品と感じにくい品がはっきり分かれているように思います。

管理人宅でその要素について最も強力なのはチクマの電源タップ、
この製品の音場感は強力で、音そのものの主張が強いわけではないのにシステムをチクマの求める世界に染めてきます。

で、ですね、先日コンセントをフルテックに交換した際、音場に関しては元のオヤイデR-1と比べて同程度以上ではないかという印象を受けていたのですが、エージングが進むにつれて明らかに同等以上の左右の広さに比べ、前後の奥行き感はやや薄めで高さは同程度くらいかな?
という感覚を持っていました。

その“くらいかな?”という感覚がオーディオ用電源をチクマからSIGMASに変えたことで

高さ出てない気がする

という感覚に変わり、
電源ケーブル変更で音がはっきりした結果、

高さが出ていないのもはっきりしてしまいました(泣)

音に包まれたい当ブログ管理人にとって上に広がる音というのはとてつもなく大切な要素です。
それが失われた要因について考えたとき、チクマを使用している状況ですら“?”を感じたという部分に問題点の根があると判断できました。

おそらくR-1に戻せば問題のおおよそは解決するでしょう。
ですが8年使ったR-1の再使用は精神衛生上問題がありますし、

R-1の再購入は趣味の人のプライドに大ダメージです(笑)

それでは、ということで登場したのがトップの品、

PAD CRYOMAG-SSR2

ということになります。

PAD社はアメリカのケーブルメーカーで、国内におけるハイエンドケーブルメーカーの先駆けといえる存在です。
PAD社の大きな特徴の一つがクライオ処理、一時期オーディオ業界で大流行した極低温処理ですが、この処理についてもPADは先駆けの一つといえるでしょう。
同社は電源の黎明期から壁コンセントも出していたのですが、ここの壁コンセントは他メーカーの品にクライオ処理を施した品がほとんどです。
今回購入したCRYOMAG-SSR2はオヤイデR-1にクライオ処理を施したもので、いろいろな意味で管理人の要求を満たす品でした(笑)


IMG_3552.jpg


そんな訳でサクッと交換、
シグマスを使っている状態ならノイズ対策はそれほど気にしなくてもよさそうでしたので、ついでにフルテックと同時に入れたファインメットビーズはアースラインの分だけ残して外しました。

さて、結果です。

ああ、高さが帰ってきた(涙)

R-1はエージングに時間がかかるコンセントなので、まだまだ荒い部分はありますが高さに関してははっきりわかるレベルで戻りました。
固すぎることが問題になるR-1ですが、以前使用していたものと比べて若干差し込みやすくなった気がしなくもありませんね(笑)

実際に音の向上は相当のもので、本来GW中に撤去するコタツの撤去時期を早めたい気持ちがわくほどにいい感じになっています。

ではGTX-D NCF(R)が悪かったのか、というとおそらくそういうわけではなく、このコンセントの方向性がSIGMASとよく似ていたため、管理人の好まない方向に相乗効果が出てしまったというのが真相で、管理人にとってはフルテックとアイソテックの相性が悪かったということなのだと思います。

“高さ”という感覚が何を聞いてそれを感じているのか、それすらよくわかりませんし、相乗効果で進んだ方向をよく感じるか悪く感じるかも人それぞれ、

いやーオーディオって難しい(笑)

改めてそんなことを考えつつ、
本日はここまで。



2016-04-20(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索