怒首領蜂最大往生

現在当ブログ管理人がゲームセンターで主にプレイしているゲームというと、いまだ続行中のシャイニングフォースクロスエリュシオンとコチラ

怒首領蜂最大往生

実のところ、首領蜂シリーズを真面目にプレイするのってコレが初めてなのですが、

このゲーム、かなり良いです


IMGP3973.jpg


そんな訳で本日紹介するのは

怒首領蜂最大往生

今年の春に稼働したケイブ社の弾幕シューティングゲームシリーズの最新作になります。
地元のゲームセンターにこっそり入荷していたことに気付いた管理人がプレイするようになったのは夏の終わりごろでした。

ストーリーはこんな感じ、


エレメントドールの仕事は、マスターの最大支援。

首領蜂隊へ命令通信が入ってくる。

攻撃目標は「『理想の街』のコンピュータシステムを破壊し、沈黙させる」事。

街を統括している最深部のコンピュータシステムを破壊することが最重要目的。

「理想の街」は、コンピュータが統治する街。
そこで人々は平和に自然と共生している、まさに理想の地。

攻撃理由は「地球に入り込んだ「機械化惑星人」の排除」

「機械化惑星人」
地球を脅かす存在。らしい。このために首領蜂隊は組織された。

…。

マスターに問う。
「機械化惑星人を排除するというのは、この街を壊滅停止させれば済むということなのでしょうか?」

マスターは答える。
「オレ達は首領蜂隊。首領の命令は絶対だ。首領がそういうのだから、そうなのだろう。」

戦闘開始は明朝。

マスターが生きて帰れますよう。



突然ですが弾幕系シューティングゲーム(以下STG)には

弾避け系STGと弾消し系STG

が存在します。

へっぽこシューターを自認する当ブログ管理人の嗜好は後者、
というか、

前者に能力が付いて行かないことが多かったんです(泣)

もともと“首領蜂”シリーズは弾避けSTGだったので、どちらかというと管理人はあまり手出しをしておらず、見かけたら時々プレイ、くらいの程度でした。
ここ数作に関しては“首領蜂”シリーズも弾消し系STGに変化していたのですが、それでも当初の苦手意識がぬぐえずしっかりプレイすることはありませんでした。

で、最新となる今作“最大往生”は弾避け系STG、
そういう意味では当ブログ管理人の守備範囲を外れるのですが、現在ワンコイン一周を目指して練習中。

理由はあくまで管理人らしく、

BGMが良かったから(喜)

最近STGで一周を狙う動機のほとんどがBGMです(汗)

何気なくプレイしたゲームのステージ1BGMにサクッとやられ(下に一応リンク貼ります)、一周クリアを目指すことになりました。
STAGE1 BGM “RUN”)

首領蜂のシリーズで基本武器はショットとレーザー、あといわゆるボム。
自機は3種類から選択でき、選択した自機のショットを強化するかレーザーを強化するかが選択可能(EX強化というハードモードもあります)、そしてボムの自動発動(ストックがあれば被弾時にストック全使用で自動発動)をアリにするかなしにするかを選択、ゲーム開始という流れです。

3種類の自機は

A-TYPE:ショット正面特化攻撃 機体速度 速
B-TYPE:ショット特殊範囲攻撃 機体速度 並
C-TYPE:ショット広範囲攻撃  機体速度 遅


という特性で、それぞれの自機にA:朱里、B:光、C:真璃亜、というサポーター的キャラクター“エレメントドール”の設定がされています。

ちなみに管理人が使用するのは


IMGP3974.jpg

B-TYPEの

IMGP3976.jpg

レーザー強化タイプ、オートボムはアリの設定にしています。
表記としてはタイプ“B-L”ということになりますね。

当初はC-TYPEショット強化、“C-S”タイプでプレイしていたのですが、機体速度が遅すぎて切り返せなくなってしまい、現行のB-Lになりました。

BGMが素晴らしいこのゲームなんですけど、

STGとしてのバランスを凄くいい感じでとっています

全5ステージのゲームなのですが、おそらく初見でプレイする分には

かなり難易度が高い印象を受けると思います

そもそも弾数多めですし、結構な速度で弾がこっちに向かいますので、ある程度STGをプレイしてきた人でもステージ1ゲームオーバーあり得る程のうえに安易な弾消しの手段が少なく、実際、あまり首領蜂シリーズの経験がなく、このシリーズ的弾避けメソッドが分からなかった初めのころは二面クリアできるかどうかが怪しいほどでした(汗)

ただですね、“無理っぽくね?”と思いながらも続けていると、当初訳が分からなかった弾幕も動きが見えるようになってきて

きちんと進んでいけるんですよ(喜)

練習、上達、
そんなゲームをプレイする当たり前の楽しみをとても強く感じられる難易度設定になっているんです。

現在の進行具合は4面ボスに到達するかしないか、という程度。

先は長そうですが、

とりあえず1コインクリアまで頑張ります。

STGは気楽にプレイできますから、是非一度プレイしてみてください。
合う、合わないは試してから、例え合わなくても

取りあえず1面のBGMは聞けますしねっ。

とりあえず本日はここまで。



2012-11-05(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title 

1面のBGMを聴いてみたら良い感じじゃないですか。
家でのんびりとプレイするのが性に合ってるので、ゲーセンはご無沙汰してたから新しいのは分からないのが困りものなんですけどね。
とりあえず家庭用で何か探してみようかと考え中であります。
なお、↑ 家庭用かよ・・・と言うツッコミはなしでお願いします。
2012-11-11 19:36 | sergeant | URL   [ 編集 ]

No title 

sergeantさん

来年、箱に移植されるらしいこの作品のために箱どうするか真剣に検討している管理人にツッコむべきポイントはありません(笑)

STAGE1のBGM、音楽自体も良いのですが、実際のプレイでは導入部にオペレーターさんのアナウンスがかぶってさらにいい雰囲気なんです。

箱版導入前にプレイ動画などで一度そっちも見てみて欲しいです。
2012-11-12 16:51 | そうてん | URL   [ 編集 ]

No title 

首領蜂シリーズは首領蜂と怒首領蜂だけはやったことがあります。
弾幕系は苦手なので全く太刀打ちできなかったわけですが、面白いゲームではありますよね。
360ででるとの事ですが、この手のジャンルはPS3じゃそんなにでないですよね。。。
それが残念ですな。
2012-11-13 00:27 | 二条ジョウ | URL   [ 編集 ]

No title 

二条ジョウさん

管理人が箱の本体を買うとしたらその目的はシューティング以外にないんだと思います。

なんで箱で出すのにPS3で出さないのか、、いずれ出ると信じて待っているのですが、このゲームが移植されたら危険かもしれません(泣)
2012-11-14 23:22 | そうてん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索