VOLVOの試乗に行ってみた

自宅のベランダから下を眺めると試乗イベントがあったので行ってきました。
当ブログ管理人、

初ボルボ、初ディーゼルです(喜)


IMG_2189.jpg


基本的に愛車様ラブな管理人ではありますが、それ以外の車に興味がないという訳でもなく外でいい感じの車を見るとやはり目が行きます。

ルックス的に目が行く車といえば、新しいアテンザ、アクセラなどのマツダ車、ホンダのヴェゼル、S660などの国産車もあるのですが、最近のボルボ車は外観がかなり良く、気になっていました。


IMG_2178.jpg


さて、突然なのですが管理人宅の裏手にある広場では週末に飲食関係やフリマ的なイベントが時々開かれています。
先の週末にも屋台村のイベントがあったのですが、それに合わせて近くの広い駐車場でボルボの試乗イベントが行われていました。

何故、伊丹の街中でボルボの試乗会?

という疑問の答えは簡単、正規ディーラー、ボルボカー神戸をご当地企業の伊丹産業が経営しているからです。

そんな訳で同じく伊丹産業が経営している市内の駐車場で試乗イベントが行われたというお話でした。

トップの画像はこの日のメインとなるボルボV40 D4、
この夏投入されたばかりの新しいディーゼルエンジンを搭載した車です。


IMG_2191.jpg


ボルボにもいくつかのラインナップはあるのですが、ハッチバック好きの管理人にとって興味の対象はV40、
ハッチバック車の重要ポイント、リアビューですが、こちらもいい感じでした。

愛車様世代の欧州車だと、部品のチリ合わせに微妙な部分もあったのですが、この車は国産車かと思うくらいに綺麗に作られています。

ボルボは中国資本の傘下に入っていた記憶があり、正直あまり良い印象を持っていなかったので、営業の方にそのあたりの話も聞いたのですが、基本的には独立した体制ということと国内に入っている車は欧州産とのことで、少し印象が変わりました。

実際に乗ってみた感想ですが

想像よりずっと良い(驚)

昔から安全神話を有するボルボですが、それを裏付けるかのようにCセグメントのハッチバックとしては重量が重めです。
ガソリンエンジンの車でもゴルフ7GTIに比べると100kg重いのですがディーゼル車になると200kg近く重く、正直なところ重い乗り味を想像していたのですが、

乗り味が想像以上に軽いんです。

諸元表を見てみるとそれも納得、
V40D4のエンジンは190馬力、トルクで40.8kgmという豪快な数字をたたき出しています。
トルクフルな特性はディーゼルの特徴でもあるのですが、愛車様の1.7倍というトルクがあれば重量のあるボディでも全く問題ないということなのでしょうね~
ブレーキもそこそこ大型のものが付いていましたので、純正パッドでも不足なく効きましたが、国内メーカーの輸入車向けパッドに交換してしまえばよりそれぞれの好みに合った仕上がりに出来そうです。

比較的シンプルな内装は一部プラスチックっぽい質感が目立つところもありますが、全体的に見れば上品で好印象、
車のスタイルが良い分、天井が低めな印象と後部座席の広さはそれほどでもなかったのですが、これは好みの範疇でしょう。

死角に車両がいる時に点灯する警告灯やレーン変更の時の安全機構なども面白いと思ったのですが、
前を走る車に追従して加速、減速、停止までしてくれるアダクティブクルーズコントロールは、走行中の車の中でブレーキからもアクセルからも足を離すという未体験の感覚から

面白いを通り越して微妙に肝が冷えました(笑)

その後1.6lガソリンエンジンのV40T4にも試乗しました。
内装などはほぼ同一の車で、タイヤが16インチで車両重量が100kg軽いということもあってか乗りやすく、車のバランスが愛車様に近いような感覚もあり好感が持てました。


IMG_2179.jpg


その後、屋台村で食料品を購入し、

自宅でお酒のアテとさせていただきました(喜)

トータルの感想ですが、
V40のカテゴリー内でも1.6LガソリンのT4、2LディーゼルのD4、2LガソリンのR、新しく1.5LガソリンのT3と種類が豊富です。
T3は9月1日発売ということでまだわからないのですが、残りの3つで見るとやはり魅力的なのはD4。

ディーゼル特有のアイドリング音の大きさとキャラクターも車内の静粛性が高いためほとんど気にならず、トルクフルなエンジンの特性は高速道路などの長距離運転や山道のドライブなんかでも大きな楽しさを生んでくれそうです。
減税関係と燃費を考えればV40を選ぶならD4と言っていいのではないでしょうか。

現在、輸入車Cセグメントのハッチバックはとても魅力的な車が多いのですが、個性のあるエクステリアと楽しさとエコを両立したエンジンを持つV40はライバルと十分に競い合える車だと思います。
徐々に世間での評価も高まってきており、これから更に露出が増えてくると思いますので機会があれば是非新しいディーゼルエンジンを体感してみてください。

それでは本日はここまで。



2015-09-04(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索