週末試聴会 IN 自宅 その3

自宅での試聴会が一息ついたころ、満を持してMt.T2さんが

大物の体験をさせてくれました(喜)


IMG_2102.jpg


お盆を挟んで少し間が開いてしまいました。
改めて、という訳でもないのですがMt.T2(やまてつ)さんは当ブログ管理人も楽しませてもらっている、

Mt.T2 の 感動を求めて -悪戦苦闘のオーディオ&ビジュアル- (同ブログTOP

の管理人さんです。

オーディオに対していつも熱心なMt.T2さんですが、最近はオープンリールデッキに情熱を燃やされており、今回はなんと本体ごと管理人宅に持ち込んでいただけました。

さて、オープンリール、どちらかというと良く知らない方の方が多いと思います、

といいますか、管理人もよく解っておりません(汗)

1960年代のカセットテープ普及以前には主要な記録媒体だったそうですが、一番の役割は業務用、レコードやCD、カセットテープなどの市販用音源製作のためのマスター音源として長い間オープンリールが使用されてきました。

以前、当ブログでマスタリング前のデーターをCDRに落としたCDの紹介をしましたが(参考記事)、残念ながら市販の音源は市販に至るまでの作業の中でマスター音源に比べて音質が劣化してしまいます。

例に挙げたCDRを持ち出すまでもなく、マスターに近ければ近いほど“原音”に近い音が聞けます。
そのため、、音だけを考えるなら最強ともいえる音楽ソースとしてオープンリールを愛好する方は今でも多くおられるようでした。

そんな訳で、この日は管理人のオープンリール初体験、
トップの画像は設置前の画像、


IMG_2107.jpg


コチラが準備完了後の画像です。

お世辞にも小型とは言えない機器やリールを慣れた手つきで設営、準備されるMt.T2さんにも感動ですが、オープンリールデッキ、

機械機械していて大変宜しい

何というか、モノの美しさを感じますね(喜)

アンプへの接続はバランス端子ですので、アナログ入力のバランスケーブル(二番HOT)に変換ケーブル(三番HOT)を繋いで接続完了、再生前のテープ巻取り作業を愛で、音を聞かせていただきました。

成程、これは良い(驚)

最初に聞いたのはジャズの音源で同じ音源のCDがあったのですが、

CDで聞く音を

あくまで自宅で聴くオーディオの音

とすると、オープンリールで聞く音は

ジャズバーで聞いている音

同じ演奏を聴いているのに雰囲気というか、空気感がまるで違うのに驚かされました。

その後クラッシックの音源を聞かせていただいたのですが、やはりCDでは感じにくい現場感というか生っぽさがあり、とても楽しい体験が出来ました。

Mt.T2さんはご自宅での移動に便利なように、ということでキャスター付きの台にデッキを乗せて試聴していたのですが、デッキの大きさを見ているうちにふと思いついて、管理人宅のデッドストックを使ってみます。


IMG_2111.jpg


以前、トライゴンのモノパワーアンプを使用していた頃、置台に使っていたオーディオ101製の木製台です。

今後使う予定がなかったため引っ越しの際に処分しようか真面目に検討していたのですが、想像通りほぼピッタリなサイズ。
置き換えてみると音も悪くない方向に変化しましたので、これ幸いとMt.T2さんに押し付けることに成功いたしました(喜)

そんなこんなで、管理人が経験したことのないライブ感のある音を堪能させていただき、オープンリールの良さ、その一端を理解することが出来ました。

ただ、幸い(?)なことにオープンリールに管理人が良く聞くような音楽の音源がほぼないことは分かっていますので、機械のカッコよさには惹かれますが

物欲爆誕

は回避することが出来ました。


しかし事前の恐怖はあるのですが、やはり趣味の人に現状を確認してもらうメリットは大きいですね~
オーディオ自体は個人の嗜好と価値観を形にする孤高の趣味だと思うのですが、それでもどこかで比較を行うのは有意義です。

管理人も、

コミュ力磨かないと(笑)

そんなこんなでお盆前の忙しい時期にお運びいただいたMt.T2さんに感謝しつつ、
本日はここまで。





2015-08-19(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

無理矢理押しかけましてm(_ _)m 

そうてんさん、おはようございますm(_ _)m

当日は、新築の新居に無理矢理ドデカイモノを持ち込みましてスミマセンでしたm(_ _)m
ただただ、現代ハイエンド系システムでどのような感じで聞けるのか?って興味から、ついつい・・・(滝汗
ま、持ち込んだ音源が、本来のマスターからはかなり隔たりのあるブツなので、雰囲気のみのお楽しみだったのですが・・・
やはり拙宅のフン詰まりシステムと違い、キッチリ出してくれるシステムで聞くと、良いも悪いもはっきりしてきますね(^^;
2トラ38の器の大きさを感じさせる音で、もとの音楽にあるはずの雰囲気が普通に聞こえたのが、やっぱり!の意を強くした正直な感想です(^^;
ま、これが、もっとしっかりした音源(^^;なら、中高域~高域がもっとしっかり出るはずと想像すると・・・やっぱり元の音源と普段聞く音源の隔たりを痛感します(^^;
今回、無理矢理なお願いを快くお許しいただいて、非常に貴重な体験をさせていただきました!
ホント、ありがとうございましたm(_ _)m
この貴重な体験のおさらいをはやくやらねば・・・なんですが、拙ブログは相変わらず1ヶ月遅れのパラレルワールドゆえ、また忘れた頃のアップとなりますことをお許しくださいm(_ _)m

それではまた・・・
2015-08-21 07:22 | Mt.T2 | URL   [ 編集 ]

No title 

Mt.T2さん

パラレルワールドが一か月先と聞いて、大分時間が縮まったような気がする程度にそちらのブログの愛読者です(笑)

今回は管理人もとても貴重な体験が出来ました。
マスターに近いソースの優位性は理解できるのですが、頭ではなく耳で確認できたことはやはり大きな収穫だと思います。

オープンリールやレコードに関しては管理人の嗜好上、導入の必要性は薄いのですが、今後いわゆるネットワークオーディオの進化発展に伴って、どこかのタイミングでは手を出さざるをえなくなるということが理解できました。

オーディオ系実験はとても得るものが多く、大歓迎ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

PS:そちらのブログ、当ブログのリンク先に加えさせていただいて大丈夫でしょうか?
2015-08-24 13:01 | そうてん | URL   [ 編集 ]

リンクよろしくお願いしますm(_ _)m 

反応が遅くてスミマセ(^^;
リンクお願いしますm(_ _)m
そう言えば、うちもまだでした・・・
なので、リンクさせていただきました(汗
2015-08-25 19:57 | Mt.T2 | URL   [ 編集 ]

No title 

Mt.T2さん

リンクどうもありがとうございます、こちらも貼らせていただきました。

管理人の反応もだいぶ遅いのでお気になさらず~
今後ともよろしくお願いいたします。
2015-08-26 16:54 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索