ONE-PUNCH-MAN  ワンパンマン 1、2巻

いわゆるWEBの世界に端を発する作品が世に出ることもそう珍しいことではなくなりました。

今回紹介する作品もそのなかの一つではありますが、WEB漫画の原作にメジャーな漫画家さんを作画として付けた作品で、

かなりいい感じの相乗効果を得ているんです(喜)


IMGP4097.jpg


そんな訳で本日紹介する作品は

ONE-PUNCH-MAN  ワンパンマン 1、2巻

2009年からWEB上で掲載されていたONE氏の作品を2012年から集英社のWEB漫画サイト“となりのヤングジャンプ”において“アイシールド21”で有名な村田雄介氏がリメイクして掲載しています。

今回紹介する単行本は先日発売されたその1、2巻です。

ストーリーはこんな感じ、

就職活動に息詰まる主人公サイタマは、一人の少年とその命を狙う怪人カニランテに遭遇する。
「ヒーローになりたい」という子供の頃の夢を思い出し、奮起したサイタマは怪人を倒し少年を救う。

それから三年後、そこには特訓の末に最強の力を手にいれ、頭髪がすべて抜け落ちたサイタマの姿があった。

~wikipediaより~


トップの画像は単行本の表紙、
これだけ見るとかなりハードな作品に見えるのですが、実際の主人公はと言えばこんな感じ


IMGP4098.jpg


“ワンパンマン”というタイトルが意味する通り、作中最強の主人公サイタマは基本的に全ての戦いがパンチ一発、すなわち

“ワンパン”

で終了してしまいます。

そのため、今作では主人公の戦闘シーンが結果以外は基本的にギャグパート(汗)になってしまっています。
ですが、作品全体でみると、


IMGP4099.jpg

IMGP4100.jpg


アクションシーンは躍動感にあふれ、WEB漫画の功績かデジタル的な印象を感じる作画はある種アメコミ的な印象すら感じます。
シンプルなストーリーに精細で勢いのある作画が良い感じでマッチしており、爽快感があるのに肩肘張らずに楽しく読める作品に仕上がっています。

管理人は原作のWEB漫画を読んでいませんが、色々気に入ってしまいました。
基本的に今後も単行本でこの作品を追うつもりです。

ギャグやアクションがメインの作品ですが、意外と幅広く受け入れられる内容ですし、今後盛り上がりそうな気もしますから、興味がわくようでしたら今のうちに読み始めてみてください。

それでは本日はここまで。



2012-12-21(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索