オーディオセッション in OSAKA 2015 にも行ってきた

今年はTIASに行ったこともあり、どちらかというとオーディオセッションが楽しみでした。
一般的な目線で見ても、

今年の目玉はコチラに展示されていたと思います(喜)


IMG_2858.jpg


トップの画像はアイ・オー・データ―が満を持して放つネットワークオーディオ用製品のブランド“fidata”のHFAS1、
大手メーカーのオーディオ用NASといえばバッファローのDELAがすでに出ていますが、それに直接ぶつけに来た印象です。

機能、構成などに一長一短ありますが、とりあえず

チラシに関してはfidataの圧勝かと(笑)

重ねて申し上げますが、今年のイベントはネットワークオーディオと真空管に勢いがありました。


IMG_2838.jpg


そんな訳で真空管、A&Mブースの展示です。
真空管のアンプにはやはり独特の良さがあるのですが、暑い(笑)
部屋に入った瞬間、真空管部屋と解る勢いです。
どこのブースかは内緒ですが、メーカーの方に音は良いけど暑いっす!みたいな話をすると、

根性が足りない!

オーディオというのは熱さと戦う趣味なのだ、と宣言されてしまい、
あまりの勢いに

そうか、根性の問題だったか!

と納得してしまいました(笑)


IMG_2853.jpg


コチラはファルコンラボという大阪のメーカー、
無指向性のスピーカーが主力ということで、管理人は知っていましたがフルラインナップを観るのは初めてです。


IMG_2857.jpg


コチラはKITHIT、ブライトーン、Luminのブースですが、こちらにも無指向スピーカーが、
ブースの前には庵治石を使った素敵なオーディオ製品を作っているメーカー、AZISのスピーカーも展示されていました。
管理人は割と無指向性のスピーカーが好みに合うので、多くの製品を見られてなんだか嬉しい気分です(喜)


IMG_2859.jpg


オーディオセッションはガレージメーカーの趣味性が強い製品も多いのですが、国内大手もコチラで展示を行っています。
コチラの品はテク二クスのOTTAVA SC-C500
プレミアムなオールインワンシステムということで写真で見てもいい感じですが、

現物はさらにいい感じ

トップローディング形式のCDドライブ、フタの動きがまたイイ感じなんです。
更にこのシステムのスピーカーも無指向に近い独特の形式でした(喜)

テク二クス以外にもいい感じのセットコンポの展示がいくつかありましたが、この製品の印象が強かったですね~

新生テク二クス、良い感じです!


IMG_2863.jpg


コチラはフルテック、壁コンセントというジャンルで久しぶりの新製品です。
今回の製品は本体の素材が新しい様子、管理人宅で現用の壁コンが長期使用になっていますのでそろそろ食指が動きだしています(笑)
この製品のレポートが楽しみですね。


IMG_2873.jpg


コチラはハミレックスの新しいオーディオラック“Jolt”シリーズ、
ユニット単位で購入できて拡張性が高く、オーディオラックとしてみると安価な品ですが、

コレ、多分良いと思います。

オーディオ誌に積極広報するメーカーではないので、扱い、認知は薄いですが、この製品は外観も含めかなり良さそう。
今のところ管理人宅にラックの必要性が無いのが少し残念に思えました。


IMG_2875.jpg


コチラはコンバック、ハーモニクス製品です。
管理人の嗜好として、スパイク受けはここが至高と確信しているのですが、サイズの都合で導入しにくい、、、
写真のスパイク受けはずっと気になっているんですけどね~(汗)


IMG_2878.jpg


お気に入りメーカー、SPEC社、
今回の主役は同社初のパワーアンプRPA-W5ST。
小型のステレオパワーですが、モノパワーとしてもBTL接続でも使用できるようになっている面白い製品です。
同社のエントリ―クラスプリメインを母体にした製品ですので、価格的に管理人の物欲対象にはならないのですが、メーカーの人の話では今後プリアンプの予定と、上位パワーアンプの予定があるということでそちらは強く期待しています。

モノならスモールサイズ、ステレオなら通常サイズで最高に造りの良いアンプ希望!


IMG_2864.jpg


そんな訳で今年の目玉、D&Mホールディングブース
B&Wから登場した新しいD3シリーズが文句なしに今年の目玉、ブースも大入りでした。

今のところイベントでちら聞き程度ですが、間違いなく音は良い。
ただおそらく、

アンプの要求は高いかと

何となく805シリーズとしての印象で語られがちなスピーカーですが、D3シリーズはラインナップの一番下となる805D3ですらペア100近い価格のハイエンドです。
そう考えると同価格帯のアンプを最低限要求されるだけの話ですからそれほど問題ないような気もしますね(苦笑)

ノーチラス805はペア30でしたが、アレも鳴らしにくいスピーカーで同価格帯のアンプではかなり厳しい品でした。
その後、代を重ねるごとにやや鳴らしやすくなっていったのですが、今回は初代の危険な香りが色濃く漂っているような、、、、、

まあ、ペア100のスピーカーを考える人がアンプ怠ることはあるまい(笑)

などと考えつつ、会場を後にしました。

イベントを通して興味があるのはやはりD3シリーズ、そしてまだ見ぬSPECのパワーアンプでしょうか。
なにはともあれイベントは楽しいので、今後も可能な限り足を向けてみたいと思います。

それでは本日はここまで。




2015-11-19(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索