変わり種オーディオ誌 その2 ~アニソンオーディオ vol 2~

前回紹介した雑誌もある意味で極端なオーディオ誌ですが、
この雑誌は

そこから逆方向に極端だと思います(笑)


IMG_1479.jpg


そんな訳で本日紹介するのは

季刊NetAudio特別増刊 アニソンオーディオ Vol 2

一冊目を紹介したのが (参考記事) この時ですのでちょうど一年で二冊目ということになるようです。

しかし、ステレオ時代と同時期にでた雑誌というのがまた凄い、、、、、

ムック本としては二冊目ということですから、内容自体も試行錯誤が垣間見えます。
一冊目はどちらかといえばオーディオ誌よりの内容で二冊目はアニメ誌よりの内容とでもいえば良いのでしょうか。


IMG_1480.jpg


ですが、若い雑誌だけあって内容は前回に引き続き今回もいい感じです。
インタビュー関係も充実していて、アニプレックス、キングレコード、フライングドッグ、5pbのレーベル代表にアニソンの展望を語らせるのもあまりない企画だと思いますが田中公平、川井憲次、伊藤真澄などなど、大御所のインタビューなども多く、“アニソン”を確固たるジャンルとして考え、編集しているのが伝わる良い内容でした。


IMG_1482.jpg


そんな中、表紙のタイトル通り

アイマス&ラブライブをオーディオ的視点から見る

大規模特集が組まれていたり


IMG_1483.jpg


管理人に対する挑戦か(笑)

というような記事もあり(舞台はDENONの試聴室)
一般オーディオ誌とは毛色が違う内容が楽しいです。


IMG_1484.jpg


毛色が違うといえば、この雑誌、製品レビューもあるのはあるんですが、

メーカー広告が極端に少ない(笑)

というのが挙げられます。
前号も十分に少なかったのですが、今号はさらに少ない。

読む方にとっては利点ですが、雑誌としてはどうなんだろう?

、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、、、、、、

管理人は当雑誌の継続販売を心から願い、応援いたします!

本としては薄目ですが、広告が無いのもあり内容的には十分なものがあると思います。
嗜好の方向によってはオーディオ趣味の人でも全く興味を持てない可能性もありますが、オーディオ誌の一方向性として見ればかなり面白い雑誌ですので、少しでも興味が湧かれた方は是非一読をお勧めいたします。

最後になりますが、

1月18日に他界されたオーディオ評論家 江川三郎先生のご冥福をお祈りいたします。

それでは本日はここまで。




2015-01-21(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索