シュアラスター ウォッシンググローブ

愛車様とのお付き合いが始まって以降、かなりの数の洗車用品を試してきました。
そんな当ブログ管理人から見たときに、

至高の一品

と呼べる洗車グッズをあげるとするなら、現時点では間違いなくこの品になるんです。


IMGP4665.jpg


そんな訳で本日のネタは

シュアラスター ウォッシンググローブ

言わずと知れた国内自動車用品大手、シュアラスター社の製品です。
調べてみたら初登場は2009年とのことでした。

トップの画像は製品外箱、
メーカーの述べる商品特長は

オーストラリア産高級天然ムートンを使用し、グローブタイプに仕立てました。
天然羊毛ならではの抜群の柔らかさとクリーミーな泡でボディをやさしく洗え、コーティング施工車にも最適な洗車アイテムです。
グローブタイプなので手の平でなでるように洗え、疲れ難く曲面等もしっかり洗えます。
ムートン部分の面積が広く(一般的なスポンジの約2倍)スピーディーな洗車ができます。
耐久性が高く、繰り返し何度も使えます。


という感じ。
大手の製品ですので、ホームセンターや自動車用品店など多くの場所で入手できます。

管理人が洗車スポンジの類に求める条件には

1.ボディを傷つけない柔らかさ
2.細部、曲面の洗いやすさ
3.泡立ち、泡持ちの良さ
4.広範囲の洗いやすさ


などがあるのですが、
この製品は4についてこそ大型の柄付きスポンジなどに劣りますが、それ以外の項目については他にありえないレベルとなっています。

箱から出した姿はこんな感じ、


IMGP4667.jpg

IMGP4668.jpg


裏面は画像のように手を入れるグローブ形式になっています。
凄いのはそのモフモフ具合で、


IMGP4666.jpg


この有様(喜)

厚い天然ムートンの表地の柔らかさは最も柔らかい洗車用スポンジを上回りますし、驚くほどシャンプー液をため込みますので、車体表面での泡立ちも驚きのレベルになっています。

更にグローブ部分を含め、全体が柔らかく、曲面、細部を含め文字通り表面を撫でるかのような洗車が可能、管理人は天井部分の洗車のために柄付きスポンジも併用はしますが人によればコレだけでも十分に全体の洗車が可能だと思います。


IMGP4669.jpg


向かって左が新品、右がこれまで使用していた品ですが、コレでだいたい3年使ったあとになります。
洗車後に手櫛を入れたり、毛が絡まないよう注意して使っても3年たてばこれくらいにはなりますが、管理人の使用頻度ですと普通の洗車スポンジは1年程度ですし、耐久性も良好だと思います。

“手持ちタイプの洗車スポンジ”
というカテゴリーとして見たとき、正直ほぼ完璧といえる品だとおもうのですが、あえて難癖をつけるのならば

グローブタイプのために車の形状によっては天井など洗いにくい部分があること、一般的なスポンジと比べると販売価格がやや高めであるということ(大体2k程度)などがあげられます。

そして、ホイール掃除やバンパー周辺などの掃除にも効果を発揮する品なのですが、

色がきれいなのであまり汚れそうなところに使いたくない(苦笑)

そんな気持ちになるのも問題といえば問題かもしれません。

洗車をある程度きちんとされる方で、この製品の使用経験が無い方は是非一度使ってみてください。

正直、手放せなくなると思います。


IMGP4677.jpg


洗車のついでに猫も洗濯、

お風呂場でキレて襲い掛かってくる茶色いの

を効率的にシャンプーするグッズをご存知の方は是非管理人に連絡ください(苦笑)

それでは本日はここまで。




2013-08-12(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索