城崎温泉~城崎マリンワールド

春休みの話は

夏までにこっそり書いていこう

そう決めている管理人です。

本日は城崎に行った話、
兵庫県で生まれ育ち、養父市に3年住んだにもかかわらず
いわゆる“城崎温泉”で泊まったことなかったんですよ(汗)


IMGP2991.jpg


さて“城崎”、1300年の歴史をもつ言わずと知れた有名温泉地です。

一般に有名な温泉地では温泉を抱えた宿が何件かあるというスタイルが多いのですが、城崎温泉はどちらかといえば“外湯”といわれる7つの公営浴場(一の湯、御所の湯、まんだら湯、さとの湯、柳湯、地蔵湯、鴻の湯)が主となっています。

源泉は一度集めたうえで各浴場に配管しているため、基本的に泉質は共通ですが、歴史の長い温泉街は浴衣と下駄がとても良く合っており、

ちょっと非日常的な雰囲気を感じる街でした。


IMGP3004.jpg


こちらはその時泊まった かがり火の宿 大西屋 水翔苑 城崎温泉には数多くの宿がありますが、温泉街の端にある綺麗な宿でした。


IMGP2992.jpg


外湯を巡りながら、すきを見てつまみ食い、

なかなか楽しいです(喜)

平日ではあったのですが、意外と人が多かったのと管理人にとっては湯温がやや高めだったため外湯ではゆったり入るという感じにはなりにくかったですね。


IMGP2995.jpg


ある程度回った後、宿に戻って食事、
豊岡であり、城崎である訳ですから、必然的にカニや出石そばがでるのですが、

どうも管理人、

カニや出石そばに対する味の基準が上がってしまっているようなんです、、、、

コレは今後ちょっと気をつけないとマズイですね(汗)

食後、夜の温泉街を歩き、7湯のうち、日中入れなかった場所を制覇、射的やスマートボールなんかも楽しんだのですが、浴衣で歩いてたためデジカメ持っていくのを忘れてしまいました、、、


IMGP3001.jpg


翌朝は宿の温泉でゆったり、
こちらはすいてましたし、外湯に比べると若干湯温が低めに設定されていましたので朝からまったり温泉を堪能し、宿を後にしました。


IMGP3030.jpg


向かった先は城崎温泉からほど近い “城崎マリンワールド” その昔“日和山遊園”と呼ばれていたころ何度か来たことがあったのですがマリンワールドになってからは初めて来ます。


IMGP3013.jpg

IMGP3012.jpg


水族館は割と好き(喜)

平日なので人の入りも多くありませんし、のんびり眺めることが出来ました。


IMGP3033.jpg


日和山遊園のころから、ここと言ったらコレ

アジ釣り

昔はアジだけではなく、タイとか大きな魚を釣るイケスもあったのですが今はアジだけになったみたいですね。
有料で竿と餌をもらい、釣ったのをその場でてんぷらにしてもらうというものです。

魚の食いつきは大変良く、釣れないということはありえませんが、
貸竿のハリスは

糸というか繊維

とでもいうべき極細のため、割とすぐ切れます。
そんな訳で下手をすると数匹、上手い人でも10前後というところでしょうか。


IMGP3034.jpg


管理人の釣果はこんな感じ、

無難に済んでよかったです(汗)

その後イルカショーやそのほかのアトラクションも堪能し、帰宅の途につきました。

城崎温泉の感想ですが、温泉としてみると管理人の嗜好とやや外れるのですが、歴史ある温泉街の独特な雰囲気は好きな人にはたまらない魅力として映るでしょうね。

宿の値段自体は有名温泉地の分、平均から見るとやや高めですが、館内に温泉を持たないところや宿泊のみのようなところを選んでしまえば安上がりですし、立地が街中なら

むしろその方が城崎を楽しめるかもしれません

未経験なら一度あの雰囲気を味わいに行ってみてください。
それでは本日はここまで。



2012-05-11(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

そうてん77

Author:そうてん77
楽しみのためになら努力はいといません。
ただ全力で脇道にそれます、迷子になるのも楽しいです。

そんな趣味のひとの備忘録です

当ブログはリンクフリーですので
ご希望の方はご自由にリンクください

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索