アクアワールド 茨城県大洗水族館

週末に公開されたガルパンの映画も見てきたことですし、

大洗水族館の紹介をしておこうと思います(笑)


IMG_2659.jpg


先日ご紹介した通り、2015年夏休みの旅行先は茨城県でした。
交通アクセスに若干の難はあれど、食べ物もおいしく、見どころも多い良いところで、こちらの施設もその一つです。

そんな訳で本日紹介するのは

アクアワールド 茨城県大洗水族館

wikipediaの情報を引用すると、

アクアワールド・大洗は、茨城県東茨城郡大洗町にある太平洋に面した茨城県最大、全国でもトップクラスの大型水族館。
約165億円(うち建設費150億円)をかけ従来の大洗水族館から大規模なリニューアルを行い、博物館や科学館的な展示手法を採り入れた海の総合ミュージアムとして2002年3月にオープンした。
事業所名は「アクアワールド茨城県大洗水族館」。財団法人いばらき文化振興財団が経営。

とのこと、
施設はとても綺麗でもっと最近できたものかと思っていました。

トップの画像はウバザメの剥製、
世界最大とのことですが、こちらの水族館はサメの展示に力を入れているとのことです。


IMG_2557.jpg


コチラは入場口入ってすぐにあるイワシ水槽、

なんだかすごく綺麗です(喜)

円柱型の水槽なのですが、こちらの施設では生体がより魅力的に見える形状の水槽が多かったように思います。


IMG_2566.jpg


施設最大の水槽、“出会いの海の大水槽”
海遊館ですとジンベイザメがいる水槽になるのでしょうが、コチラの水槽はご当地、大洗の海を再現したものということで、不思議とリアリティを感じて好印象でした。


IMG_2576.jpg


暗黒の海ゾーンへつながる道、
ご存知かもしれませんが、当ブログ管理人は

深海に魅力を感じる人です(笑)


IMG_2572.jpg


クラゲの展示もこのあたり、
壁面から突き出した形状の水槽はあちこちから生体を眺めることが出来て面白い、
周囲と水槽の光が良く調整された印象で不思議とイイ感じでした。


IMG_2587.jpg


深海といえばタカアシガニ(笑)
他の施設では割と動いていない印象の生き物なのですが、ここの施設ではえらくアグレッシブに走り回っていました。
何が違うのかは分かりませんが、美味しそうに見えることには変わりありません。


IMG_2608.jpg


コチラの水槽も壁面から突き出しています。
台形になっている形状による効果か、照明の効果かは分かりませんが不思議とここの水槽は映えますね~


IMG_2627.jpg


コチラはミュージアムゾーン、
サメ関係の情報展示が多くみられます。
施設のもう一つの目玉ともいえるマンボウ関係も巨大な剥製が展示されていたりと大きな扱いでした。


IMG_2635.jpg


世界の海ゾーン2、
コチラは動物がメインの展示です。

写真の鳥はエトピリカ、
国内だとギリギリ北海道に生息する鳥です。

泳いでいるペンギンを例えて、海中を飛んでいるようだと評することがありますが、この鳥は形が鳥らしいこともあって本当に飛んでいるように水の中を泳いでいました。


IMG_2644.jpg


コチラの水族館は面白いことに順路を回っている中で水族館の裏側を見られる場所があります。
最近、大人の遠足みたいな形で水族館の裏側を見るツアーなんかもありますが、普通に見せているのも面白く感じました。

初めて訪れたコチラの水族館、
紹介した以外にも管理人が好きな淡水水槽やショースペース、子供向けのイベントスペース、フードコートなどもあり見どころはかなり多い印象です。

施設自体も綺麗ですし、関西圏ではそれほどメジャーじゃないのが残念なぐらい素敵な水族館だと思いました。

管理人が行ったのは平日の朝一でしたからそれほど混雑はありませんでしたが、タクシーの運転手さんの話によると週末はやはり相当混んでいるとのこと。

個人的にはココだけを目的に茨城に行っても良いのではないか、と思わせる施設でしたので、水族館好きでまだいったことの無い方は是非一度足を運んでみてください。

そして大洗駅に衝撃を受けてください(笑)

それでは本日はここまで。





2015-11-25(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索