ベイマックス

CM映像と本編の印象がこれほど違う作品は久しぶりに見ました(笑)

取りあえず、

今年の映画作品で3本の指に入る出来だと思います。


IMG_1380.jpg



そんな訳で本日紹介するのは

ベイマックス

マーベルコミック “ビッグヒーロー6” を原作としてディズニーが映画化した作品で、2014年12月20日に公開されました。

トップの画像はパンフレットの表紙なのですが、この作品、

パンフレットの雰囲気も本編の内容と比例していないような、、、、、(苦笑)

本編の内容はどちらかといえば

ディズニー製作の綺麗なアメコミ

という感じで、ヒーローアクション物といえなくもない内容なのですが、日本国内でのCMはそのあたりを徹底して隠しており、CMだけ見るとこの作品の内容は

最愛の兄を失い心を閉ざしてしまったヒロ。
そんな彼の前に現れたのは、白くて風船の様な見た目のロボット「ベイマックス」。
それはタダシが生前、最後に作った『心と体を守るケアロボット』で、戦闘能力も戦闘意欲も持たない心優しいロボットだった。

~wikipediaより一部抜粋~


という感じで、そういう部分も作品のテーマではあるのですが、

時間配分で見ると半分以上はヒーローアクションな感じです(笑)


IMG_1381.jpg


凄いCM詐欺、パンフ詐欺的な印象から見始めたこの映画ですが、笑いあり、感動あり、アクションあり、ストーリー的にも一ひねりは作りつつ、ディズニーらしく大団円の結末が待っている。
色々ひねった感じで逆に爽快感が失われている気がする最近のマーベルスタジオ制作のマーベルコミック原作映画作品より、単体のエンターテイメント作品としてみれば優れているのではないかという感想すらいだいてしまいました(苦笑)

男性女性で感じ方の違いはあるのかもしれませんが、個人的には
“映像綺麗、歌素敵”くらいの感想しかもてなかったアナ雪より圧倒的にコチラが好みです。

それほど長い作品ではありませんし、シンプルな映画作品が好みでないというような人以外には幅広くお勧めできる作品でしたので、年末年始の空き時間に年齢性別問わず、是非みにいっていただければと思います。

ただちょっと気になった点があって、公開数日後に見に行ってきたのですが、CMで流れていた場面で一部本編に流れなかった部分がありました。
まさか、この期に及んでダイジェスト版とかいうことはないんでしょうけど、、、、

円盤で完全版とかはやめてほしいっす(泣)

なにはともあれ、
本日はここまで。





2014-12-24(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索