思い出のマーニー

公開から少し時間がたちましたが、先日見に行きました。
個人的な感想になりますが、

最近のジブリ作品で一番好きかもしれません(喜)


IMG_0632.jpg


そんな訳で本日紹介するのは

思い出のマーニー

2014年7月19日公開の映画作品で米林宏昌監督、制作はスタジオジブリ、
ジョーン・G・ロビンソン氏によるイギリスの児童文学を原作にした作品で、登場人物、設定に一部変更はありますが、おおむね原作に準拠した内容ということでした。

ストーリーはこんな感じ、

養親から無気力と言われ、友達もおらず、心を閉ざした少女アンナ。
喘息を患い養親から離れ療養のため海辺の町で過ごすことになるが、アンナはそこで「これこそずっと自分が探していたものだ」と直感的に感じる古い屋敷を見つける。
その屋敷の娘マーニーと親友になり毎日のように遊ぶことになるが、町の人は誰もマーニーの事を知らないという。

~wikipediaより~


上は原作のストーリー紹介ですが、映画での変更点として主人公のアンナが日本人の杏奈に変更、養親とのかかわりも若干違うようですね。

この映画では宮崎、高畑の両監督は一切かかわっておらず、ジブリの鈴木敏夫氏から原作を提案された米林監督のもとで製作されました。

実際に映画を見た感想ですが、

しっとりと、優しさに溢れたお話

というのが第一声になります。

派手な映像表現がある訳でも、驚くべきストーリー展開がある訳でもない、
ひと夏のふしぎな体験を通じて主人公が成長する姿を眺める。

言ってみればそれだけの話を杏奈とマーニーの関わりにフォーカスをしぼりつつ、細かな部分で周囲の変化を丁寧に描き、ジブリらしい優しく美しい画像と音楽で彩ることにより、とても繊細で素敵な作品になっていると思いました。

何というか、内容的に近い部分がなくもないのに

アナ雪と真逆の作品

とでもいうと解りやすいのでしょうか(苦笑)

「『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』の両巨匠の後に、もう一度、子どものためのスタジオジブリ作品を作りたい。
この映画を観に来てくれる「杏奈」や「マーニー」の横に座り、そっと寄りそうような映画を、僕は作りたいと思っています。


今作に対する米林監督のコメントですが、
まさにそういう作品が出来あがったように思えます。

主人公二人の関係にフォーカスをしぼっているために、意外と重要に思える部分がちらっと画面に出ただけで消えていったり、周囲の情報量が不足気味に思えたりする部分もありますが、比較的短い上映時間のなかで必要なことはきちんと押さえられていました。

前述のとおり、派手さはありませんからそういう部分で好みはあるかもしれません、
管理人はこの雰囲気がとても合っていましたので、

軽やかな感動と、さわやかな癒しを味わうことが出来ました。

ジブリ映画にしては久しぶりに、機会があればもう一度映画館に行っても良いなと思ったくらいです(喜)
そんな訳で個人的にはお勧めいたしますので、地味映画がダメでなければ一度足を運んでみてください。

最後にパンフレットから米林監督のコメントを紹介して、本日はここまでにしたいと思います。

IMG_0633.jpg





2014-08-13(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索