チェスターフィールド 暗黒神への挑戦 その2

発売当時クリアできなかったこのゲーム、

コイツを、、、コイツを攻略できなかったんです(泣)


IMG_1404.jpg


そんな訳で年末に挑戦したゲーム報告第二弾になります。

このゲーム(チェスターフィールド 暗黒神への挑戦)は全8ステージのステージ構成で、各ステージにフィールドマップとダンジョンマップがひとつずつ準備されています。

トップの画像はステージ5のダンジョンに存在する敵キャラクター白竜、ちなみにコイツ

攻撃したら(プレイヤーが)一発死します

実はこのキャラクター、捕らわれた神のしもべという設定で、仲間にする必要があるのですが、その方法は

ボス部屋で灰色の魔導書(ダンジョン脱出)を使用する

このステージのお店などで聞かれる情報を現在の管理人が見れば、その方法を示唆していることは十分に理解できたのですが、

当時の管理人はそこに至ることが出来ませんでした(泣)


IMG_1405.jpg


実際に使用すると、“竜のつばさ”というアイテムが手に入り、


IMG_1407.jpg

IMG_1409.jpg


若かりし日の管理人が、どうしていいのか解らず

何度となく飛び降りたフィールドステージの端から

白竜に乗ってまさかのシューティングステージが始まりました。

そこさえクリアしてしまえば、あとのステージにそれほどの問題は無し、
ステージ7にも白竜同様、攻撃すると自分が即死するキャラクターがいますが、そちらは青色の魔導書(タイムストップ)を使用して接触すれば終了、


IMG_1425.jpg


颯爽と最終8ステージのラストダンジョンに挑みます。


IMG_1431.jpg


コチラの悪役っぽい人が反乱を起こしたゲモン将軍、

敵としてシバかれたりすることはなく、ストーリーを語ってくれます(笑)

このゲームは1987年発売なのですが、意外とストーリー関係がしっかりしていて、しかも

説明書とゲーム内で完結させることに成功しています。

クリアはしたけどなんで戦っていたのか今一つストーリーがわからない

ということがままあったFCゲーム(特に説明書なくすと致命的)において、ゲーム内のテキストできちんとストーリーを完結させているのは特筆すべき点だと思います。

ゲーム開始時点でのストーリーはその1(参考記事)に記載しましたが、ゲーム内で明らかになる話をまとめると、

1.後の国王ガルスⅠ世が暗黒神と自分の血筋のものの命をささげる約束で力を借り、戦乱を収めガルドレド王国を建国する。
2.平和になり、子供が生まれたガルスⅠ世、暗黒神に奪われることを恐れ、自分の息子と親友バックヴァイザーの娘をすり替え、バックヴァイザーはチェスターフィールド島に隠居。
3.約束が果たされないので怒った暗黒神、ゲモン将軍をそそのかして反乱を起こす。
4.説明書での経緯があり、バックヴァイザーの息子として育てられた国王の息子が戦いを始める。 


という経緯でした。

、、、、、あれ

暗黒神、そんなに悪くない?


IMG_1437.jpg


コチラが捕らわれの身になっていた王女ことカレンさん、

紆余曲折があって入れ替わりに納得していただけました(笑)


IMG_1442.jpg


そしてコチラがあんまり悪くないような気もするラスボスの暗黒神さん、
強いのは強いですが、薬を残しておけばそれほどの苦労はないと思います。


IMG_1446.jpg


そしてエンディング、
ケインがガルスⅡ世として王位につき、カレンが王妃になるという、正しい形のハッピーエンド、
ストーリー的には王道ですがゲームと説明書だけできちんと完結しているのは見事です。

ゲームとしての評価ですが、
操作性は良好、BGMも同社のアイギーナの予言ほどではありませんが良かったと思います。

難易度で問題になるのはダンジョンマップがループ構造になっているうえに画像で区別がつきにくく階段、扉、敵の配置などで判断するしかない点、


IMG_1400.jpg


それほど多くはないのですが、移動する床での立ち回りがそこそこ難しいということ、
そして後半面での雑魚敵の強さあたりがあげられると思います。

ただ、総合的な難易度で見れば中の上程度、
安全に倒せる敵を倒し続けて体力を維持することを心がけていれば何とかなるレベルだと判断しました。

そんな訳で最終判断は個人的な嗜好も入れて佳作と判断します。

長い時間を経てクリアできた喜びを再度噛み締めつつ、
本日はここまで。




2015-01-23(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索