秋映画雑感

例年10月はブログの定期ネタ更新が多いため、映画の感想を細かくあげるのが困難した。
そんな訳で

まとめて感想行ってみましょう(笑)


当ブログ管理人は割と映画を見る性質です。
現在の住居から映画館まで徒歩圏内、それでは秋映画の感想行ってみましょう。

ピクセル

レトロゲームキャラクターの姿を借りたエイリアンに地球侵略されるお話。

これは良いB級映画(喜)

二次元キャラに長期間片思いを続けた人物がリアルに二次元キャラと結ばれるのはある意味で最高のファンタジーと言えなくもない?

オンラインゲームなどの高位プレイヤーなどは海外で高い評価を受けている場合もあるのですが、この作品で登場するのはレトロゲーム、故に主人公は昔ゲームの上手かったうだつの上がらない中年です。
ありとあらゆる面でB級らしいB級映画で肩肘張らずに楽しめました。


キングスマン

ミッションインポッシブル、007の大型スパイ映画に挟まれる形で公開されたスパイアクション映画ですが

これはかなり面白かった(喜)

映画“キックアス”と原作、監督をともにするスパイアクション映画です。
ケレン味に溢れたイベント、ある意味衝撃的ともいえる演出(笑)、息もつかせぬアクションなどなど見どころ多数で本当に楽しめました。
個人的にはキングスマンが今年のベストスパイ映画だろうと思います。
本当は単独でブログ記事にしたかったのですが、パンフレット売り切れで断念。
無念です(笑)


アントマン

マーベル原作のアメコミヒーロー映画ですが、この作品もかなり面白い。
他のマーベル作品が割とシリアス寄りになっているのに比べ、世界観は同じながらアントマンはどちらかというとコミカルよりで面白い。

作中の世界でアイアンマンことトニースタークが

かけらほども信用されていない(笑)

のは素晴らしいと思いました。


屍者の帝国

伊藤計劃さん原案の小説をアニメ化した作品です。
早逝した伊藤計劃さんの三作品を連続で違う製作会社でアニメ化するという企画で、今作はその一作目だったのですが、

製作会社の一社が先日飛んで(汗)

いきなり先行き不安定な感じです。

19世紀を土台にゾンビ製作が技術として確立した世界を題材としたSF作品、この世界のゾンビはほぼ単純労働担当の動きの遅いスタイルです。
映像にもかなり気合が入った作品で見ごたえアリ、
ちょっと独特な雰囲気を楽しめる映画でした。


メイズランナー2 砂漠の迷宮

コチラは

主人公もゾンビも全力疾走する作品です。

三部作の二作目で、一作目は迷路で全力疾走だったのでタイトルが分かりやすかったのですが、二作目は迷路感は無いかも(笑)

内容は悪くないので前作を見ていたら見るべきだと思います。
最後の方で主人公が“もう走らない”的なことを言っていたのですが果たして三作目はどんな話になるんでしょうか?
管理人は割と期待しています。


進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

幸いカードのポイントも貯まっていましたし、一作目も見てしまったから行ってきました。

内容、、、、、
内容ですか、、、、、、、

あえて何も言うまい

色々もう何がどうしていいか分からない感じ(笑)
あえて続編制作に含みを持たせるかのようなエンドロール中の演出を見るに、ひょっとすると制作側はあおり耐性が弱いのではないかと疑ってしまいました。


そんな訳で雑感終了。
アントマンは万人にお勧め、キングスマンは冗談の分かる人に強くお勧め(笑)
メイズランナーは一作目が面白かったひと、アメリカのテレビドラマ好きにもお勧めです。
屍者の帝国は映像表現と世界観が合いそうならお勧め、
進撃は、うん、まあいいや。


ということで本日はここまで。



2015-11-02(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索