市販アイスレポート 3

そんな訳で今日はコレ

基本を大事に行きたいと思います


CIMG1048.jpg



それでは今日のアイスの時間です

本日は

グリコ パナップ グレープ

になります

それでは軽くグリコの歴史から
グリコのそもそもの始まりは1919年、創業者江崎利一が港で廃棄される牡蠣の煮汁にグリコーゲンが含まれることを発見、その栄養分を子供に提供するため、キャラメルに混ぜ、販売するようになったのがスタートでした(だから一粒300mという話になります)。
当時はメーカー名が江崎商店、グリコはキャラメルの商品名(栄養菓子グリコという商品名)でした。

その後、販売が広まるにつれ、1933年にビスコ、55年にアーモンドグリコを発売し、56年に“グリコ協同乳業”が設立されました。

アイスクリームの歴史は63年のグリココーン(現在のジャイアントコーン)が広まるスタートラインのようです。
今回紹介するパナップは1978年にはじめて販売されました。

商品構成は、ストロベリーとグレープが定番で、季節により追加されるという形態です。
そんな中、今回グレープを紹介するのは

純然たる個人的な嗜好です(笑)


CIMG1049.jpg



うん、美味しそう。

カテゴリーとしてはラクトアイスになるんですが
皆様ご存知の通り、パナップのバニラ部分は独特な味があると思います。
味の理由はちょっと判らないんですが、他に無い味であるのは間違いないですね。

人によっては
溶かして混ぜて、といった食べ方を推奨される方、
バニラ部分のみ食し、ジャム部分は最後のオマケとする方
基本に忠実に、バランスよくすくう方、
など、食べ方も人それぞれのようです。

長い歴史の中で、バニラ部分、ジャム部分は当然のように
最近ではジャム部分に顔が入ったりなどと、
地道な研鑽と遊び心が絶えない、伝統の逸品といってよいかと思います。

写真を見ているだけで、甘酸っぱいジャムの匂いが漂ってくるような気がしませんか?

暑い一日、ほんのひと時をお好みのアイスで彩ってみてはいかがでしょうか。



2007-08-02(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

私もパナップといえばグレープです。
そうなんです。パナップのバニラ部分って独特の味がしますよね!長年、私だけ感じる錯覚かと思ってました。良かった… だけど、何故かは私にもわかりません~
パナップ用の長い使い捨てスプーン、最近お店で見ないようになりました。もう作ってないんでしょうかね~
2007-08-02 20:21 | ココマル | URL   [ 編集 ]

 

なつかし~!!
普通にうまいっすよね、これ。

今日は風呂上りにピノ食べました。
2007-08-02 23:22 | ふじおか | URL   [ 編集 ]

 

ココマルさん
一体、何の味なんでしょうね?
スプーンについてですが、自宅で大きいスプーンを使うと一さじの量が多すぎて雅にかける気がしますし、小さいスプーンじゃ届かないですし、、、
あの、使い捨てのがパナップのベストパートナーだと思っています。

管理人の買う売店では、今でも2回に1回くらいは例のスプーンが出てきますね。
それ以外のときは仕事で使う品を応用したりして、堪能しております(笑)

ふじおかさん
ピノって言っちゃいましたね(笑)
次がそれです。
この企画、最終回まで紹介するもの、順番まで完全に決定していたりします。

残りを予想したりもありですよ(笑)


2007-08-03 17:56 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索