レリクス暗黒要塞

ここの管理人は原則(ループタイプのものはその限りではありませんが、、)クリアしたゲームの紹介を行ってます


そうです。


クリアしたゲームなんです

比較的物持ちのよい管理人が記憶と共に消去したかったため、
現在、ソフトはありません。

そんな今回のブツは

レリクス暗黒要塞

です。

発売は87年、FCディスクシステムのソフトです。
元々はパソコンソフト“レリクス”からの移植になります。基本は横スクロールのアクションゲームで
発売元はボーステックでした。

FC版ストーリーはこんな感じ

~ 大いなる二つの意識。いったいいつの頃から存在しているのかわからないが、二つの意識があった。そして、この二つの意識は、はるか昔から争い続けてきた。
あるときは物質に宿り、またあるときは生命体に宿り、争っている。
そして、緑豊かな惑星、地球も二つの意識の争いに巻き込まれる日がきた。
 それは突然のことだった。二つの意識のうちのひとつが闇の支配者ヘルに宿り、地球に襲いかかってきたのだ。
 ヘル、強大な力を誇り、宇宙で闇をおおいつくそうとする恐るべき存在。
数々の星を滅ぼし、宇宙を暗闇に変えてきたその力を防ぐことはできず、人類は瞬く間に支配されてしまった。地球は闇におおいつくされ、人々の心までも暗く沈んでしまった。
 ヘルは地球を征服すると、その支配体制をより堅固に、またその力を太陽系へと伸ばすために暗黒要塞の建造に取りかかった。
この要塞は、はるか昔、ヘルの攻撃を未然に防ぐために造られた遺跡だったという。
そしてこの遺跡には、ヘルと戦うための聖なる戦士の体が眠っているらしい。
その遺跡を利用し、完全無欠の砦に改造したのが暗黒要塞なのだ。
 暗黒要塞、その異様な外観は見る者の心まで萎えさせてしまう。
内部は複雑な迷路になっていて、この世のものとは思えないようなエイリアンたちが歩き回っていて、ヘルを守っているという。
この要塞へ一歩足を踏み入れたが最後、生きて帰った者はいない。
しかも、要塞の最上部には、この銀河系を光で満たしていた輝きの王女が捕らえられているともいわれている。
 暗黒要塞に立ち向かい、ヘルを倒さねば、地球はおろか、この宇宙も永遠に闇に閉ざされたままになるだろう。
 勇者よ、一刻も早く暗黒要塞へ向かい、ヘルを倒してほしい。
地球の、そして宇宙の運命はキミの手にゆだねられているのだ。
そのときが来るのをわたしたちは待っている......  ~


世の中にクソゲーと評価されるゲームは多数存在します。
例を挙げれば、スペランカーとかボコスカウォーズとか銀河の3人とか
が一般的な例だと思われます。

しかし、それらのソフトには クソ と呼ぶ人のほかに極少数ですが(笑) 名作 と評価する人が存在します。

でも、

コイツは違うと思います

話がそれました。

このゲームには主人公が操れる6種の体があり、迷宮の中にいるそいつらを倒すことで、倒した敵の体を乗っ取ることができました。それぞれの体に固有のステージが存在し、迷宮内に散らばったそれらのステージでクリアアイテムを集めることにより最終ステージにいけるようになる、という趣向です。

これだけ書いたらそんなにクソとは思えないですよね?

このゲーム最大の問題はシステムにありました

“オマチクダサイ”

なんか、打っただけでジンマシンが出そうです。

有名なことですが、このゲームのロード回数は半端ではありません。

歩いてロード
敵が出てロード
階段を上ってロード
ジャンプしてロード
ジャンプが上昇から下降に転じてロード
敵に突き落とされてロード

と状況によればプレイ時間よりロード時間のほうが長いです。
そのたびに見せられる上記メッセージにどんだけダメージを食らったかは言うまでもありません。

ロードもそうですが、キャラの操作性も極めて悪く
お世辞にも楽しくありません

じゃあなんでクリアまでしてるん?

と、当然の疑問を問われれば

“ 漢の意地!! ”

と答えることにしています。

当時、管理人の周囲にはパソコンゲームもしている人々がいました。
そんな人々からパソコン版 レリクス の話を聞いていた
私、そして友人共のこのソフトに対する期待はかなり大きなものでした。

当時の管理人たちの中に、新しいソフト発売すぐ購入可能なブルジョワジーは存在していませんでした(もし一人でもいればあんな悲劇は避けられたでしょう)

期待のソフトが書き換え解禁になったその日、我々は山奥から電車で3駅先の書き換え可能な店に向かいました。

その総数たるや10数名!!

このゲームの事を知ってる人は大体この後の展開がわかりますよね?

ええ、大体予想通りのイベントに発展します
最短で再度の書き換えに踏み切った人の記録は1日でした(挙句、風雲小林拳に書き換えたんだからお気の毒です)

その後も一人落ち、二人落ち、一週間もすれば話に上ることは無くなりました。

そんな状況にマゾゲーマーの血が騒ぎました、というか半ば意地とやけっぱちな精神状態です。
来る日も来る日もアレに打ち込み、クリアしてのけましたよ。

その後、速やかに書き換えたんですが

無理やり良いところを探すのなら
最終ダンジョンの音楽はよかったですよ。

うん、それくらい。

そんな訳で、誰もいらないと思いますがクリアのためのワンポイントレッスンで~す。

その一、ガードうしろ歩きをマスターしよう

解説しましょう、あまりの操作性の悪さからボスなんかより雑魚がこのゲームでの強敵です。本来、正面からの攻撃をガードするものなんでしょうが、ガード状態で後ろ向きに歩けば先に進めます。重要テクニックなんで覚えてね

その二、最終ダンジョンまではソーサリーのままで
その一同様に雑魚退治のテクニックです。
本来、それぞれの固有ステージはそれに対応した体でなければステージボスにダメージを与えられません。
しかし、ゲームの設定上はボスを倒さなくてもその後ろのアイテムとって逃げれば問題なしです。
そんな訳で飛び道具を無限に使えるソーサリーの状態でダメージは無視してアイテム取り逃げ×5すれば、最終ダンジョンにいけます。
ステージによると対応する体でなければ暗いままのところもあるんですが、ダンジョンの構成は単純なんで真っ暗な中でも進めます。そんな訳でごり押しが一番楽だと思います。

その三、ラスボスは下段突きで

それ以外でダメージ与えられません
見えない攻撃を飛ばしてくるので一段付くまでガード
その後近寄って下段突きで瞬殺できます


ふう、怒りに振られて記事にならないかもと危惧していたんですが
なんとなくまとまりましたね。

もうコレでコイツの事を思い出すこともなくなるでしょう。


、、
、、、


あっ最も大事なことをお伝えするのを忘れていました。

その四、エンディングを見る前に自分の手足を縛って器物損壊できないようにしておいて下さい。

このゲーム書き換えした後、エンディングでバグが出るという話を聞いており、ごく最近まで

“あ、あれバグだったんだ”

と認識していました(そのためあまり人にクリアの話をしていません)

が、近年、他のクリアした人の話を聞くと
どうやらアレがエンディングでよかったようです。

正直、一瞬思考停止→頭沸騰

みたいなエンディングです。
人類の平和のために無かったことにさせてください(笑)

2007-06-26(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

凄いっす・・・。

そうてんさんほどじゃないですけど、なんかわかります。

当時は面白くてやってるのもありましたが、意地になってやってしまうのも多々ありましたね。

今となっては貴重な体験ですよ(笑)
レリクス暗黒要塞 クリアは(笑)




2007-06-26 21:34 | ふじおか | URL   [ 編集 ]

 

マゾゲーマーを自称するだけあって流石です。
1時間も持ちこたえられなかった自分がハズカシイ。
実はですね、我が家には未だに現物が眠ってます。
しかも、豪華?な缶入りのパッケージ。
ご要望があればクソゲー記念として、写真撮ってブログにアップいたしますよ。
2007-06-26 23:25 | sergeant | URL   [ 編集 ]

 

ふじおかさん
最早意地としか言いようが無いですね。
ラスボスを倒したところまでは微妙な達成感があったんですが、、、、。
ま、黒歴史の一つです。

sergeantさん
買ってしまったんですか、、、。
ご愁傷様としか言いようがありません(笑)
しかし、ある意味FCゲーム史上に燦然と輝く一本ですので記念として残しておく必要があるかと思います。
そのうちプレミアがつくかも?しれませんし。
2007-06-27 10:07 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索