座椅子比較 ~ヤマザキウェーブチェア、ヤマザキ産学連携リラックスチェアLサイズ ~

当ブログで

地味に人気のある

座椅子比較記事に新たな一ページが加わりました。


IMG_1905.jpg


最早、

生来のコタツ虫

を自称して良いのではないかと考えている当ブログ管理人なのですが、幸せなコタツライフに欠かせない品の一つとして“良質な座椅子”があげられます。

前回、ブログで記事を書いたのがこの時 (参考記事) ですからちょうど3年前、トップの画像を見たときに、

比較対象がおかしいような、、、、?

と思われた方、正解です(汗)

参考記事においても指摘しているように、マンボウソファとコタツの相性が悪く、使い勝手の面で厳しい感覚がありましたので尼崎に転居した後くらいのタイミングで再度座椅子を購入を検討、

この状況で冒険はできない

という悲しい思考に基づき、前回好印象だったウェーブチェアを再度購入しました。

そのころ、ウェーブチェアのラインナップは結構種類があり、ファブリックがしっかりしたものを選んだのですが、
以前使用していたものに比べてなんだか弱くなったような気がしました。


IMG_1907.jpg


こちらは今回お別れとなるウェーブチェアの頸部リクライニングより少し下くらいの位置、
参考記事に乗っている2代前のウェーブチェアにもこの位置にズレ防止のようなボタンがあるのですが、初代ウェーブチェアでは6年使用してもきれなかったボタンが、2代目では使用開始後半年もせずに切れてしまい座面のへたりもそうなのですが、背面のへたりも初代に比べて速いペースで進行してしまいました。

、、、、管理人の体重は変わってないですよ?

現在販売されているウェーブチェアにはボタンそのものがなくなっているようなので、管理人宅の2代目だけではないと思うのですが、少し思うところができてしまったため、今回はウェーブチェアを回避、同じくヤマザキ製ではありますが

産学連携 サイズを選べるリラックスチェア Lサイズ

を選択しました。


IMG_1906.jpg


こちらは製品を横から見た感じ、
可動部分は3か所で変わりありませんが、座面部分が短めになっていること、ファブリックがつるっとしているのが外観で分かりやすい違いです。

ヤマザキが展開している産学連携シリーズはいずれも腰椎部分にサポートをいれて脊椎のS字カーブを自然に作る形状になっています。
ウレタン自体も柔らかく受け止める感覚のウェーブウレタンとは異なり、形も硬さもある程度きっちりしたもので、形そのものは似通っていても実際に座った印象は大分異なります。

ただ、すわり心地は良い感じ(喜)

腰部のサポートは見た目以上に効いており、長時間座ったときの腰の重さはかなり改善されました。


IMG_1908.jpg


もう一つ特筆すべき点は頸部のリクライニング、
これまでの頸部リクライニングは一般的なリクライニング同様、段階式になっていたのですが、リラックスチェアの頸部は段階式ではなく自由に動かせる形式になっています。

そのため、少し角度を変えたいというときにわざわざ一度完全に曲げて戻す必要がなく簡単に角度調整が出来るのですが、

これがかなり便利

読書中とテレビ視聴中、オーディオ試聴時では理想的な首の角度は少しずつ違うのですが、この無段階リクライニングのお蔭でちょっとした調整が気楽に行えるようになり、総合的な満足度向上つながりました。

これまでの座椅子比較では両者の良い点、悪い点を比較できるように併記したのですが、今回は対象がウェーブチェアですので、リラックスチェアとの相違点で良否を並べてみます。

良い点
腰部サポートによる安定感
頸部リクライニング機構の優位点
座面の短縮により、コタツ(ローテーブル)での使い勝手向上
沈み込みが少ないため蒸れが少ない


悪い点
包み込まれるという癒され感はウェーブに劣る
座面の小ささによって、体重の掛け方によっては後ろに倒れる可能性あり
やや小ぶり


というあたり、
癒され感をとるか、しっかり感をとるかは嗜好による部分ですから、一概に良否とは言えませんね。
座面の長いウェーブチェアは座りながら座面と背面の角部分でゆらゆらしても倒れにくいのですが、リラックスチェアはゆらゆらさせたときウェーブチェアに比べると後ろに倒れる可能性が高まります、

まあ、ゆらゆらさせなければいいんですけど(笑)

座った感じこそ違えどフレームなどの設計は同じメーカーですので極端な違いはありません。

管理人宅のようにコタツの脚が長い場所での使用なら、純粋に癒されを取るか安定を取るかで選べばいいでしょう。
逆に一般的なコタツでの使用を念頭に置いて考えるのならリラックスの方が使い勝手が良い可能性はありますね。

あと一点、注意するのならリラックスチェアはウェーブチェアと比べると

小ぶりです。

Lサイズでもウェーブチェアより一回り小さい寸法で、管理人の体格でちょうど位ですから、男性ならLサイズが前提でしょうし、個人的には中肉中背以上の体格ならウェーブの方が良いかもしれません。

現時点で管理人にとってはかなりイイ感じですので、このまま使っていって、また数年後に長期使用のレポートを掲載したいと思います。

それでは本日はここまで。





2015-05-18(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索