そうてんの趣味日和

Welcome to my blog

固形ワックス初体験

これまではシート型の簡易タイプだったり、洗車と一緒にやってもらったりだったんですが、ちょっと頑張ってみました。


CIMG1105.jpg



今回購入してみたのはコレ

艶出し固形コーティング剤 煌

です。
メーカーの説明はこんな感じ

カルナバ固形ワックスでは得られない質高いクリアな光沢が長期間
持続。
優れたキズ消し鏡面効果で、経年車や濃色車にも最適。
耐熱ハードコーティングが洗車機によるキズ付きからボディを守り、被膜劣化の早い夏期でも安定した性能を維持します。


今回、色々見たところ

ワックスといえばカルナバ蝋

というくらい、ワックス製品の多くがカルナバ蝋を前面に押し出していました。
カルナバ蝋自体は、ブラジル北部の椰子から採取されるもので、つやを出すのに有効なようです。

ですが、今回の品はカルナバ蝋ではなく、ケミカル方面からカルナバを超える、との謳い文句です。

このひねくれ感が善し、

です。

まあそれ以外にも、スポンジだのタオルだのふき上げ用のネルクロスが同梱されていて手間がなかったことなどもあったんですが。

そんな訳で、思いついたら速実行!?
終業後、夕方6時から作業スタートです。

CIMG1097.jpg


洗車直後

CIMG1098.jpg


乾拭き終了

の状態ですが、映り込みを見ると解るようにだんだん暗くなってきています(泣)

まあ、普通、平日の夕方6時から洗車&ワックス掛けをはじめたこっちが悪いんですが、
そんな訳で塗りこみ作業とふき上げ、仕上げ作業終了後には真っ暗になっていました。

他の固形ワックスの経験がないので、比較評価はできませんが作業性は悪くなかったと思います。
洗車からはじめてトータル一時間半ですから感想としては意外と簡単でした。

最終結果は翌朝の写真になります。

CIMG1100.jpg



CIMG1101.jpg



凄くないですか?

個人的には大いに満足の仕上がりです。
上の写真、右上に写りこんだ風景のなか、車体の蒼がまるで空のように見えます。

効果の持続期間についてはこれからですが、わりとよく洗車するほうですのでそのたびワックスしてもいいかな、と思いました。

今回の品ですが

良かった点
作業上、必要物品は同梱されており楽だった
ワックスの伸びがよく塗りやすい
仕上げ用のネルクロスの出来が良好
洗車傷が目立たなくなった

イマイチな点
ふき取りが割りと重い
ふき上げ用タオルの出来がいまひとつ

てなところです。
思ったより簡単に出来て満足度も高いので、管理人のように未経験の方は、一度自分でやってみると新たな喜びが見つかるかもしれません(笑)

それでは今回はこの辺で。



Comments 4

ココマル  

私は車のワックス掛けしたことないですね~
向かいに住んでいる人がかけてるのを見ますが、
汗びっしょりで大変そうです。
この季節だったら、下手にダイエットするより効きそうですね。
車はピカピカで運動にもなる(?)し、イイかも!

仕上がったあとの写真を見ると、やってみたくなります。まるで新車みたいです~

2007/08/23 (Thu) 23:23 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

確かに汗は出ますね~。
バケツに水入れて運んだりとなかなかの運動です。

しかし、その分途中から変にテンションが上がりだしますし、いい感じの達成感と明らかな結果が確認できますので、趣味としてもアリですが
実利を兼ねたストレス解消方法としてもお勧めいたします(笑)。

2007/08/24 (Fri) 15:40 | EDIT | REPLY |   
ふじおか  

自分、プラドに乗ってるんですけど、一度自分で洗車したことありますが、むっちゃくちゃ疲れたので、たま~にガソリンスタンドでやっちゃってます(笑)

でもスタンドはあんまり綺麗にならないっすね~。

2007/08/24 (Fri) 23:04 | EDIT | REPLY |   
そうてん  

プラドになると背が高いから自力洗車は困難そうですもんね。
スタンド洗車はいいとことイマイチのとこがありますのでいくつか試してみるといいかもしれません。
私もあまりに酷いときはスタンドに行きますが、いくつか試して最終的には倉敷のエネオスでしてもらっています。
近場で上手そうなところを探して回ってみるのもまた一興かもしれません。

2007/08/25 (Sat) 14:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
そうてん77が趣味と生活についてたらたらと書き募るブログです。
About me
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください