RSP-701購入っ

先の週末が当ブログ管理人の何度目だかのお誕生日だったため、

私にHappy Birthday

してみました(笑)


IMG_2061.jpg


ということで、RSP-701、正式名称は

SPEC リアルサウンドプロセッサー RSP-701

元パイオニアの技術者が2010年に興したオーディオメーカー、SPEC社が初めて世に出した製品がRSP-101という今回購入した品の前身となる品でした。
管理人は岡山のオーディオ101でRSP-101の実演を見て即時購入 (参考記事
その確かな効果によって、管理人宅では手放せないアクセサリーになりました。

その後2011年にRSP-301、そして昨年フラッグシップとなるRSP-701が発売され、現在は3種とも現行品として販売が続いています。

101がとても良かったので、301がでた年のオーディオショウでメーカーの方に101から301への買い替えの効果を聞いたところ、
“変化はあると思うけど101で今の音が気に入っているのなら変えなくてイイかも”
などとのたまった商売気を忘れたメーカーの方が701への買い替えについて昨年聞いたときは

“101の音が好きなら確実に良くなると思う”

と発言されており、そのころからかなり買い気でした。

管理人には細かいものまで含めると、常時いくつかの物欲は確保されているのですが
今回、お誕生日プレゼントを検討するに当たり、自宅の音が良く、音楽を聞く時間が増えたことからオーディオ系の買い物に決定。
確実な向上が得られる投資にしたかったことからRSP-701に決定しました。

あと、現用品のリセールが容易という理由もあります(笑)

そんな訳でトップの画像は製品外箱、
中身はこんな感じです。


IMG_2062.jpg

IMG_2063.jpg


シリアルナンバーは467と468、
発売開始が昨年の秋なので、10か月くらいで240ペアくらい売れた様子です。
定価が75kのオーディオアクセサリーとしてはそこそこ売れているのではないでしょうか。


IMG_2064.jpg


ここまで使用してきたRSP-101との比較です。
本体の木が101、301のウォルナットからスプルースに変わったため外観の色味には違いがありますが、サイズ、端子などには違いがないようでした。

取りあえず101に使用していたケーブルをそのまま使用して701を取り付け、音の確認を行います。
実はRSP、意外とエージングで音が変わるため、正直エージング完了の101と新品の701ではそれほど差がない可能性を考えていたのですが、

直後から段違いです(喜)

全体的な解像度の上昇はRSPの特徴ですが、701の方が圧倒的に広い帯域に効果が及んでいる様子、特に低域の解像度向上が著しく、低域の輪郭がはっきりした結果、音楽全体が下支えされて丸ごとレベルが上がったような印象を受けました。

音場の高さも一段上がった印象があり、こちらも好感、
横の広がりは接続直後は101にやや劣りましたが数時間で同等まで向上しています。
101の時を念頭に置くとエージング完了まで1~2か月程度みる必要がありますので、そのあたりまで見てリセール前に101と改めて比較してから記事にしたいと思います。

取りあえず本日はここまで。



2015-07-06(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索